English [en]   català [ca]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   한국어 [ko]   polski [pl]   русский [ru]   தமிழ் [ta]   简体中文 [zh-cn]   繁體中文 [zh-tw]  

BREAKING: Knocking Down The HACIENDA

GNU hackers opened the GHM by revealing the offensive HACIENDA global surveillance program for TWD, and how to knock it down with stealth TCP services! Watch it now!

原文は英語で、これはその翻訳です。

GNUライセンスに対する違反

This page is maintained by the Free Software Foundation's Licensing and Compliance Lab. You can support our efforts by making a donation to the FSF. Have a question not answered here? Check out some of our other licensing resources or contact the Compliance Lab at licensing@fsf.org.

もしGPLLGPLAGPL、あるいはFDL)に違反すると思われる事例がありましたら、まず以下に挙げるような事実をもう一度確かめて見てください:

もし本当に違反があるように思われたら、次にあなたがしなければならないことは詳細を注意深く記録することです:

以上で挙げたよりも詳しい情報があればあるほど、著作権者が問題を追及するのが楽になります。

詳細を集めたら、それを正確なレポートとして、悪用されているパッケージの著作権者に送りましょう。法的にライセンスの施行を強制する権利を持っているのは著作権者だからです。

もし著作権者がフリーソフトウェアファウンデーション自身だったならば、どうか<license-violation@gnu.org>までご報告下さい。製品あるいは違反の内容についてより多くの情報を得るため、わたしたちからあなたへお返事を差し上げられることが重要です。ですので、匿名再メーラをお使いの方であっても、返信の手段をぜひ何らかの形で教えてください。連絡先を暗号化したい場合、適切なアレンジをしますので、その旨を記述したメールを送ってください。

GPLやその他のコピーレフトなライセンスは、著作権に基づくライセンスであることに注意して下さい。これは、違反に対して行動を起こす権限があるのは著作権者のみであるということを意味します。FSFは、FSFが著作権を持つコードに関して報告されたあらゆるGPL違反に対して行動しますし、また違反を見逃したくないと考える他の著作権者の皆さんにも助力を惜しみません。

しかし、わたしたちは著作権を持っていない場合、自分で行動することができません。そこで、違反を報告する前にそのソフトウェアの著作権者は誰なのか調べるのを忘れないで下さい。

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る