English [en]   Deutsch [de]   日本語 [ja]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

GNU諮問委員会

概要

GNU諮問委員会はGNUプロジェクト内部の調整を促進するためにつくられました。GNUおよびFSFの創始者であるRMS(リチャード・ストールマン)はGNUプロジェクトの全体の責任者、そして権威として、Chief GNUisance(最高グニゃっかいもの)にとどまります。

委員会の責任は、プロジェクト全体を扱うことです。メンテナー、FSF、そして他の方々からの質問の第一の連絡点となります。委員会のメンバーはRMSから任命され、現在の問題について毎月電話会議を行います。

委員会へは直接、<gnu-advisory@gnu.org>宛に連絡することができます。

現行 委員会メンバー

責任

委員会の主要な責任は下記のとおりです。

GNUメンテナーの皆さんへ

GNUソフトウェアのメンテナーになりたい方で、諮問委員会に関して詳しく知りたい方は、GNUメンテナー情報の手伝ってもらうセクションをご覧ください。

歴史

委員会は、最初の会議を2009年12月に開きました。

Brian Goughは2012年1月までメンバーでした。

[FSF logo]“Our mission is to preserve, protect and promote the freedom to use, study, copy, modify, and redistribute computer software, and to defend the rights of Free Software users.”

The Free Software Foundation is the principal organizational sponsor of the GNU Operating System. Support GNU and the FSF by buying manuals and gear, joining the FSF as an associate member, or making a donation, either directly to the FSF or via Flattr.

先頭へ戻る