English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

この翻訳は、 2017-02-23 以降に行われた 英語のオリジナル版の変更を反映できていません。 確認するには、 こちらの変更をご覧ください。 わたしたちのウェブページの翻訳の保守の情報については、翻訳 READMEをご覧ください。

プロプライエタリの危険性

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

不自由な(プロプライエタリな)ソフトウェアは実に多くの場合マルウェアです(ユーザを虐待するように設計 されます)。不自由なソフトウェアはその開発者によりコントロールされますが、これは開発者をユーザに対して力を有する地位に置くことになります。これは基本的な不正義です。開発者は、しばしばその力を行使し、サービスすべきユーザに対して損害を与えます。

プロプライエタリなソフトウェアを、自由ソフトウェアを完璧とする架空の考えと比較するのは正確ではないでしょう。些細ではない、すべてのプログラムにはバグが有りますし、どんなシステムも、自由であれプロプライエタリであれ、セキュリティ・ホールがあり得るでしょう。それ自身は咎められるべきではありません。しかし、プロプライエタリなソフトウェアの開発者は穴を埋めることを頻繁に無視したり、ひどいことには、意図的に穴を導入したりします。そして、ユーザは修正したくても無力なのです

このページでは明確に確認できたプロプライエタリなソフトウェアの危険性のケースを掲載します。ひどい結果となるものか、そうでなければ記録に値するものです。

TOP

[FSFロゴ] “フリーソフトウェアファウンデーション(FSF)は、コンピュータのユーザの自由を促進する世界的なミッションを持つ非営利団体です。わたしたちは、すべてのソフトウェアユーザの権利を守ります。”

参加する ショップ