English [en]   العربية [ar]   български [bg]   català [ca]   Česky [cs]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   עברית [he]   hrvatski [hr]   italiano [it]   日本語 [ja]   Nederlands [nl]   polski [pl]   português do Brasil [pt-br]   русский [ru]   Shqip [sq]   svenska [sv]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

最初の声明

これは、GNUプロジェクトのオリジナルの声明です。リチャード・ストールマンによって1983年9月27日に投稿されました。

実際のGNUプロジェクトの歴史は、さまざまな面で、この最初の計画とは異なります。たとえば、開始は1984年1月まで遅れました。自由ソフトウェアのいくつかの理念の考えは、数年後まで明確化されませんでした。

Unixを自由に!

今年の感謝祭から、わたしは完全にUnix互換のソフトウェアシステム、GNU(Gnu's Not Unix, 「グヌーはUnixではない」の略)を書き始め、それを使える全員にフリーで(1)渡そうと考えています。時間、お金、プログラム、そして装置の貢献がとても必要です。

まず始めに、GNUはカーネルとCのプログラムを書いて実行するのに必要なすべてのユーティリティ(エディタ、シェル、Cコンパイラ、リンカ、アセンブラ、そしてそのほかのいくつか)からなるでしょう。その後、わたしたちは、テキストフォーマッタ、YACC, Empireゲーム、スプレッドシート、そしてほかの何百にもなるものを追加するでしょう。わたしたちは、最終的には、通常Unixシステムに付属するすべての有用なものと、オンラインとハードコピーの文書を含め、有用なものはなんでも、提供したいと考えています。

GNUはUnixのプログラムを実行することができるでしょう。しかしUnixと同一ではないでしょう。わたしたちは、ほかのオペレーティング・システムの経験にもとづいて、便利なすべての改善をするでしょう。具体的には、長いファイル名、ファイルのバージョン番号、耐クラッシュファイルシステム、おそらくはファイル名補完、ターミナル独立のディスプレイのサポート、そして最終的には、Lispベースのウィンドウ・システムでいくつかのLispプログラムと通常のUnixプログラムが一つの画面を共有できるようなものを計画しています。CとLispの両方がシステム・プログラミング言語として利用可能になるでしょう。MITカオスネットプロトコルをベースとしたネットワークソフトウェア、UUCPよりもとても素晴らしいもの、を有するでしょう。UUCPと互換のものも有するかもしれません。

わたしは何者?

わたしはリチャード・ストールマン、たくさん模倣されたオリジナルのEMACSエディタの発明者で、今、MIT人工知能研究所にいます。コンパイラ、エディタ、デバッガ、コマンド・インタプリタ、インコンパチブル・タイムシェアリング・システム(ITS)、そして、Lisp Machineオペレーティング・システムについて、多くの仕事をしてきました。わたしは、ITSのターミナル独立のディスプレイサポートを開拓しました。加えて、わたしは、耐クラッシュファイルシステム一つと、Lisp Machineの二つのウィンドウシステムを実装したことがあります。

なぜGNUを書かねばならないか

黄金律は、もしわたしがあるプログラムを好むとき、わたしはそれを好むほかの人々と共有しなければならないと要請する、とわたしは考えます。わたしは良心から、非開示契約やソフトウェア・ライセンス同意書にサインできません。

わたしの原則に違反せずにコンピュータを使いつづけることができるように、わたしは、十分な自由ソフトウェアをひとそろい、まとめようと決意しました。そうして、どんな自由でないソフトウェアなしでもやっていけるように、です。

どのように貢献できるか

わたしは、コンピュータの製造業者にマシンとお金の寄付を求めています。個人にはプログラムと作業の寄付を求めています。

あるコンピュータ製造業者がすでに一つのマシンを提供してくれました。しかし、わたしたちはもっと使えるでしょう。マシンを寄付した場合に期待できる一つの結果は、GNUは早い時期にそのマシンで動くだろう、というものです。マシンは居住地域で稼働し、特別な空調や電力設備を必要としない方が好ましいです。

個人のプログラマは、Unixのユーティリティの互換の複製物を書いて、わたしに提供することで貢献することができます。ほとんどのプロジェクトでは、そのようなパートタイムの分散した仕事は調整することがとても難しいもので、独立に書かれた部分は一緒には動かないものです。しかし、Unixを置き換えるというこの具体的なタスクについては、この問題はありません。それぞれの貢献がUnixのほかの部分と動くのであれば、おそらくGNUのほかの部分とおそらく動くでしょう。

金銭の寄付を得られれば、フルタイムあるいはパートタイムで何人かを雇うことができるでしょう。給与は高くはないでしょうが、人類に役立つことは金銭と同じく重要なことであると知っている人々を探しています。わたしは、これを、専任の人々がそのすべてのエネルギーをGNUの作業に向けることを可能にする方法、と考えています。別の方法で生計を立てる必要から免れることができますから。

