English [en]   Deutsch [de]   français [fr]   hrvatski [hr]   日本語 [ja]   українська [uk]  

教育ケーススタディ → アルゼンチン

原文は英語で、これはその翻訳です。

アルゼンチンの事例

アルゼンチンの行政区域は、23の政治的に独立した州に分けられています。これらの州は独自の教育ポリシーを作成していますが、政府からは基本的なガイドラインが示されるのみです。したがって、教育機関はその地方のニーズをふまえたカリキュラムを作成しています。より詳しい情報は、ウィキペディアのアルゼンチンの教育システムをご覧ください。

以下は、自由ソフトウェアを使用しているアルゼンチンの教育機関の一例です。

Escuela Cristiana Evangélica de Neuquén (ECEN)

あまり技術スキルのない小学校の先生が、プロプライエタリなソフトウェアは学校が奨励する道徳的、倫理的価値観と相反するという理由から、自由ソフトウェアへの完全移行に一人で取り組んでいます。

ケーススタディへ戻る

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る