English [en]   Deutsch [de]   français [fr]   hrvatski [hr]   日本語 [ja]   русский [ru]   Shqip [sq]   українська [uk]  

ご協力に感謝します。2015年はFSF設立30周年です! 次の30年で、コンピュータユーザの権利を守るために、もっとたくさんのことをしたいと思います。この方向にさらに邁進するため、1月31日までに525,000ドルの資金調達をするという、これまで最高の目標を設定しました。もっと読む(英語)

$525K
30% (159K)
わたしも

教育 → ケーススタディ

原文は英語で、これはその翻訳です。

ケーススタディ

民間・公立の教育機関の事例や、自由ソフトウェアをうまく使った非公式な教育環境の世界的な調査をおこなっています。それらについて総合的なデータベースを構築しようというわけではありません。むしろ、特定の成功例をご紹介することが、自由ソフトウェアの導入や自由ソフトウェアへの移行をはじめて検討している人々を後押しするのだと考えています。

ここで紹介できるような事例をご存じでしたら、<education@gnu.org> までお知らせください。

アルゼンチン | インド

アルゼンチン

Escuela Cristiana Evangélica de Neuquén (ECEN)
あまり技術スキルのない小学校の先生が一人で、事務や図書館をふくめた学校内の全ワークステーションの移行を管理しています。

インド

Ambedkar Community Computing Center (AC3)
バンガロールの自由ソフトウェア支持団体が自由システムとプログラムだけを使って、恵まれない子供たちにコンピュータスキルを教えています。

Vocational Higher Secondary School Irimpanam (VHSS Irimpanam)
インド政府のIT@Schoolプロジェクトによって完全に自由ソフトウェアへ移行した数千の学校のうちの一つです。

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る