詳細の情報については、連絡してください。

Arpanetメール:
RMS@MIT-MC.ARPA

Usenet:
...!mit-eddie!RMS@OZ
...!mit-vax!RMS@OZ

合衆国の郵便:
リチャード・ストールマン
プロスペクト街
ケンブリッジ、マサチューセッツ州 02139

「フリー」に関する言葉遣いの下手な選択

ここでの言葉遣いは注意深いものではありませんでした。この意図は、誰しもが、GNUシステムを使う許可のために支払う必要がない、ということでした。しかし、この言葉はこれに関して明確ではなく、人々は多くの場合これを、GNUのコピーは、常に、ほとんど料金を取らないか無償で配布するべきと言っている、と解釈しました。これは決してその意図ではありませんでした。

オリジナルのメッセージ

完全を期すため、オリジナルの電子メールをオリジナルの形で、ここに再掲します。



From CSvax:pur-ee:inuxc!ixn5c!ihnp4!houxm!mhuxi!eagle!mit-vax!mit-eddie!RMS@MIT-OZ
From: RMS%MIT-OZ@mit-eddie
Newsgroups: net.unix-wizards,net.usoft
Subject: new Unix implementation
Date: Tue, 27-Sep-83 12:35:59 EST
Organization: MIT AI Lab, Cambridge, MA

Free Unix!

Starting this Thanksgiving I am going to write a complete
Unix-compatible software system called GNU (for Gnu's Not Unix), and
give it away free(1) to everyone who can use it.
Contributions of time, money, programs and equipment are greatly
needed.

To begin with, GNU will be a kernel plus all the utilities needed to
write and run C programs: editor, shell, C compiler, linker,
assembler, and a few other things.  After this we will add a text
formatter, a YACC, an Empire game, a spreadsheet, and hundreds of
other things.  We hope to supply, eventually, everything useful that
normally comes with a Unix system, and anything else useful, including
on-line and hardcopy documentation.

GNU will be able to run Unix programs, but will not be identical
to Unix.  We will make all improvements that are convenient, based
on our experience with other operating systems.  In particular,
we plan to have longer filenames, file version numbers, a crashproof
file system, filename completion perhaps, terminal-independent
display support, and eventually a Lisp-based window system through
which several Lisp programs and ordinary Unix programs can share a screen.
Both C and Lisp will be available as system programming languages.
We will have network software based on MIT's chaosnet protocol,
far superior to UUCP.  We may also have something compatible
with UUCP.


Who Am I?

I am Richard Stallman, inventor of the original much-imitated EMACS
editor, now at the Artificial Intelligence Lab at MIT.  I have worked
extensively on compilers, editors, debuggers, command interpreters, the
Incompatible Timesharing System and the Lisp Machine operating system.
I pioneered terminal-independent display support in ITS.  In addition I
have implemented one crashproof file system and two window systems for
Lisp machines.


Why I Must Write GNU

I consider that the golden rule requires that if I like a program I
must share it with other people who like it.  I cannot in good
conscience sign a nondisclosure agreement or a software license
agreement.

So that I can continue to use computers without violating my principles,
I have decided to put together a sufficient body of free software so that
I will be able to get along without any software that is not free.


How You Can Contribute

I am asking computer manufacturers for donations of machines and money.
I'm asking individuals for donations of programs and work.

One computer manufacturer has already offered to provide a machine.  But
we could use more.  One consequence you can expect if you donate
machines is that GNU will run on them at an early date.  The machine had
better be able to operate in a residential area, and not require
sophisticated cooling or power.

Individual programmers can contribute by writing a compatible duplicate
of some Unix utility and giving it to me.  For most projects, such
part-time distributed work would be very hard to coordinate; the
independently-written parts would not work together.  But for the
particular task of replacing Unix, this problem is absent.  Most
interface specifications are fixed by Unix compatibility.  If each
contribution works with the rest of Unix, it will probably work
with the rest of GNU.

If I get donations of money, I may be able to hire a few people full or
part time.  The salary won't be high, but I'm looking for people for
whom knowing they are helping humanity is as important as money.  I view
this as a way of enabling dedicated people to devote their full energies to
working on GNU by sparing them the need to make a living in another way.


For more information, contact me.
Arpanet mail:
  RMS@MIT-MC.ARPA

Usenet:
  ...!mit-eddie!RMS@OZ
  ...!mit-vax!RMS@OZ

US Snail:
  Richard Stallman
  166 Prospect St
  Cambridge, MA 02139

[FSF logo]“Our mission is to preserve, protect and promote the freedom to use, study, copy, modify, and redistribute computer software, and to defend the rights of Free Software users.”

The Free Software Foundation is the principal organizational sponsor of the GNU Operating System. Support GNU and the FSF by buying manuals and gear, joining the FSF as an associate member, or making a donation, either directly to the FSF or via Flattr.

先頭へ戻る