English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

この翻訳は、 2017-04-09 以降に行われた 英語のオリジナル版の変更を反映できていません。 確認するには、 こちらの変更をご覧ください。 わたしたちのウェブページの翻訳の保守の情報については、翻訳 READMEをご覧ください。

プロプライエタリな牢獄

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

不自由な(プロプライエタリな)ソフトウェアは実に多くの場合マルウェアです(ユーザを虐待するように設計 されます)。不自由なソフトウェアはその開発者によりコントロールされますが、これは開発者をユーザに対して力を有する地位に置くことになります。これは基本的な不正義です。開発者は、しばしばその力を行使し、サービスすべきユーザに対して損害を与えます。

牢獄のプロプライエタリなシステムの例がこちらです: ユーザが自由にアプリケーションをインストールすることを認めません。iPrisonの画像がこの問題を描いています。

こういったシステムはシステムを所有する会社が強制する検閲のプラットフォームです。一つの会社のプラットフォームとして、検閲を強制するように設計された製品を販売するのは法律で禁止されるべきですが、そうなっていません。

Appleの妨害

Apple iThingsのオペレーティング・システムiOSは牢獄のプロトタイプです。アプリケーション・プログラムの検閲付の一般目的のコンピュータを設計する慣習を導入しましたのはAppleです。

こちらにコード署名についての記事があります。これがiThingsがユーザを牢獄に入れるのに使うものです。

興味深いことに、Appleは iThingの牢獄の壁から限定された抜け道を許そうとしています: 今、Swiftで書かれたソースコードであれば、ソースコードからブルトされたアプリはインストールできるのです。ユーザは自由にこれをすることはできません。なぜなら自身を明らかにすることが求められているからです。こちらに詳細があります。これは監獄の壁のヒビですが、iThingはもはや牢獄ではないと意味するほどには大きくはありません。

マイクロソフトの妨害

ゲーム・コンソール

そのコンソールではコンソールの製造業者がオーソライズしないかぎり、どんなゲームも実行できません。あぁ、この事実に対して参照できる記事を見つけることができません。ご存知の方はわたしたちにお知らせください。

TOP

[FSFロゴ] “フリーソフトウェアファウンデーション(FSF)は、コンピュータのユーザの自由を促進する世界的なミッションを持つ非営利団体です。わたしたちは、すべてのソフトウェアユーザの権利を守ります。”

参加する ショップ