English [en]   العربية [ar]   català [ca]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   עברית [he]   hrvatski [hr]   日本語 [ja]   한국어 [ko]   Nederlands [nl]   polski [pl]   русский [ru]   Shqip [sq]   српски [sr]   Türkçe [tr]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

リチャード・ストールマンのGNU/Linux FAQ

この問題についてもっと学ぶには、わたしたちのページのLinuxとGNUプロジェクトについて、なぜGNU/Linux?GNUについてなにも聞いたことがないGNUユーザをご覧ください。

ほかの多くのみんなが“Linux”と単に呼ぶシステムにわたしたちがGNU/Linuxという名前を用いて、また推奨するのを見るとき、人々は多くの疑問を持ちます。ここではよくある質問とわたしたちの答えを示します。

なぜそれをGNU/Linuxと呼びLinuxと呼ばないのですか? (#why)
Linuxをカーネルとしてもとにするオペレーティング・システム・ディストリビューションは基本的にGNUオペレーティング・システムの変更版です。わたしたちは1984年にGNUの開発を始めました。リーナス・トーバルズがかれのカーネルを書き始める何年も前です。わたしたちの目標は完全に自由なオペレーティング・システムを開発することでした。もちろん、わたしたちはすべてのパーツを自分たちで開発したわけではありませんが、わたしたちはその道を先導しました。わたしたちは中心となるコンポーネントのほとんどを開発し、システム全体として見たときに、単一のプロジェクトとしてはもっとも大きな貢献をしました。基本となるビジョンもわたしたちのものでした。

公正を鑑みれば、少なくとも同等の言及があって然るべきでしょう。

LinuxとGNUシステムGNUについてまったく聞いたことのないGNUユーザにもっと詳しい説明があります。また、GNUプロジェクトは、その歴史について説明しています。

なぜ名前が重要なのですか? (#whycare)
カーネルLinuxの開発者は、自由ソフトウェア・コミュニティに貢献していますが、そのうちの多くの人々は、自由について気にしていません。全体のシステムがLinuxであると考える人は、混乱しがちで、その開発者が実際は関係していないことをわたしたちのコミュニティにおける歴史的役割として考えてしまいます。そして、その開発者の見解に必要以上に重きを置いてしまいます。

システムをGNU/Linuxと呼ぶことは、わたしたちのコミュニティを構築するわたしたちの理想主義の役割を認識させます。そして、この考えの実際の重要性を公衆に認識させるのに役立ちます

どのようにして、ほとんどの人がそのシステムを“Linux”と呼ぶようになったわけでしょう?(#howerror)
このシステムを“Linux”と呼ぶ混乱は、修正情報よりも速く広まりました。

LinuxをGNUシステムと組み合わせた人々は、かれらの活動が達するところについて知りませんでした。かれらは注意を一つの部品に集中し、それがLinuxでした。そして、組み合わせの多くがGNUであることを見出していませんでした。かれらは、それを“Linux”と呼び始めました。かれらが行ったことには、その名前は適合しないにもかかわらずにです。この何が問題なのかをわたしたちが知り、人々にその慣習を改めるようお願いするまでには何年もかかりました。それまでに、混乱は大きく有利なスタートをしていたのです。

システムを“Linux”と呼ぶほとんどの人々は、それが正しくない理由についてなにも聞いたことがありません。ほかの人々がその名前を使うのを見て、正しいに違いないと仮定します。“Linux”という名前は、システムの出自について間違った絵を広めもしました。なぜなら、人々はシステムの歴史を名前に適したものと考えがちだからです。たとえば、人々は、リーナス・トーバルズが1991年にその開発を始めたとしばしば信じています。この間違った絵は、システムを“Linux”と呼ぶべきであるという考えを補強します。

このファイルの中のたくさんの疑問は、人々が慣習的に使ってきた名前を正当化しようとする試みを反映しています。

いつも“Linux”の代わりに“GNU/Linux”と言うべきでしょうか?(#always)
いつもではありません。全体のシステムについて語るときだけです。カーネルについて特に指すときには、その開発者が選んだ名前で“Linux”と呼ぶべきです。

人々が全体のシステムを“Linux”と呼ぶとき、結果として、カーネルと同じ名前で全体のシステムを呼ぶのです。これは多くの種類の混乱をもたらします。なぜならば、ある文章がカーネルについてなのか全体のシステムについてなのかは、専門家だけが言えることだからです。全体のシステムを“GNU/Linux”と呼び、カーネルを“Linux”呼ぶことにより、この曖昧さを回避することができます。

