English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

この翻訳は、 2017-04-09 以降に行われた 英語のオリジナル版の変更を反映できていません。 確認するには、 こちらの変更をご覧ください。 わたしたちのウェブページの翻訳の保守の情報については、翻訳 READMEをご覧ください。

プロプライエタリな牢獄

ほかのプロプライエタリ・マルウェアの例

不自由な(プロプライエタリな)ソフトウェアは実に多くの場合マルウェアです(ユーザを虐待するように設計 されます)。不自由なソフトウェアはその開発者によりコントロールされますが、これは開発者をユーザに対して力を有する地位に置くことになります。これは基本的な不正義です。開発者は、しばしばその力を行使し、サービスすべきユーザに対して損害を与えます。

牢獄のプロプライエタリなシステムの例がこちらです: ユーザが自由にアプリケーションをインストールすることを認めません。iPrisonの画像がこの問題を描いています。

こういったシステムはシステムを所有する会社が強制する検閲のプラットフォームです。一つの会社のプラットフォームとして、検閲を強制するように設計された製品を販売するのは法律で禁止されるべきですが、そうなっていません。

TOP

[FSFロゴ] “The Free Software Foundation (FSF) is a nonprofit with a worldwide mission to promote computer user freedom. We defend the rights of all software users.”

JOIN SHOP