English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

ユーザの自由のためにFSFが闘うのを助けよう!

あと28日。200人の新しい会員。7月15日までに参加しよう。

賛助会員はフリーソフトウェアファウンデーションが誇り高く独立したままでいることを助けます。少しの貢献が集まれば大きな結果をもたらします。

さらに読む | 参加する

この翻訳は、 2017-01-25 以降に行われた 英語のオリジナル版の変更を反映できていません。 確認するには、 こちらの変更をご覧ください。 わたしたちのウェブページの翻訳の保守の情報については、翻訳 READMEをご覧ください。

プロプライエタリな検閲

不自由な(プロプライエタリな)ソフトウェアは実に多くの場合マルウェアです(ユーザを虐待するように設計 されます)。不自由なソフトウェアはその開発者によりコントロールされますが、これは開発者をユーザに対して力を有する地位に置くことになります。これは基本的な不正義です。開発者は、しばしばその力を行使し、サービスすべきユーザに対して損害を与えます。

こちらがユーザがアクセスできるものに対して検閲を強制するプロプライエタリのシステムの例です。アプリケーション・プログラムのインストレーションを検閲するプロプライエタリなシステムのリスト(わたしたちはそれを「牢獄」と呼びます)は別にあります。

会社がプラットフォームとして設計された製品を販売し、検閲を強制することは法律で禁止されるべきですが、そうなっていません。

TOP

[FSFロゴ] “フリーソフトウェアファウンデーション(FSF)は、コンピュータのユーザの自由を促進する世界的なミッションを持つ非営利団体です。わたしたちは、すべてのソフトウェアユーザの権利を守ります。”

参加する ショップ