English [en]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   Nederlands [nl]   русский [ru]   简体中文 [zh-cn]   繁體中文 [zh-tw]  

BREAKING: Knocking Down The HACIENDA

GNU hackers opened the GHM by revealing the offensive HACIENDA global surveillance program for TWD, and how to knock it down with stealth TCP services! Watch it now! [more]

原文は英語で、これはその翻訳です。

わたしたちがUCITAと闘わねばならない理由

UCITAはプロプライエタリなソフトウェア開発者たちによって計画、立案された法律で、現在かれらはアメリカ合衆国の50州すべてにこれを採択するよう求めています。もし UCITAが認可されれば、自由ソフトウェアのコミュニティ(1)にとっては破滅的な脅威となるでしょう。なぜなのか、以下をどうぞお読みください。

一般的にわたしたちは、大企業にはかれらの顧客に対する責任について厳格な基準が適用されるべきであると考えます。かれらにはそれだけの余裕があり、またそれがかれらを誠実であり続けさせるだろうからです。一方で、個々人、アマチュア、そして「善きサマリアびと」とでも言うべき善意の人びとはより好意を持って扱われるべきでしょう。

UCITAは以上とは完全に反対のことをします。UCITAは個々人、アマチュア、善きサマリアびとたちに責任を押し付け、一方大企業にはそうしないのです。

ご存じのように、UCITAはデフォルトではソフトウェア開発者や配布者がプログラムの欠陥に対して完全に法的責任があるということを述べています。しかしながら、この法律はまた「シュリンクラップ」(封を破るとライセンスに同意したとみなされる)ライセンスによってこのデフォルトを上書きすることを認めています。プロプライエタリなソフトウェアを作っているソフトウェア企業は事情がよく分かっていますから、シュリンクラップライセンスを使って法的責任を完全に回避するでしょう。しかしアマチュアや、他者のためにソフトウェアを開発している自営の請負プログラマたちはこの問題について知らないために、しばしばひどい目にあうことになるでしょう。そしてわたしたち自由ソフトウェアの開発者も責任問題を避ける確実な手段を持てなくなるのです。

この問題に対して、わたしたちに何ができるでしょうか?わたしたちのライセンスを変更して、問題を避けるよう試みることもできるでしょう。しかしわたしたちはシュリンクラップライセンスの類を使っていませんから、UCITAのデフォルトを覆すことはできません。たぶんわたしたちはUCITAが採択された州における配布を禁止することができるでしょう。これは問題を解決するかもしれません—将来リリースするソフトウェアに関しては。しかし、わたしたちはこれを、すでにリリースしてしまったソフトウェアに対して遡及的に行うことはできません。それらのバージョンはすでに入手可能であり、すでにわたしたちは、人びとがそれらをUCITAが採択された州で配布することをライセンスによって許可してしまっています。そしてUCITAの効力下で彼らが配布したとき、わたしたちに法的責任が生じてしまうのです。現在の所、ライセンスの変更はこの状況を変えるには無力です。このままではわたしたちは、込み入った法的主張をしなければならなくなり、しかもそれはうまくいくかもしれないし、いかないかもしれません。

UCITAが採択された場合にはもうひとつ間接的な影響があり、それは長期的に見て自由ソフトウェアの開発を妨げるでしょう。というのは、UCITAはプロプライエタリなソフトウェア開発者たちにリバースエンジニアリングを禁止する権力を与えているのです。これによって、彼らは非公開のファイルフォーマットやプロトコルを作ることが容易になり、またそれをわたしたちが合法的に理解することは不可能になるでしょう。

それは、ユーザの実際のニーズを満たす自由ソフトウェアの開発にとって破滅的な障害となり得ます。なぜなら、不自由なソフトウェアのユーザと情報をやりとりするというのもそれらのニーズの一つだからです。今日多くのユーザは、そうすればWord形式のファイルを読み書きすることができるというだけの理由でWindowsを使わなければならないと考えています。またMicrosoftの「ハロウィーン文書」は、GNU/Linuxシステムの開発を妨害する武器の一つとして秘密のフォーマットやプロトコルを使う計画があることを示唆しています(2)

現在、ノルウェーにおいて、まさしくこの種の制限が16才のJon Johansenを起訴するのに使われつつあります。彼は、自由なオペレーティングシステムでDVDを再生する自由ソフトウェアを書くことを可能とすべく、DVDのフォーマットを解析したのです(電子フロンティアファウンデーションは彼の弁護を支援しています。詳しくはhttp://www.eff.orgをご覧ください。)

自由ソフトウェアの支援者たちの一部は、UCITAは不自由なソフトウェアの製作を非常に制限的なものとするので、結果として彼らのユーザをわたしたちの元へ走らせることになるだろうから、わたしたちのコミュニティに有益であると主張しました。現実的に言って、そんなことはまず起こり得ません。なぜなら、この議論はプロプライエタリなソフトウェア開発者たちが彼ら自身の利益に反して行動することを仮定しているからです。彼らは貪欲で情け容赦が無いかもしれませんが、決してばかではないのです。

