English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   Nederlands [nl]   русский [ru]  

GNU Healthカンファレンス  Nov 18-20, Las Palmas, Spain #GNUHealthCon2016

原文は英語で、これはその翻訳です。

Appleのオペレーティング・システムはマルウェアだ

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

マルウェアとは、ユーザを虐待し、害をなす方法で機能するように設計されたソフトウェアです。(これには、事故でのあやまりは含まれません。) このページではAppleのコンピュータ製品のソフトウェアがいかにマルウェアであるかを説明します。

マルウェアと不自由なソフトウェアは、二つの異なる問題です。自由ソフトウェアと不自由なソフトウェアの違いはユーザがそのプログラムのコントロールを有するかどうか、または、その反対か(プログラムがユーザをコントロール)にあります。そのプログラムが実行時に何を為すかは直接には問題ではありません。しかし、不自由なソフトウェアは、実際、しばしばマルウェアです。なぜなら、どんな悪意の機能であってもユーザは修正するになんの力もないことを知る開発者は、それを少しばかり押し付けようかと誘惑されるからです。

Appleのシステムがどんなにマルウェアかをここに説明します。

  • マルウェアのタイプ
  • バックドア
  • 検閲
  • 危険
  • 圧力
  • 妨害
  • 干渉
  • 監視
  • ディジタル権限管理または“DRM”はユーザがそのコンピュータのデータにできることを制限するように設計された機能を意味します。
  • 牢獄—アプリケーション・プログラムの検閲を強要するシステム。
  • 暴君—メーカによって「承認」されていないオペレーティング・システムを拒絶するシステム。
  • 欺き

Appleのバックドア

Appleの検閲

Appleの危険

Appleの干渉

さまざまなプロプライエタリのプログラムがユーザのシステムをしばしばめちゃくちゃにします。妨害に似ていますが、「妨害」の語を使うほど深刻ではありません。そうは言っても、これは嫌なもので間違っています。このセクションでは、Appleが行った干渉の例を述べます。

Appleの圧力

プロプライエタリな会社は、そのソフトウェアの使用に恣意的な制限を強制することで顧客に対して優位に立ちます。このセクションではAppleによる押し売りとほかの不公正な商売の戦略の例を報告します。

Appleの妨害

このセクションの間違いは、正確にはマルウェアではありません。実行されるプログラムをユーザを害するようにするという行為は関連しないからです。しかし、マルウェアに大変よく似ています。技術的なAppleの行動であり、Appleの特定のソフトウェアのユーザに害を及ぼすからです。

Appleの監視

AppleのDRM

Appleの牢獄

Appleの暴君

Appleの欺き

先頭へ戻る


[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。