English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   Nederlands [nl]   русский [ru]  

ユーザの自由のためにFSFが闘うのを助けよう!

あと28日。200人の新しい会員。7月15日までに参加しよう。

賛助会員はフリーソフトウェアファウンデーションが誇り高く独立したままでいることを助けます。少しの貢献が集まれば大きな結果をもたらします。

さらに読む | 参加する

この翻訳は、 2017-01-25 以降に行われた 英語のオリジナル版の変更を反映できていません。 確認するには、 こちらの変更をご覧ください。 わたしたちのウェブページの翻訳の保守の情報については、翻訳 READMEをご覧ください。

Appleのオペレーティング・システムはマルウェアだ

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

マルウェアとは、ユーザを虐待し、害をなす方法で機能するように設計されたソフトウェアです。(これには、事故でのあやまりは含まれません。) このページではAppleのコンピュータ製品のソフトウェアがいかにマルウェアであるかを説明します。

マルウェアと不自由なソフトウェアは、二つの異なる問題です。自由ソフトウェアと不自由なソフトウェアの違いはユーザがそのプログラムのコントロールを有するかどうか、または、その反対か(プログラムがユーザをコントロール)にあります。そのプログラムが実行時に何を為すかは直接には問題ではありません。しかし、不自由なソフトウェアは、実際、しばしばマルウェアです。なぜなら、どんな悪意の機能であってもユーザは修正するになんの力もないことを知る開発者は、それを少しばかり押し付けようかと誘惑されるからです。

マルウェアのタイプ

Appleのバックドア

AppleのDRM

Appleの危険性

Appleの干渉

プロプライエタリな会社は、そのソフトウェアの使用に恣意的な制限を強制することで顧客に対して優位に立ちます。このセクションではAppleによる押し売りとほかの不公正な商売の戦略の例を報告します。

Appleの牢獄

Apple iThingsのオペレーティング・システムiOSは牢獄のプロトタイプです。アプリケーション・プログラムの検閲付の一般目的のコンピュータを設計する慣習を導入しましたのはAppleです。

こちらにコード署名についての記事があります。これがiThingsがユーザを牢獄に入れるのに使うものです。

興味深いことに、Appleは iThingの牢獄の壁から限定された抜け道を許そうとしています: 今、Swiftで書かれたソースコードであれば、ソースコードからブルトされたアプリはインストールできるのです。ユーザは自由にこれをすることはできません。なぜなら自身を明らかにすることが求められているからです。こちらに詳細があります。これは監獄の壁のヒビですが、iThingはもはや牢獄ではないと意味するほどには大きくはありません。

Appleの圧力

プロプライエタリな会社は、そのソフトウェアの使用に恣意的な制限を強制することで顧客に対して優位に立ちます。このセクションではAppleによる押し売りとほかの不公正な商売の戦略の例を報告します。

Appleの妨害

このセクションの間違いは、正確にはマルウェアではありません。実行されるプログラムをユーザを害するようにするという行為は関連しないからです。しかし、マルウェアに大変よく似ています。技術的なAppleの行動であり、Appleの特定のソフトウェアのユーザに害を及ぼすからです。

Appleの監視

Appleの暴君

TOP

[FSFロゴ] “フリーソフトウェアファウンデーション(FSF)は、コンピュータのユーザの自由を促進する世界的なミッションを持つ非営利団体です。わたしたちは、すべてのソフトウェアユーザの権利を守ります。”

参加する ショップ