GNUなしでもLinuxは同じ成功を達成したのではないでしょうか?(#linuxalone)
そういった別世界では、GNU/Linuxシステムのようなものは今日なかったでしょうし、おそらく自由なオペレーティング・システムはまったくないでしょう。自由なオペレーティングシステムを1980年代に誰も開発しようとはしませんでした。GNUプロジェクトと(その後)バークレイのCSRGだけが例外でした。GNUプロジェクトはバークレイCSRGに対し、そのコードを自由にするよう特に依頼したのです。

リーナス・トーバルズは1990年のフィンランドでのGNUについての講演で部分的に影響を受けました。この影響がなかったとしても、かれはUnixライクなカーネルを書くことができたでしょうが、おそらく自由ソフトウェアではなかったと考えられます。1992年にリーナスがGNU GPLのもとリリースして、Linuxは自由となりました。(バージョン0.12のリリースノートを参照してください。)

トーバルズがLinuxをなにか別の自由ソフトウェアライセンスでリリースしたとしても、自由なカーネルそれだけでは、世界を大きく変えることはできなかったでしょう。Linuxの重要性は、より大きなフレームワーク、すなわち、完全に自由なオペレーティングシステムGNU/Linuxに適合することから来ているのです。

コミュニティのためには、この要請で人々を分裂させないほうが良いのではないでしょうか? (#divide)
わたしたちが人々に“GNU/Linux”と言うようにお願いするとき、わたしたちは人々を分裂させません。わたしたちはGNUオペレーティング・システムについてGNUプロジェクトに謝意を示すことをお願いしているのです。これは誰かを批判したり、誰かを押しやるのではありません。

しかし、わたしたちがこのように言うのを嫌う人々がいます。時々、そういう人々は対応としてわたしたちを押しやります。ときには、そういう人々はあまりにも無礼で、わたしたちを脅して黙らせようとしているのかと考えざるを得ないほどです。そういう脅しでわたしたちを黙らせることはできませんが、コミュニティを分裂させてしまいがちです。ですから、わたしたちは、あなたがたがかれらに(そういった脅しを)止めるよう、説得できることを望みます。

しかし、これはわたしたちのコミュニティの分裂の二次的な原因に過ぎません。わたしたちのコミュニティの大きな分裂は、自由ソフトウェアを社会的かつ倫理的課題として評価しつつプロプライエタリなソフトウェアを社会的な問題と考える人々(自由ソフトウェア運動の支持者)と、実際的な利益だけと現在の自由ソフトウェアを効率的な開発モデルを引く人々(オープンソース運動)の間にあります。

この見解の相違は、名前の問題だけではありません。基本的な価値の違いなのです。コミュニティにとって、この相違についてよく考えることは重要なことです。「自由ソフトウェア」と「オープンソース」は二つの立場の旗印です。なぜ、オープンソースは自由ソフトウェアの的を外すのかをご覧ください。

この価値に関する見解の相違は、わたしたちのコミュニティにおいてGNUプロジェクトの役割についてどれくらい注意を払うかどうかによって部分的には分けられました。自由に価値を置く人々はそのシステムを“GNU/Linux”と呼ぶことが多く、システムが“GNU/Linux”であると学んだ人々は、わたしたちの自由とコミュニティの理念の議論に注意を払うことが多くあります(これがそのシステムの名前の選択が社会に実際の差異を引き起こすという理由です)。しかし、すべての人がシステムの本当の由来と正しい名前を知っても、おそらく、見解の相違は、なお、存在するでしょう。なぜなら、この問題は実在のものだからです。この問題は、自由に重きを置くわたしたちがすべての人を説得するか(容易なことではありません)、完全に敗北してしまうか(そうでないことを希望します)、そのどちらかまでなくなりません。

