English [en]   Deutsch [de]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

GNU Healthカンファレンス  Nov 18-20, Las Palmas, Spain #GNUHealthCon2016

原文は英語で、これはその翻訳です。

プロプライエタリの危険性

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

不自由な(プロプライエタリな)ソフトウェアは実に多くの場合マルウェアです(ユーザを虐待するように設計 されます)。不自由なソフトウェアはその開発者によりコントロールされますが、これは開発者をユーザに対して力を有する地位に置くことになります。これは基本的な不正義です。開発者は、しばしばその力を行使し、サービスすべきユーザに対して損害を与えます。

このページでは明確に確認できたプロプライエタリなソフトウェアの危険性のケースを掲載します。ひどい結果となるものか、そうでなければ記録に値するものです。

プロプライエタリなソフトウェアを、自由ソフトウェアを完璧とする架空の考えと比較するのは正確ではないでしょう。些細ではない、すべてのプログラムにはバグが有りますし、どんなシステムも、自由であれプロプライエタリであれ、セキュリティ・ホールがあり得るでしょう。それ自身は咎められるべきではありません。しかし、プロプライエタリなソフトウェアの開発者は穴を埋めることを頻繁に無視したり、ひどいことには、意図的に穴を導入したりします。そして、ユーザは修正したくても無力なのです

先頭へ戻る


[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。