English [en]   български [bg]   català [ca]   Česky [cs]   Deutsch [de]   ελληνικά [el]   español [es]   فارسی [fa]   français [fr]   עברית [he]   hrvatski [hr]   italiano [it]   日本語 [ja]   한국어 [ko]   Nederlands [nl]   polski [pl]   português do Brasil [pt-br]   română [ro]   русский [ru]   Shqip [sq]   српски [sr]   Türkçe [tr]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

名前が何であろうか?

リチャード・ストールマン

この問題についてさらに知るには、GNU/Linux FAQ、GNU/Linuxシステムの歴史について述べていて名前の問題についても関連するLinuxとGNUプロジェクトについてのわたしたちのページ、GNUについてなにも聞いたことがないGNUユーザについてのわたしたちのページをご覧ください。

名前は意味を運びます。わたしたちの名前の選択はわたしたちが言う意味を決定します。適切でない名前は人々に間違った考えを与えます。薔薇はいかなるほかの名前でも同じく香り高いでしょう。しかし、もし、それをペンと呼べば、それで何かを書こうとしたときに人々はむしろがっかりするでしょう。ペンを「薔薇」と呼べば、人々はそれがなんの役に立つのか分からないかもしれません。わたしたちのオペレーティング・システムをLinuxと呼べば、システムの由来、歴史、そしてその目的について間違った考えを運びます。GNU/Linuxと呼べば、それは(詳しくではありませんが)正確な考えを運びます。

わたしたちのコミュニティにとって実際これは問題でしょうか。人々がシステムの由来、歴史、そしてその目的を知ることは重要なことでしょうか。はい、そうです。なぜなら、歴史を忘れた人々はしばしばそれを繰り返すからです。GNU/Linuxのまわりに開発された自由な世界は生き残ることが保証されてはいないのです。GNUを開発することになった問題は完全に根絶したわけではありません。それは戻ってくるぞと脅します。

そのオペレーティング・システムをLinuxではなくGNU/Linuxと呼ぶことが適切である理由を説明すると、人々は時々、以下のように反応します。

GNUプロジェクトはこの仕事に対する謝意に値することは認めましょう、人々が謝意を示さないときに、実際のところ、やきもきする意味があるでしょうか。仕事が成し遂げられたことが重要なのであって、誰がやったかではないのではないでしょうか。リラックスしてください、良い仕事をしたことに対し誇りを持って、謝意に関しては気にしないで。

これは賢いアドバイスでしょう、もし、状況がそうであれば。つまり、仕事は成し遂げられ、今はリラックスするときであれば。それが事実であればどれだけよいことか! しかし、大変な問題はたくさんあり、今は、将来が約束されたものとして安らぐときではありません。わたしたちのコミュニティの強みは自由と協力への献身にあります。GNU/Linuxの名前を使うことは人々にこれらの目標を思い起こさせほかの人々に伝える一つの方法なのです。

GNUのことを考えずに良い自由ソフトウェアを書くことは可能です。Linuxの名前でもまた、たくさんの良い仕事がなされました。しかし、“Linux”の用語は、最初に作り出されたときから、協力する自由への献身がない理念と結びつけられたのです。その名前はビジネスにどんどん使われていますから、コミュニティの精神とそれを結びつけるのに、わたしたちにはさらに多くのトラブルがあることでしょう。

将来の自由ソフトウェアに対する重大な問題には、“Linux”ディストリビューションの会社がGNU/Linuxに、利便性と力の名の元に、不自由なソフトウェアを加える傾向にあります。すべてのメジャーな商用ディストリビューション開発者はこれを行います。どれもが、自由ソフトウェアだけに制限することをしません。ほとんどは、ディストリビューションの中の不自由なパッケージを明確に識別することをしません。多くは、不自由なソフトウェアを開発しシステムに加えることさえします。あるものは、乱暴にも「一つずつライセンスされた」“Linux”システムを宣伝します。それは利用者にマイクロソフト・ウィンドウズと同程度の自由しか提供しません。

人々は「Linuxの人気」の名の元に不自由なソフトウェアを加えることを正当化しようとします。実効的には人気を自由より価値あるものとするのです。ときにこれは公然と認められます。たとえば、ワイアード・マガジンはLinuxマガジンの編集者Robert McMillanは「オープンソース・ソフトウェアの動きは政治的ではなく技術的な決定によってあおられるべきだ」と感じていると述べています。カルデラのCEOは公然と、自由の目標を取り下げて、代わりに「Linuxの人気」のために働くことをユーザにしきりに促します。 (http://web.archive.org/web/20000920053929/http://www.zdnet.com/filters/printerfriendly/0,6061,2552025-2,00.html)

不自由なソフトウェアをGNU/Linuxシステムに加えることによって、人気はあがるかもしれません。もし、わたしたちがGNU/Linuxを不自由なソフトウェアとの組み合わせで使う人々の数で人気を意味するのであれば。しかし、同時に、それは不自由なソフトウェアを良いものとして認め、自由の目標を忘れることをコミュニティに暗黙的に促します。道から外れてしまうのであれば、速度を出して運転することは良くないでしょう。

