English [en]   català [ca]   Deutsch [de]   español [es]   فارسی [fa]   français [fr]   Bahasa Indonesia [id]   italiano [it]   日本語 [ja]   മലയാളം [ml]   polski [pl]   português do Brasil [pt-br]   русский [ru]   简体中文 [zh-cn]   繁體中文 [zh-tw]  

BREAKING: Knocking Down The HACIENDA

GNU hackers opened the GHM by revealing the offensive HACIENDA global surveillance program for TWD, and how to knock it down with stealth TCP services! Watch it now! [more]

原文は英語で、これはその翻訳です。

自由ソフトウェアはより信頼できる!

プロプライエタリ・ソフトウェアの擁護者はこういう話をするのが好きです。「自由ソフトウェアは素敵な夢だが、信頼性の高い製品を作れるのはプロプライエタリなシステムだけだっていうのは我々みんなが知っていることだ。ハッカーどもにはそんなことできっこない。」

しかしながら、経験上得られた事実はその意見に反しています。以下で述べる科学的なテストによれば、GNUソフトウェアは、それと比較できるプロプライエタリ・ソフトウェアよりもずっと信頼できることがわかったのです。

これは驚くべきことではありません。GNUソフトウェアの信頼性が高いことには確かな理由がありますし、自由ソフトウェアがたいてい(常に、とはかぎりませんが)高信頼性であることにも確かな理由があるのです。

GNU ユーティリティはより安全だ!

Barton P. Millerとその同僚は、1990年と1995年に、Unixのユーティリティプログラムの信頼性をテストしました。そのいずれにおいても、GNUのユーティリティは非常に抜きん出ていました。彼らはGNUに加えて7つの商用Unixシステムをテストしました。ランダムな入力ストリームを与えたところ、基本的なユーティリティプログラムのうち40%以上(最悪のケース)が、(コアダンプして)クラッシュしたり、ハング(無限ループ)したりしました…」

この研究者たちは、商用のUnixシステムの故障率は15%から43%の範囲なのに対して、GNUの故障率は7% にすぎない、ということを発見したのです。

Millerはまた次のように言っています。「我々が1990年と1995年に比較した商業製品のシステム3つは、はるかに信頼性が改善された。しかし、故障率はそれでも著しく高かったのだ(GNU/Linuxからの基本ユーティリティは、依然としてこれらの商業製品よりもはるかに優れていた)」

詳しくは彼らの論文を参照してください: Fuzz Revisited: A Re-examination of the Reliability of Unix Utilities and Services (postscript 223k) by Barton P. Miller <bart@cs.wisc.edu>, David Koski, Cjin Pheow Lee, Vivekananda Maganty, Ravi Murthy, Ajitkumar Natarajan, and Jeff Steidl.

自由ソフトウェアがより信頼できるのはなぜか

GNUユーティリティの信頼性がこんなに高いのは、まぐれではありません。自由ソフトウェアが高品質になる傾向があるのには、確かな理由があるのです。

理由の一つは、自由ソフトウェアは問題を解決するために、全コミュニティが協力しあって関わっているという点です。ユーザはバグを報告するだけではなく、バグを修正したり、修正を送ったりすることすらあります。問題の最深部まで至り、そのソフトを問題なく動作させるために、ユーザは電子メールで互いに会話をしながら一緒に作業するのです。

別の理由は、開発者は信頼性を本当に気にかけているということです。自由ソフトウェアパッケージは商業的に競っているとは限りませんが、それでも競っていい評判を得ようと努力しています。不充分なプログラムは、開発者が期待する人気を得ることはないでしょう。さらに、ソースコードを万人に見えるようにしている作者は自分の評判をオンラインに置いており、コミュニティから否認の刑にさらされないために、ソフトウェアをクリーンでクリアなものにしておくべきなのです。

がんクリニックも自由ソフトウェアを頼っている!

ノースダコタ州ファーゴ(最近同名の映画の舞台になり、また洪水でも有名になったあのファーゴ)のロジャー・マリス癌センターでは、LinuxベースのGNUシステムを使っています。その理由は、信頼性が本質的に重要だからというまさにその一点です。GNU/Linuxマシンで構成されたネットワーク上で情報システムが動作し、薬物療法を組織的に結び付け、さらに他の多数の機能を果たしています。このネットワークは、センターのスタッフが必要に応じてすぐに利用可能である必要があります。

G.W. Wettstein 博士 <greg@wind.rmcc.com>によると:

「Linuxが存在しなかったら、我々のガン患者を現在のような形で適切にケアすることはできなかっただろう。… 自由ソフトウェアのルートから入手できたツールたちを使うことで、我々は、販売されていないような… 革新的なアプリケーションを書き、開発することができたのだ」

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る