English [en]   català [ca]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   עברית [he]   Bahasa Indonesia [id]   日本語 [ja]   Nederlands [nl]   polski [pl]   português do Brasil [pt-br]   русский [ru]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

BSDライセンスの問題

自由ソフトウェアのライセンスは、コピーレフトコピーレフトではないものの二種類に大別することができます。コピーレフトのライセンス、たとえばGNU GPLなどは、そのプログラムを改変した場合、改変後のバージョンも自由ソフトウェアにすることを要請します。コピーレフトではないライセンスはこれを要請しません。わたしたちはコピーレフトを勧めますが、これは、コピーレフトがすべてのユーザに対し自由を守るからです。しかし、コピーレフトではないソフトウェアでも、自由ソフトウェアとすることが可能であり、自由ソフトウェア・コミュニティに有益となりえます。

シンプルなコピーレフトではない自由ソフトウェアのライセンスには、Expatライセンス、FreeBSDライセンス、X10のライセンス、X11ライセンス、ふたつのBSD(Berkeley Software Distribution: バークレー・ソフトウェア配布)ライセンスなど、さまざまなものがあります。これらのコピーレフトではないライセンスのほとんどは、細かい言い方を除けば同等ですが、1999年までBSDで用いられたライセンスは、特別な問題がありました。「不快なBSD宣伝条項」です。この条項では、該当のソフトウェアが登場する広告には必ず以下に示す文章を載せなければならないと定めています。(訳注)

3. このソフトウェアの機能あるいは使用について言及している広告媒体には、必ず
   以下の謝辞を記載すること:
     この製品にはカルフォルニア大学バークレー校およびその貢献者によって開発
     されたソフトウェアが含まれています。

この「不快なBSD宣伝条項」は当初、バークレー・ソフトウェア配布だけに使われていました。これはとくに何の問題も引き起こしませんでした。なぜなら、広告に一文を入れることは現実的にそれほど難しいことではないからです。

BSDのようなライセンスを使う他の開発者が、BSD宣伝条項を一言一句そのままコピーしていればつまり、「カルフォルニア大学」に言及している文章もそのままコピーしていれば、問題をさらに大きくすることはなかったでしょう。

ところが、読者のお察しのように、ほかの開発者はそうはしなかったのです。かれらは条項に手を加え、「カルフォルニア大学」というところを自分の団体や自分自身の名前で置き換えたりしました。結果として、BSDライセンスの「ようなもの」が氾濫し、載せなければならない文章もまたその数だけあふれかえるということになってしまいました。

こういったプログラムを多く集めて一つのオペレーティングシステムにまとめるという場合、これが深刻な問題となります。考えてみてください、もしあるソフトウェアシステムが、ソフトウェアの作者として個人なりグループなりの名前を名前一つにつき一種類、全部で計75種類の文章を要求するとしたら、どうなるでしょうか。宣伝するのに一面広告が必要になってしまうでしょう。

これは憶測に基づいたばかげた話のように聞こえるかもしれませんが、実は本当に起こっている事実なのです。1997年の版のNetBSDでは、75もの文章がありました。(その後、NetBSDはさらに加えることを止め、可能ならば削除するように決定しました。)

この問題に対処するため、「暇な時間」を使って、わたしはBSDスタイルのライセンスを使ったことがある開発者と話し、宣伝条項をお願いですから外してくれるようにできないか頼むことにしています。1996年あたりにFreeBSDの開発者たちとこのことについて議論し、かれらはすべての自分自身のコードから宣伝条項を削除することを決めました。1998年5月、ユタ大学のFlickの開発者たちも、この条項を削除しました。

カルフォルニア大のHal Varian学部長がこの問題を取り上げ、事務方と交渉してくださいました。そして1999年6月、二年間の議論の末、カルフォルニア大はBSDのライセンスからこの条項を削除したのです。

ですから、現在、宣伝条項を含まない新しいBSDライセンスが存在しています。残念ながら、これは宣伝条項の遺産を削減することにはなりません。BSDの一部分ではない、多くのパッケージのライセンス中には似たような条項が依然として残っています。BSD用ライセンスの変更は古いBSDライセンスを真似た他のパッケージには何の影響も及ぼしません。それらを書いた開発者たちだけがそれを変更できるのです。

しかし、以前かれらはバークレーの流儀に従ったわけですから、今回のバークレーのポリシーの変更を知ればかれらの何割かは自分のライセンスを変えるかもしれません。変更をお願いすることには意味があるでしょう。

ですから、もしあなたの好きなパッケージが、まだ宣伝条項のついたBSDライセンスを使っている場合、どうか、メンテナにこのページを見て変更することを検討するようお願いしてください。

また、あなたがプログラムをコピーレフトではない自由ソフトウェアとしてリリースしたいならば、宣伝条項は使わないようお願いします。それには、BSDライセンスをどれかリリースされたパッケージからコピーするのではなく(それらには古い版のライセンスが含まれているかも知れません)、ExpatやFreeBSDなど、ほかの容認ライセンスの一つを使ってください。

「BSDスタイル」という用語を使わず、また、一つしかそれがないかのように「BSDライセンス」と言わないことでも、この問題への認知を広めることができます。すべてのコピーレフトでない自由ソフトウェア・ライセンスを「BSDライセンス」として参照すると、コピーレフトでない自由ソフトウェアのライセンスを使おうと思っている新入りの自由ソフトウェア開発者は、ライセンスをBSDから取ってくれば良いと思い込んでしまうかもしれません。その開発者は、宣伝条項付きのライセンスを、確固とした意図ではなく、たまたまコピーしてしまうかもしれません。

もしコピーレフトでないライセンスの具体的な例を挙げたい場合、特に好みがなければ、この特定の問題がない例を選ぶようにしてください。たとえば、「X11スタイル」のライセンスについて語るのであれば、人々にX11からライセンスをコピーすることを促すでしょう。そして、人々は、はっきりと宣伝条項を避け、(二つの)BSDライセンスのうち、ひとつをランダムに選んでしまうリスクを取ることがないでしょう。

もしくは、わたしたちが他のコピーレフトでないライセンスよりも推奨するコピーレフトでないライセンスについて、述べることもできるでしょう: Apache 2.0 ライセンスは特許による背信行為を防止する条項の入ったライセンスです。

BSDライセンスのうちの一つを参照したい時は、常にどちらかなのか、つまり、「オリジナルBSDライセンス」なのか「改訂版BSDライセンス」なのかを述べるようにしてください。

(訳注)原文は英語で、ライセンスとしては英語の文章の表示を求めていると考えられますが、ここでは日本の読者のために和訳しています。

[FSF logo]“Our mission is to preserve, protect and promote the freedom to use, study, copy, modify, and redistribute computer software, and to defend the rights of Free Software users.”

The Free Software Foundation is the principal organizational sponsor of the GNU Operating System. Support GNU and the FSF by buying manuals and gear, joining the FSF as an associate member, or making a donation, either directly to the FSF or via Flattr.

先頭へ戻る