プロプライエタリなソフトウェア開発者たちは、UCITAが彼らに新たに与える力を、彼らの利潤を増やすのに使うつもりです。彼らはこの力をいつでも全開で行使するよりは、もっとも利益の上がる使い道を探そうとするでしょう。UCITAの力を適用することで、ユーザにソフトウェアを買うことを止めさせてしまうような真似はしないでしょう。多くのユーザが耐えられるような適用の仕方ならば、当たり前のことになってしまうのです。UCITAはわたしたちを助けてはくれません。

UCITAはソフトウェアにのみ適用されるのではありません。UCITAはコンピュータが読めるいかなる情報にも適用されます。もしあなたが自由ソフトウェアのみ使っているとしても、あなたのコンピュータ上で文書を読んだり、データベースにアクセスしたりはしているでしょう。UCITAは出版者に、あなたに対して最も極悪な制限を課すことを認めます。というのも、UCITAによって出版者は、いつ何時でも、ライセンスを遡及的に変更することができ、また変更を受け入れないならばそのデータを削除するよう強制することができるようになるのです。彼らは、あなたがそのデータの欠陥として見たものを記述することさえも禁止することができるでしょう。

たとえUCITAが善意の活動を間接的に利するとしても、これは、誰かに降りかかることを望むにはあまりにも非道すぎる不正義です。道義的な存在としてわたしたちは、それが人びとに、わたしたちの運動に同調することを余儀なくさせるからといって、他者に不正や苦難を好きこのんで与えてはなりません。わたしたちはマキャベリストではあってはなりません。自由ソフトウェアの自由ソフトウェアたる由縁は、他者への気遣いなのです。

わたしたちの唯一の賢明な計画、わたしたちにとって最も倫理的な計画、それは…UCITAを打ち負かすことです!

もしUCITAに反対する闘いを援助したいならば、あなたの州の州議会議員に会うか、Skip Lockwood <dfc@dfc.org>にメールを送りましょう。彼はどうすればあなたが効果的に貢献できるか教えてくれます。

最も緊急にボランティアが必要となっているのはヴァージニア州とメリーランド州ですが(3)、カリフォルニアとオクラホマもまもなく危険水域に入ります。おそらく、全ての州で多かれ少なかれ闘いが始まるはずです。

UCITAについてのより詳しい情報については、ttp://www.badsoftware.com [Archived Page]、もしくはWikipediaのUCITAのページをご覧下さい。 http://en.wikipedia.org/wiki/Uniform_Computer_Information_Transactions_Act.

  1. ほかの人びとは似たような種類のソフトウェアを表現するのに「オープンソース」という用語を使うようになりました。わたしは、「自由ソフトウェア運動」が依然存在しており、そしてオープンソース運動がわたしたちに取って代わったわけでも、吸収したわけでもないことを示すために「自由ソフトウェア」という言葉を使っています。

    もしあなたが、便利さと同時にあなたの自由というものを重要視されるのであれば、ご自分の価値観を明確に保護するために、あなた自身の作品を説明する際には「オープンソース」ではなく、「自由ソフトウェア」という言葉をお使いになることをお勧めします。

    もし正確さを重んじられるのであれば、自由ソフトウェア運動の成果を記述する際にはぜひ「オープンソース」ではなく「自由ソフトウェア」という言葉を使ってください。GNUオペレーティングシステム、その変種であるGNU/Linux、多くのGNUソフトウェアパッケージ、そしてGNU GPLは元はすべて自由ソフトウェア運動の成果です。オープンソース運動の支持者には彼らの見方を宣伝促進する権利がありますが、彼らはわたしたちの達成したことをもとにそうすべきではありません。

    この件についての詳しい説明は http://www.gnu.org/philosophy/open-source-misses-the-point.htmlをご覧下さい。

  2. そのシステムはしばしば“Linux”と呼ばれますが、厳密に言えば実際のところLinuxはカーネルであり、システムの重要な一部分に過ぎません(こちらをご覧下さい:http://www.gnu.org/gnu/linux-and-gnu.html)。
  3. メリーランド州の下院はUCITAに賛成しました。立法の審理の最終段階の前に、州の上院が4月10日に賛成するまで、あとひと押しです。

    この法案の検討の性急さは法案そのものよりもさらに馬鹿げています。メリーランド州に住んでいる場合、州の上院議員に電話するか手紙を書いて、すぐに却下しないならば、少なくとも夏の調査のためにUCITAを延期すべきだと述べてください。

    コンピュータ関連でメリーランド州に住んでいる誰かを知っている場合、このメッセージをその人に伝え、支持をお願いしましょう。


反UCITAキャンペーンを支持する方は、ぜひ目立つところからこのページ、http://www.4cite.org[Archived Page]にリンクを張ってください!


ほかの論説へのリンク

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る