原文は英語で、これはその翻訳です。

最初の声明

これは、GNUプロジェクトのオリジナルの声明です。リチャード・ストールマンによって1983年9月27日に投稿されました。

実際のGNUプロジェクトの歴史は、さまざまな面で、この最初の計画とは異なります。たとえば、開始は1984年1月まで遅れました。自由ソフトウェアのいくつかの理念の考えは、数年後まで明確化されませんでした。


Unixを自由に!

今年の感謝祭から、わたしは完全にUnix互換のソフトウェアシステム、GNU(Gnu's Not Unix, 「グヌーはUnixではない」の略)を書き始め、それを使える全員にフリーで [1]渡そうと考えています。時間、お金、プログラム、そして装置の貢献がとても必要です。

まず始めに、GNUはカーネルとCのプログラムを書いて実行するのに必要なすべてのユーティリティ(エディタ、シェル、Cコンパイラ、リンカ、アセンブラ、そしてそのほかのいくつか)からなるでしょう。その後、わたしたちは、テキストフォーマッタ、YACC, Empireゲーム、スプレッドシート、そしてほかの何百にもなるものを追加するでしょう。わたしたちは、最終的には、通常Unixシステムに付属するすべての有用なものと、オンラインとハードコピーの文書を含め、有用なものはなんでも、提供したいと考えています。

GNUはUnixのプログラムを実行することができるでしょう。しかしUnixと同一ではないでしょう。わたしたちは、ほかのオペレーティング・システムの経験にもとづいて、便利なすべての改善をするでしょう。具体的には、長いファイル名、ファイルのバージョン番号、耐クラッシュファイルシステム、おそらくはファイル名補完、ターミナル独立のディスプレイのサポート、そして最終的には、Lispベースのウィンドウ・システムでいくつかのLispプログラムと通常のUnixプログラムが一つの画面を共有できるようなものを計画しています。CとLispの両方がシステム・プログラミング言語として利用可能になるでしょう。MITカオスネットプロトコルをベースとしたネットワークソフトウェア、UUCPよりもとても素晴らしいもの、を有するでしょう。UUCPと互換のものも有するかもしれません。

わたしは何者?

わたしはリチャード・ストールマン、たくさん模倣されたオリジナルのEMACSエディタの発明者で、今、MIT人工知能研究所にいます。コンパイラ、エディタ、デバッガ、コマンド・インタプリタ、インコンパチブル・タイムシェアリング・システム(ITS)、そして、Lisp Machineオペレーティング・システムについて、多くの仕事をしてきました。わたしは、ITSのターミナル独立のディスプレイサポートを開拓しました。加えて、わたしは、耐クラッシュファイルシステム一つと、Lisp Machineの二つのウィンドウシステムを実装したことがあります。

なぜGNUを書かねばならないか

黄金律は、もしわたしがあるプログラムを好むとき、わたしはそれを好むほかの人々と共有しなければならないと要請する、とわたしは考えます。わたしは良心から、非開示契約やソフトウェア・ライセンス同意書にサインできません。

わたしの原則に違反せずにコンピュータを使いつづけることができるように、わたしは、十分な自由ソフトウェアをひとそろい、まとめようと決意しました。そうして、どんな自由でないソフトウェアなしでもやっていけるように、です。

どのように貢献できるか

わたしは、コンピュータの製造業者にマシンとお金の寄付を求めています。個人にはプログラムと作業の寄付を求めています。

あるコンピュータ製造業者がすでに一つのマシンを提供してくれました。しかし、わたしたちはもっと使えるでしょう。マシンを寄付した場合に期待できる一つの結果は、GNUは早い時期にそのマシンで動くだろう、というものです。マシンは居住地域で稼働し、特別な空調や電力設備を必要としない方が好ましいです。

個人のプログラマは、Unixのユーティリティの互換の複製物を書いて、わたしに提供することで貢献することができます。ほとんどのプロジェクトでは、そのようなパートタイムの分散した仕事は調整することがとても難しいもので、独立に書かれた部分は一緒には動かないものです。しかし、Unixを置き換えるというこの具体的なタスクについては、この問題はありません。それぞれの貢献がUnixのほかの部分と動くのであれば、おそらくGNUのほかの部分とおそらく動くでしょう。

金銭の寄付を得られれば、フルタイムあるいはパートタイムで何人かを雇うことができるでしょう。給与は高くはないでしょうが、人類に役立つことは金銭と同じく重要なことであると知っている人々を探しています。わたしは、これを、専任の人々がそのすべてのエネルギーをGNUの作業に向けることを可能にする方法、と考えています。別の方法で生計を立てる必要から免れることができますから。

詳細の情報については、連絡してください。

Arpanetメール:
RMS@MIT-MC.ARPA
Usenet:
...!mit-eddie!RMS@OZ
...!mit-vax!RMS@OZ
合衆国の郵便:
リチャード・ストールマン
プロスペクト街
ケンブリッジ、マサチューセッツ州 02139

脚注

  1. ここでの言葉遣いは注意深いものではありませんでした。この意図は、誰しもが、GNUシステムを使う許可のために支払う必要がない、ということでした。しかし、この言葉はこれに関して明確ではなく、人々は多くの場合これを、GNUのコピーは、常に、ほとんど料金を取らないか無償で配布するべきと言っている、と解釈しました。これは決してその意図ではありませんでした。