English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   日本語 [ja]   한국어 [ko]   Nederlands [nl]   polski [pl]   русский [ru]  

BREAKING: Knocking Down The HACIENDA

GNU hackers opened the GHM by revealing the offensive HACIENDA global surveillance program for TWD, and how to knock it down with stealth TCP services! Watch it now! [more]

原文は英語で、これはその翻訳です。

自分のソフトウェアを検閲する

リチャード・ストールマン
[Datamation 1996年3月1日号より転載]

昨年の夏、数人の小賢しい国会議員たちがインターネット上での「ポルノを禁止する」というふれこみの法案を提出しました。昨秋になるとキリスト教右派がこの動きに同調し、ついに先週、クリントン大統領は法案に署名しました。そんなわけで、今週わたしはGNU Emacsを検閲しています。

もちろん、GNU Emacsにポルノは含まれていません。Emacsはソフトウェアパッケージであり、数々の賞を受賞した拡張性とプログラム可能性に富むテキストエディタです。しかし今回成立した法案は、単なるポルノの域をはるかに越えた範囲に適用されます。この法案では「不適切な」言動を禁止していますが、その対象には有名な詩、ルーブル美術館に展示されている傑作から安全なセックスのアドバイスに至る、ありとあらゆるものが含まれます。そして、ソフトウェアも例外ではありません。

もちろんこの法案に対しては、インターネットの利用者や性愛文学の愛好家のみならず、報道の自由を重視する人のすべてから多くの反対が表明されています。

しかし、わたしたちが一般の人々に何が問題となっているのかを説明しようとするたびに、検閲推進派は嘘で応えてきました。すなわち、彼らは一般の人々に、問題となっているのはポルノだけであると述べてきたのです。この問題に関する彼らの他の主張の中にも前提条件として織り込まれているこの嘘によって、彼らは一般の人々に誤った情報を与えることに成功しています。ですから現在、わたしは自分のソフトウェアを検閲しているのです。

ご存じのように、Emacsは有名な「doctorプログラム」のあるバージョンを含んでいます。Elizaとしても知られるこのプログラムは元々MITのワイゼンバウム教授によって開発されたもので、ロジャーズ派の精神分析医のように振る舞います。ユーザがプログラムに語りかけると、プログラムはユーザ自身の発言をオウム返しにしたり、長いリストで用意された特定の言葉を認識したりすることによって反応します。

Emacsのdoctorプログラムは多くの一般的な悪態を認識するようになっていて、そういった語には「口の利き方には気をつけていただけませんか?」や「紳士的にやりましょう」といった適切かつ愉快なメッセージで応えるようになっていました。これを実現するには、doctorプログラムに悪態語のリストを用意しておかなければなりません。それは、プログラムのソースコードが「不適切」になるということを意味します。

ですから今週、わたしはこの機能を削除しました。新しいバージョンのdoctorは不適切な言葉を認識しません。もしあなたがdoctorを罵れば、doctorはその悪態語をそのままあなたに返します。悪態語だと分からないからです(新しいバージョンの起動時には、それがあなたを守るために検閲された旨メッセージが表示されます)。

現在アメリカ人は、ネットワークに不適切な投稿をすることにより2年間の懲役を科せられる危険にさらされています。投獄を避けるため、インターネットを通して何が「不適切」かを定義した正確な規則にアクセスできれば良いのですが、それは不可能です。そういった規則では禁止された言葉に言及しなければなりませんから、規則をインターネットに投稿するのはまさにその同じ規則に違反することになるからです。

もちろん、わたしは「不適切」の意味する内容について仮定を置いています。何が「不適切」なのか確かなところは誰にも分からないので、こうせざるを得ません。「不適切」の意味として最も分かり易く、一番考えられるのは、テレビの分野でこの語が持つニュアンスですので、わたしもそれをとりあえず仮定して話を進めています。しかし、裁判所がそういった法の解釈を違憲として棄却する可能性はかなり高いのです。

わたしたちは、裁判所がインターネットを書籍や雑誌のような出版の媒体として認識するようになることを期待できます。もしそうなれば、裁判所はインターネットでの「不適切な」出版を禁止するような法律は常に棄却するようになるでしょう。

一番わたしが心配しているのは、裁判所が混乱して、たとえば礼儀作法の説明やdoctorプログラムでは「不適切」な表現を許可するが、子供が公共の図書館で読めてしまうような書籍の一部では禁止するといった解釈を容認するなど、中途半端な手段を採ってしまうことです。そんなことになれば、今後何年にも渡って、次第にインターネットが公共の図書館を置き換えて行くにつれて、わたしたちの言論の自由のいくらかが失われていくことでしょう。

ほんの数週間前のことですが、アメリカではないある国がインターネットへの検閲を課しました。それは中国です。この国では、中国はあまり好意を持って見られていませんが、それは、中国政府が基本的な自由を重視していないからです。しかし、ではアメリカ合衆国政府がいったいどれだけ自由を重視していると言えるのでしょう? そしてあなたはアメリカの自由を保全するために十分配慮していますか?

「このパラグラフは古いものです:]

もし配慮するならば、折に触れて有権者遠距離通信ニュース(Voters Telecommunications Watch)をチェックするようにして下さい。彼らのウェブサイト http://www.vtw.org/ にはこの問題の背景やどのような政治的行動を起こせば良いかについての説明があります。2月には検閲が勝ちました。しかしわたしたちは、11月にはそれをひっくり返すことができます。

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る