English [en]   Deutsch [de]   français [fr]   hrvatski [hr]   日本語 [ja]   українська [uk]  

教育ケーススタディ → インド

原文は英語で、これはその翻訳です。

インドの事例

インドの科学者である Dr. V. Sasi Kumar の記事に、インドの教育システムの発展の歴史における重要ポイントと教育システムが現在どのように構成されているかについての説明が詳しく書かれています。また、記事にはケーララ州の事例も含まれていす。同州は、政府のIT@Schoolプロジェクトのおかげで、何千もの学校に自由ソフトウェアを導入することに成功しました。

ウィキペディアのインドの教育システムでも情報を得ることができます。

以下は、自由ソフトウェアを使用しているインドの教育機関の一例です。

Ambedkar Community Computing Center (AC3)

自由ソフトウェアを支持するグループが恵まれない子供たちにコンピュータスキルを教えるためにバンガロールのスラム街にコンピューターセンターを設立しています。

Vocational Higher Secondary School Irimpanam (VHSS Irimpanam)

ケーララ州政府によって行われたプロジェクトの結果、自由ソフトウェアだけを使用するようになった数千の学校の一つです。

ケーススタディへ戻る

[FSF logo]“Our mission is to preserve, protect and promote the freedom to use, study, copy, modify, and redistribute computer software, and to defend the rights of Free Software users.”

The Free Software Foundation is the principal organizational sponsor of the GNU Operating System. Support GNU and the FSF by buying manuals and gear, joining the FSF as an associate member, or making a donation, either directly to the FSF or via Flattr.

先頭へ戻る