English [en]   Deutsch [de]   français [fr]   日本語 [ja]   polski [pl]   русский [ru]   українська [uk]  

BREAKING: Knocking Down The HACIENDA

GNU hackers opened the GHM by revealing the offensive HACIENDA global surveillance program for TWD, and how to knock it down with stealth TCP services! Watch it now! [more]

原文は英語で、これはその翻訳です。

HESSLAの問題

Hacktivismo改良ソース・ソフトウェア・ライセンス同意書 (HESSLA)はソフトウェアのソースライセンスで、そのソフトウェアの使用と改変について倫理的行動へ制限を置くように試みています。これは、人々がソフトウェアを何の仕事に使うかについて制限をし、改変したバージョンのプログラムが何の仕事をするのが可能かについて、本質的な方法で制限をするため、自由ソフトウェアのライセンスではありません。残念な結果なのは、HESSLAの目標に共感するような共同体の人々が、その原則に反せずには、HESSLAの及ぶソフトウェアに貢献することができないということです。

許しがたい特定の行為(人権侵害とユーザをスパイする機能の導入)をHESSLAの制限は禁止します。このような特定の制限について、人々は、わたしたちが例外として宣言しない理由を尋ねるかもしれません。使用の制限、改変バージョンの機能への制限をすべて拒否するという一般ポリシーになぜ固執するのか、と。

自由ソフトウェアのわたしたちの原則に一つの例外を設けるようであれば、ここがそうする場所でしょう。しかし、そうすることは間違いでしょう:それは自由ソフトウェア運動に対して害があり、何も得るものがないでしょう。そのような特定の行為をソフトウェアのライセンスで止めようとする試みは、必要ないか効果がありません。

改変バージョンに関して、HESSLAの制限は必要ないものです。GNU GPLは、通常、プライバシを侵害する機能に対して十分な守りとなります。なぜなら、それは誰かがソースコードを入手して、スパイウェアの機能をみつけその機能なしの改善されたバージョンのソフトウェアを公開することを保証しているからです。その時、個人情報が報告されることを希望しないユーザは、そちらのバージョンに乗り換えることができます。

人権を侵害する政府によるソフトウェアの使用を制限することについては、効果がないであろうと言わざるを得ません。かれらが使えるほかのプログラムはたくさんありますし、少なくとも合衆国法では、著作権にもとづいたソースライセンスはプログラムの使用を制限することはできません。そのような制限はどちらにせよ行使することができないものです。一方、かれらは単純に、そのような制限を受けない、と(勝手に)決めることができます。

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る