English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

GNU Healthカンファレンス  Nov 18-20, Las Palmas, Spain #GNUHealthCon2016

原文は英語で、これはその翻訳です。

プロプライエタリな暴君

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

不自由な(プロプライエタリな)ソフトウェアは実に多くの場合マルウェアです(ユーザを虐待するように設計 されます)。不自由なソフトウェアはその開発者によりコントロールされますが、これは開発者をユーザに対して力を有する地位に置くことになります。これは基本的な不正義です。開発者は、しばしばその力を行使し、サービスすべきユーザに対して損害を与えます。

暴君のデバイスは、異なるオペレーティング・システムや改変したオペレーティング・システムをインストールすることをユーザに認めることを拒絶するものです。これらのデバイスは「認められた」システムの版以外のものは何であれその実行をブロックする方式を有しています。わたしたちは、この慣習をtivoizationとも参照します。

先頭へ戻る


[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。