English [en]   Deutsch [de]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]   українська [uk]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

自由ソフトウェアとオープンソースはプログラムのカテゴリとしてどう関係するか

こちらが自由ソフトウェアとオープンソースがプログラムのカテゴリとしてどう関係するかです:


    /┌─────────────────────┐\
   / │                     │ \
  /  │                     │  \
 /   │                     │   \
     │                     │
     │   ソースのライセンスがGNU *GPL,    │
     │   Apache, オリジナルBSD, 修正BSD,   │
自由   │   X11, expat, Python, MPL などで、  │
     │   実行形式はtivoizationされてない   │ オープンソース
     │                     │
     │                     │
 \   │                     │
  \  │                     │
   \ │                     │   /
    \├─────────────────────┤  /
     │    tivoization(暴君)デバイス   │O│ /
     └─────────────────────┘/

オープンソースのすべてのプログラムでほんの小さな部分が自由ではありません。そこの行を比例して描くとすれば、おそらく、小さくて読めないほど、そのテキストは極小フォントでなければならないでしょう。

Tivoizationの、あるいは「暴君」のデバイスは自由なソースコードから作られた不自由な実行形式を含みます。2013の時点で、多くのアンドロイドのデバイスは暴君ですが、いくつかは違います。

“O”は“other”(そのほか)の意味で、プログラムのソースがオープンソースのライセンスだが自由ではないものを指します。2000年まわりで、そのようないくつかのライセンスが書かれ、いくつかのプログラムに使われました。そのようなライセンスでリリースされたソフトウェアを耳にしてからしばらく経ちした。わたしたちは、それらがまだ使われているか知りません。

ほとんどの不自由なライセンスはオープンソースでもありません。

先頭へ戻る


[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。