English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   hrvatski [hr]   日本語 [ja]   українська [uk]  

BREAKING: Knocking Down The HACIENDA

GNU hackers opened the GHM by revealing the offensive HACIENDA global surveillance program for TWD, and how to knock it down with stealth TCP services! Watch it now! [more]

教育教育向けリソース教育向け自由ソフトウェア → GCompris

原文は英語で、これはその翻訳です。

GCompris

説明

GComprisは、2才〜10才までの子供を対象としたクロスプラットフォームの完全な教育向けパッケージソフトであり、GNUプロジェクトの一部です。140以上の楽しい機能が含まれていて、小さな子供が文字や数字の認識、マウスやキーボードの使い方、初歩的な算数訓練、アナログ時計の見方、ベクトル描画、ゲームによる言葉の学習、他いろんなスキルの習得を支援するものです。またプログラムには基本的なテキスト形式で文書作成をするシンプルなワープロも含まれています。他の機能としては、アニメーションツールがあり、読み聞かせを支援する簡単で効果的な手段として用いることもできます。これにより、子供とのコミュニケーションを改善したり、子供の自己表現を支援することができるのです。

GComprisには、画面の左側の黄色いバーにまとめられたいくつかの機能があり、子供がその中からプログラムの開始と同時に選ぶことができます。そのようなデザインにより、新しい機能を追加したり、ある目的のためにプログラムを改変したりすることが容易になります。プログラム本体とすべての機能はいろいろな言語で使用可能です。

詳細: FSFディレクトリGCompris公式ウェブサイト

誰がどのように使用しているか

Gcomprisの機能を中心としたデザインにより、特定の環境へ高度にかつ簡易に適用させることができます。GComprisの斬新な使い方の一例として、インドのケーララ州におけるInsightプロジェクトでの成果が挙げられます。このプロジェクトは州内の身体に障害を持つ人へ自由ソフトウェアの恩恵をもたらすことを目的としています。GCompris は、自閉症の子供のような精神障害をかかえる人がコミュニケーション能力や操作技能を改善するための強力なツールだということが分かりました。プロジェクトでは、対象とするコミュニティの特定の目的に対して、プログラムを利用、改変しています。

Insightチームは教師向けのトレーニングメニューを作成しました。トレーニングでは、ある目的をもって子供たちと一緒に作業する際に、目と手の協調運動、記憶、リスニング、集中力の向上といった能力の習得を支援するための、GComprisのさまざまな機能についての使い方が説明されます。また、このトレーニングは保育園から小学校までのさまざまな教育レベルに対応しています。さらに、小さなハンドブックが保護者や教育専門家に配布され、子供の能力を向上するための本ソフトウェアの使い方の理解に役立ちました。

GCompris はまた、年長の子供が、数どうしの関係を理解し、基本的な算術演算を習得し、分析的な思考訓練をし、スペルや読み書きと同じくコミュニケーション能力を向上することにも役立っています。

なぜ

教師からの報告では、子供たちにとってGComprisが直感的でまた楽しく使えるので、カリキュラムにGComprisを取り入れることはとても簡単だ、ということです。このプログラムはまた、精神障害のある子供や大人にとってもすぐれたリソースなのです。

GComprisはインドのような発展途上国の環境で子供の学習プロセスを促進するための重要なリソースになりました。なぜなら、こうした環境では、授業の時間が子供にとってコンピュータに慣れ親しむ唯一の機会になるからです。授業では、コンピュータは子供たちで共有されることがしばしばで、個々の子供は限られた時間しかコンピュータを触ることができません。GComprisは使いやすく直感的なので、こうした環境でとくに効果的です。なぜなら、プログラムがどのようにして動作するかを理解させる時間をほとんど割けないからです。GComprisを使えば、子供たちはコンピュータを使うために必要な操作技能をすぐに身につけてしまいます。

結果

GComprisはユーザの基本的な自由を尊重し、それによりInsightプロジェクトの開発者や専門家はこのソフトウェアを子供たちのニーズにあわせて改変することができました。結果、新しい機能を作成したり、自閉症の子供とその両親を支援するためのプログラムの画期的な使い方を提案しました。また、Insightチームは修正版の複製を教師や保護者に自由に配布できるので、家庭でも制限なくプログラムを使用することができます。修正版はまた、知的障害をかかえた子供たちの学術的、機能的能力の向上に役立つことが分かりました。

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る