English [en]   Deutsch [de]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

この翻訳は、 2017-02-16 以降に行われた 英語のオリジナル版の変更を反映できていません。 確認するには、 こちらの変更をご覧ください。 わたしたちのウェブページの翻訳の保守の情報については、翻訳 READMEをご覧ください。

プロプライエタリなDRM

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

不自由な(プロプライエタリな)ソフトウェアは実に多くの場合マルウェアです(ユーザを虐待するように設計 されます)。不自由なソフトウェアはその開発者によりコントロールされますが、これは開発者をユーザに対して力を有する地位に置くことになります。これは基本的な不正義です。開発者は、しばしばその力を行使し、サービスすべきユーザに対して損害を与えます。

こちらがプロプライエタリなプログラムとシステムがディジタル制限管理(DRM)を実装している例です: ユーザができることを意図的に制限するように設計された機能です。この機能は、ディジタル手錠とも呼ばれます。

DRMは検閲法によって補強され、手錠を破壊できるソフトウェア(とハードウェア)は禁止されます。こういった法律ではなく、DRMそのものを違法とすべきです。わたしたちのDRMを捨て去るキャンペーンをサポートしてください。

TOP

[FSFロゴ] “フリーソフトウェアファウンデーション(FSF)は、コンピュータのユーザの自由を促進する世界的なミッションを持つ非営利団体です。わたしたちは、すべてのソフトウェアユーザの権利を守ります。”

参加する ショップ