不自由な「アド・オン」がライブラリやプログラミングのツールであるとき、それは自由ソフトウェア開発者にとっての罠になり得ます。不自由なパッケージに依存する自由ソフトウェアを書くとき、そのソフトウェアは完全に自由なシステムの一部とはなり得ないのです。MotifやQtは過去において、自由ソフトウェアの大きな部分をこの方法で罠にはめ、解決に何年もかかる問題を生じさせました。Motifはそれが廃れてしまうまで少々の問題を残しましたが、今は使われていません。その後、Sunの不自由なJavaの実装は同様の効果をもたらしました。Javaの罠は幸いにも今やほとんど修正されました。

もし、わたしたちのコミュニティがこの方向に向かい続ければ、将来のGNU/Linuxは自由と不自由のコンポーネントのモザイクの方向へと向きを変えてしまうことがあるでしょう。今から5年後、わたしたちは、確実に、なお、たくさんの自由ソフトウェアを有するでしょう。しかし、わたしたちが注意深くなければ、利用者が探すつもりの不自由なソフトウェアなしでは自由ソフトウェアは、ほとんど使えないようなことになってしまうでしょう。これが起これば、わたしたちの自由へのキャンペーンは失敗してしまいます。

自由の代替物をリリースすることが単純にプログラミングの問題であれば、将来の問題の解決は、わたしたちのコミュニティの開発リソースが増えるにしたがい容易になっていくでしょう。しかし、わたしたちはこれをさらに難しくすると脅すような障害に直面しています。すなわち、自由ソフトウェアを禁ずる法律です。ソフトウェア特許が増加し、DMCAのような法律が、DVDを見たりRealAudioのストリームを聴いたりするような大切な仕事をする自由ソフトウェアの開発を禁ずるのに使われるようになってしまい、わたしたちには、特許が取られた秘密のデータフォーマットと闘うのに明解な方法を見出すことはできず、それを使う不自由なプログラム拒絶する以外、ありません。

これらの問題には様々な種類の努力を必要とするでしょう。しかし、結局のところわたしたちが必要なのは、どのような種類の問題に対しようとも、協力する自由という目標を忘れないことです。パワフルで信頼できるソフトウェアへの単なる望みが、人々を大きな努力に向かわせることは期待できません。その自由とそのコミュニティのために闘うとき、人々には、ある種の決意が必要となります。何年も続け、決して諦めない決意が。

わたしたちのコミュニティでは、この目標とこの決意は主にGNUプロジェクトから発出しました。わたしたちが、自由とコミュニティについて、頑張るべきものとして語ってきたのです。“Linux”を語る組織は通常このことについて言いません。“Linux”の雑誌は典型的には不自由なソフトウェアの広告でいっぱいです。“Linux”をパッケージする会社は不自由なソフトウェアをシステムに加えます。ほかの会社はGNU/Linux上で動く不自由なアプリケーションを開発することで「Linuxをサポート」します。“Linux”のユーザグループは典型的にはそのようなアプリケーションのセールスマンを招待します。わたしたちのコミュニティの人々が自由の考えと決意に出くわす主な場所は、GNUプロジェクトなのです。

しかし、それに人々が出くわしたとき、GNUプロジェクトとそれが関連していると感じるでしょうか。

GNUプロジェクトから出てきたシステムを使っていると知っている人々は、かれらとGNUの直接の関係を見るでしょう。かれらは、自動的にわたしたちの理念に同意しないでしょうが、少なくとも、真剣にそれについて考える理由を見るでしょう。対照的に、「Linuxユーザ」と自身をみなし、GNUプロジェクトは「Linuxで役立つことが証明されたツールを開発した」と信じている人々は、典型的にはGNUとかれら自身との間に間接的な関係だけに気がつくでしょう。GNUの理念を単に無視するかもしれません。

GNUプロジェクトは理想主義的です。理想を奨励する誰もが今日、大変な障害に直面します。優勢なイデオロギーは理想主義を「実現不可能」なものとして人々から消し去ってしまうのです。わたしたちの理想は、実に現実的であり、それが自由のGNU/Linuxオペレーティング・システムをわたしたちが有する理由です。このシステムを愛する人々は、わたしたちの理想主義が現実になったことを知るべきです。

もし、「その仕事」が実際に成し遂げられたのであれば、謝意のほかに問題がなにもないのであれば、おそらく、この問題を取り下げる方が賢明でしょう。しかし、わたしたちはその位置にありません。なされなければならない仕事をするよう人々を激励するには、わたしたちが既に成し遂げたことを認識する必要があります。オペレーティング・システムをGNU/Linuxと呼ぶことによって、わたしたちを手伝ってください。


この小論は自由ソフトウェア、自由な社会: リチャード・M・ストールマン小論選集に収録され、出版されました。

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る