English [en]   Deutsch [de]   日本語 [ja]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

GNU諮問委員会

概要

GNU諮問委員会はGNUプロジェクト内部の調整を促進するためにつくられました。GNUおよびFSFの創始者であるRMS(リチャード・ストールマン)はGNUプロジェクトの全体の責任者、そして権威として、Chief GNUisance(最高グニゃっかいもの)にとどまります。

委員会の責任は、プロジェクト全体を扱うことです。メンテナー、FSF、そして他の方々からの質問の第一の連絡点となります。委員会のメンバーはRMSから任命され、現在の問題について毎月電話会議を行います。

委員会へは直接、<gnu-advisory@gnu.org>宛に連絡することができます。

現行 委員会メンバー

責任

委員会の主要な責任は下記のとおりです。

GNUメンテナーの皆さんへ

GNUソフトウェアのメンテナーになりたい方で、諮問委員会に関して詳しく知りたい方は、GNUメンテナー情報の手伝ってもらうセクションをご覧ください。

歴史

委員会は、最初の会議を2009年12月に開きました。

Brian Goughは2012年1月までメンバーでした。

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る