English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

この翻訳は、 2017-02-08 以降に行われた 英語のオリジナル版の変更を反映できていません。 確認するには、 こちらの変更をご覧ください。 わたしたちのウェブページの翻訳の保守の情報については、翻訳 READMEをご覧ください。

モバイル・デバイスのマルウェア

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

マルウェアとは、ユーザを虐待し、害をなす方法で機能するように設計されたソフトウェアです。(これには、事故でのあやまりは含まれません。)

マルウェアと不自由なソフトウェアは、二つの異なる問題です。自由ソフトウェアと不自由なソフトウェアの違いはユーザがそのプログラムのコントロールを有するかどうか、または、その反対か(プログラムがユーザをコントロール)にあります。そのプログラムが実行時に何を為すかは直接には問題ではありません。しかし、不自由なソフトウェアは、実際、しばしばマルウェアです。なぜなら、どんな悪意の機能であってもユーザは修正するになんの力もないことを知る開発者は、それを少しばかり押し付けようかと誘惑されるからです。

ここにモバイル・デバイスのマルウェアの例を挙げます。Apple iThings特有の悪意ある機能については、Appleのマルウェアのページもご覧ください。

マルウェアのタイプ

  • バックドア
  • ディジタル権限管理または“DRM”はユーザがそのコンピュータのデータにできることを制限するように設計された機能を意味します。
  • 危険性
  • 監視
  • 牢獄—アプリケーション・プログラムの検閲を強要するシステム。
  • 暴君—メーカによって「承認」されていないオペレーティング・システムを拒絶するシステム。

モバイルのバックドア

モバイルのDRM

モバイルの危険性

モバイルの監視

モバイルの牢獄

モバイルの暴君

TOP

[FSFロゴ] “フリーソフトウェアファウンデーション(FSF)は、コンピュータのユーザの自由を促進する世界的なミッションを持つ非営利団体です。わたしたちは、すべてのソフトウェアユーザの権利を守ります。”

参加する ショップ