English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   hrvatski [hr]   italiano [it]   日本語 [ja]   polski [pl]   português do Brasil [pt-br]   română [ro]   русский [ru]   українська [uk]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

他のシステムを推奨しない理由を説明する

わたしたちは、なぜ、あるシステムを推奨しないのかとよく聞かれます—通常、人気のあるGNU/Linuxディストリビューションについて。この質問に関する短い答えは、自由なシステム・ディストリビューション・ガイドラインにしたがっていないから、ということです。しかし、あるシステムがどのようにガイドラインから外れてしまうのかは、いつも明らかだというわけではありません。ですから、このリストで、よく知られた不自由なシステム・ディストリビューションの問題について、詳しい情報を示します。

わたしたちが推奨するGNU/Linuxシステムについてもっと知るには、わたしたちのリストの自由なGNU/Linuxディストリビューションを確認してください。

明記してない限り、このページにあげてあるディストリビューションはすべてガイドラインに少なくとも二つの重要な点でしたがっていません:

ここに、いくつかの人気のある不自由なGNU/Linuxディストリビューションをアルファベット順で載せたリストを示します。それらがどのような欠点があるかについても簡潔な説明を記述しています。ここで完全性は目的とはしていません。あるディストロについて推奨できないいくつかの理由を見つけた場合、すべての(ほかの欠点の)理由を探し続けることはしていません。

わたしたちが情報を更新した後に、ディストロが変更されたかもしれません。もし、ここで触れられている問題の一つが修正されたと考える場合、わたしたちに知らせてください。しかし、わたしたちはディストロの開発者がわたしたちの推奨を要求した場合だけわたしたちはディストロを調査して推奨します。

Arch GNU/Linux

Archには二つのよくある問題があります: どういったソフトウェアが含まれるのか、不自由なブロブはカーネルLinuxとともに配布されるのか、について明確なポリシーがありません。Archは、また、不自由なソフトウェアを通常のチャネルでは配布しないということについて、なんのポリシーもありません。

Canaima

Canaima GNU/Linux はベネズエラ政府によって作られた、GNU/Linuxとともにコンピュータを配布するための、ディストリビューションです。全体の計画は賞賛されるべきですが、Canaimaは不自由なソフトウェアを含むという欠点があります。

“不自由なソフトウェアをインストールする”というオプションがメイン・メニューにあり、不自由なドライバすべて(不必要なものまでも)をインストールします。また、このディストロはカーネルLinuxのブロブを提供し、そして、Flashプレイヤーを含む不自由なアプリケーションをインストールするよう誘います。

CentOS

CentOS について、よくある二つの問題以外には問題があることを知りません: どういったソフトウェアが含まれるのか、不自由なブロブはカーネルLinuxとともに配布されるのか、について明確なポリシーがありません。もちろん、明確な確固としたポリシーがないので、わたしたちが見逃した他の不自由なソフトウェアが含まれているかもしれません。

Debian GNU/Linux

Debianの社会契約は、Debianをぜんぶ自由ソフトウェアとする目標を述べ、公式なDebianシステムから不自由なソフトウェアを誠実に締め出しています。しかし、Debianは、不自由なソフトウェアのリポジトリも提供しています。プロジェクトによれば、このソフトウェアは「Debianシステムの一部ではない」とされますが、リポジトリはたくさんのプロジェクトのメイン・サーバーにホストされています。そして、人々はDebianのオンライン・パッケージ・データベースを閲覧し、これらの不自由なパッケージについて簡単に知ることができます。

“contrib”リポジトリもあります。パッケージは自由ですが別に配布されているプロプライエタリなプログラムをロードするようなものが存在します。これもまたDebianのmainの配布から十分に分離されていません。

以前のDebianのリリースは不自由なブロブをカーネルLinuxとともに含みます。2011年2月のDebian 6.0 (“squeeze”)をもって、これらのブロブはメイン・ディストリビューションから外され、別のパッケージとなり、不自由リポジトリに置かれました。しかし、問題は一部残っています。インストーラは、この不自由なファームウェアのファイルを(インストールされる)マシンの周辺機器のために推奨する場合があります。

Fedora

Fedoraは、ディストリビューションに何が含まれるかについて明確なポリシーを持ち、注意深くしたがっているように見えます。ポリシーでは、ほとんどのソフトウェアとすべてのフォントについて自由ソフトウェアのライセンスのもと入手可能であることが要求されます。しかし、ある種の不自由なファームウェアについては、例外を作っています。残念ながら、そのようなファームウェアを認めるこのポリシーの決定は、Fedoraを自由システム・ディストリビューション・ガイドラインに一致させることから遠ざけてしまいました。

Gentoo GNU/Linux

Gentooは、主たるパッケージ・システムにおいて、いくつもの不自由なプログラムのためのインストール方法を含めています。

Mandriva GNU/Linux

Mandrivaはメイン・システムに何が含まれるかについての定まったポリシーを持ちます。これはFedoraのそれをもとにしており、ある種の不自由なファームウェアは含まれることを容認されることを意味します。加えて、オリジナルのArtisticライセンスでリリースされたソフトウェアも含むことを容認されます。これは不自由なライセンスなのにもかかわらず。

