English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

プロプライエタリな牢獄

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

不自由な(プロプライエタリな)ソフトウェアは実に多くの場合マルウェアです(ユーザを虐待するように設計されます)。不自由なソフトウェアはその開発者によりコントロールされますが、これは開発者をユーザに対して力を有する地位に置くことになります。これは基本的な不正義です。開発者は、しばしばその力を行使し、サービスすべきユーザに対して損害を与えます。

牢獄のプロプライエタリなシステムの例がこちらです: ユーザが自由にアプリケーションをインストールすることを認めません。iPrisonの画像がこの問題を描いています。

こういったシステムはシステムを所有する会社が強制する検閲のプラットフォームです。一つの会社のプラットフォームとして、検閲を強制するように設計された製品を販売するのは法律で禁止されるべきですが、そうなっていません。

先頭へ戻る


[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。