Mandrivaは不自由なソフトウェアをそれ専用のリポジトリによって提供しています。

Mint GNU/Linux

Mintには不自由なソフトウェアを含めることに反対するポリシーはありません。Mintでは、カーネルにパッケージされたドライバに不自由なブロブを含み、そして、不自由なプログラムを、そのリポジトリに含めています。プロプライエタリなコーデックさえ含めています。

openSUSE GNU/Linux

openSUSEは、不自由なソフトウェアのリポジトリを利用者に提供しています。これは、いかに、 “open”が“free”よりも弱いかの一例です。

Red Hat GNU/Linux

Red Hatのエンタープライズ・ディストリビューションは、一つの例外がありますが、Fedoraと同様のライセンシングポリシーに基本的にはしたがっています。よって、同じ理由で推奨しません。これに加えて、Red Hatは補完的なディストリビューション・チャネルを通じて、不自由なソフトウェアを利用可能にすることを禁止するポリシーを持っていません。

Slackware

Slackwareには二つのよくある問題があります: どういったソフトウェアが含まれるのか、不自由なブロブはカーネルLinuxに含まれるのか、について明確なポリシーがありません。また、不自由な画像ビューワ・プログラムxvと一緒に配布されます。対抗しようとする確固としたポリシーがないので、もっと不自由なプログラムがいつでも入ってしまうかもしれません。こちらが、Slackwareの不自由なソフトウェアの非公式リストです。

SteamOS

SteamOSはValue社によって配布されているGNU/Linuxのバージョンですが、ダウンロードのためには、実際のところまだリリースされていません。現時点では、それがユーザの自由を尊重するオペレーティング・システムとなることはまずありえない、と、わたしたちは、言えます。なぜなら、それはSteamサービスと密接に動くことを意味するからです。Steamはディジタル制限管理(DRM)を使い、配布するソフトウェアに制限を押し付けます。SteamOSはこういった制限を強制するために必要なプロプライエタリなソフトウェアを含まざるを得ないでしょう。それは、大量のプロプライエタリなソフトウェアを促進する、Steamストアを売り込み、統合するように設計されるでしょう。

SUSE GNU/Linux

二つのよくある問題に加えて、SUSEのオフィシャルFTPサイトから、いくつかの不自由なソフトウェア・プログラムがダウンロードできます。

Ubuntu GNU/Linux

Ubuntuは不自由なソフトウェアの特定のリポジトリを提供していて、Canonical社はいくつかの彼らの配布チャネルで、Ubuntuの名のもとに、明確に不自由なソフトウェアを奨励し推奨しています。Ubuntuは自由なパッケージだけをインストールするオプションを提供していますが、これは不自由なパッケージをインストールするオプションをも提供していることを意味します。加えて、カーネルLinuxの版は、ファームウェア・ブロブを含んでいます。

Ubuntuの商標ポリシーはUbuntuのそのままのコピーの商用再配布を禁止します。これは重要な自由を否定しています。

2012年10月現在、UbuntuではCanonicalに属するサーバにユーザの検索についての個人データを送信し、それがAmazon から物品を買う広告を送り返す、というようになっています。これは、厳密に言えば、Ubuntuが自由ソフトウェアかどうかに関係しませんが、ユーザのプライバシの侵害です。また、UbuntuはAmazonから購入することを奨励していますが、AmazonはDRMに関連した会社であり、労働者、著者、出版社を虐待する会社です。

このアドウェアは自由ソフトウェアの開発者が、あるプログラムの改造に悪意ある機能を持たせることに執着するまれなケースの一つです。

そのほかのディストロ

GNU/Linux以外のいくつかのシステムについてもここで論じます。

BSDシステム

FreeBSD、NetBSD、そしてOpenBSDとすべてが、portsシステムで不自由なプログラムを入手する手順を示しています。加えて、これらのカーネルには不自由なファームウェア・ブロブを含みます。

カーネル、Linuxで使われる不自由なファームウェア・プログラムは「ブロブ」と呼ばれ、これがわたしたちが使う用語です。BSDの語法では、「ブロブ」という用語は別のもの、不自由なドライバを指します。OpenBSDとおそらくは他のBSDディストリビューション(BSD開発者は「プロジェクト」と呼びます)は、これを含まないというポリシーを持っています。ドライバについてこれは正しいポリシーです。しかし、開発者が、「ブロブは一つもありません」、と言うときには、誤解を生みます。かれらは、ファームウェア・ブロブについて言ってるのではないのです。

どのBSDディストリビューションもプロプライエタリなバイナリだけのファームウェアに反対するポリシーを持っていません。自由なドライバでさえ、それをロードするかもしれないのに。

Haiku

Haikuは改変が許されないソフトウェアを含みます。不自由なファームウェア・ブロブも含みます。

CyanogenMod

このアンドロイドの修正版は不自由なライブラリを含みます。またグーグルがアンドロイドと一緒に配布している不自由なアプリケーションをどのようにインストールするかも説明します。

[FSF logo]“Our mission is to preserve, protect and promote the freedom to use, study, copy, modify, and redistribute computer software, and to defend the rights of Free Software users.”

The Free Software Foundation is the principal organizational sponsor of the GNU Operating System. Support GNU and the FSF by buying manuals and gear, joining the FSF as an associate member, or making a donation, either directly to the FSF or via Flattr.

先頭へ戻る