GNUプロジェクトは個人の言論の自由の権利を支持しないのですか?個人の選択で、そのシステムをどのような名前でも呼ぶ権利があるはずでしょう?(#freespeech)
まさにそうです。わたしたちはあなたが望む名前でオペレーティングシステムを呼ぶ言論の自由の権利をあなたが有すると考えます。GNUプロジェクトへの正義の問題として、わたしたちは人々にそのオペレーティングシステムをGNU/Linuxと呼ぶことをお願いし、GNUが表す自由の価値を奨励し、オペレーティングシステムが存在するようにもたらした自由の価値を、ほかの人々に伝えようとするのです。
システムを開発するGNUの役割をみんなが知っているのだから、名前の中に“GNU/”はなくても良いのではないでしょうか?(#everyoneknows)
経験によれば、システムの利用者とコンピュータを使う公衆一般は、GNUシステムについてなにも知らないことがしばしばです。このシステムに関するほとんどの記事は“GNU”の名前あるいはGNUが表す理想に触れることがありません。GNUについてまったく聞いたことがないGNUユーザで詳しく説明されています。

これを言うのはおそらく、知りあいのギークのことを念頭に置くギークでしょう。ギークはGNUについてしばしば知ってますが、多くはGNUがなにであるかについて完全に間違った考えを持っています。たとえば、多くは、GNUが“tools”のコレクションだと考えていたり、ツールを開発するプロジェクトだと考えています。

この質問の文言は、典型的ですが、もうひとつのよくある考え違いを描き出しています。なにかを開発する「GNUの役割」について語るとき、GNUが人々のグループであることを仮定しています。GNUはオペレーティング・システムです。開発の活動あるいは何かほかの活動についてGNUプロジェクトの役割について語ることは意味がありますが、GNUの活動については意味をなさないでしょう。

システムにおけるGNUの役割をわたしは知っているのに、なぜ、どの名前をわたしが使うかが問題になるのでしょう? (#everyoneknows2)
もし、あなたの言葉があなたの知識を反映しないのであれば、あなたはほかの人に教えることができないでしょう。GNU/Linuxシステムについて聞いたことがあるほとんどの人々は、それを“Linux”だと考えていて、それがリーナス・トーバルズによって始められ、「オープンソース」を意図していたと考えています。あなたが人々にそれを言わないのであれば、誰が言うでしょうか?
“GNU/Linux”を“Linux”と短くできませんか、ちょうど“Microsoft Windows”を“Windows”とするように? (#windows)
よく使われる名前を短くすることは有用です。しかし短縮形が紛らわしくない場合です。

先進国のほとんどの人々は、“Windows”システムはマイクロソフトによって作られたことを知っています。ですから“Microsoft Windows”を“Windows”と短縮することは、システムの性質と出自について誰かを惑わせることはないでしょう。“GNU/Linux”を“Linux”と短縮することは、システムがどこから来たかについて間違った考えを与えてしまうでしょう。

この質問はそれ自体、紛らわしいものです。GNUとマイクロソフトは同じ種類のものではありませんから。マイクロソフトは会社です。GNUはオペレーティング・システムです。

GNUはLinuxに含まれるプログラミングツールのコレクションではないのですか?(#tools)
Linuxを全体のオペレーティング・システムと考える人々は、GNUについて聞いたことがある場合、GNUがなんであるかについてまったく間違った考えをしばしば持っています。GNUはプログラムのコレクションの名前、しばしば「プログラミング・ツール」だと言います。なぜなら、あるわたしたちのプログラミング・ツールはそれ自身で人気があるものになったからです。“GNU”がオペレーティングシステムの名前であるという考えは、“Linux”とラベルがつけられたオペレーティング・システムの概念のフレームワークにはなかなか適合しません。

GNUプロジェクトはGNUオペレーティング・システムから名づけられました。それは、GNUシステムを開発するプロジェクトです。(1983年の最初の声明を参照ください。)

わたしたちは、GCC、GNU Emacs、GAS、GLIBC、BASHなどのプログラムを開発しました。なぜならGNUオペレーティング・システムにはそれらが必要だったからです。GCC(GNUコンパイラ・コレクション)はGNUオペレーティング・システムをわたしたちが書くためのコンパイラです。わたしたち、GNUプロジェクトに働くたくさんの人々は、Ghostscript、GNUCash、GNU ChessそしてGNOMEもGNUシステムのために開発しました。

オペレーティングシステムとカーネルの違いはなんですか? (#osvskernel)
オペレーティング・システムとは、わたしたちがこの用語を使うとき、コンピュータを広範なさまざまな仕事に使うために十分なプログラムのコレクションを指します。一般目的のオペレーティング・システムは、完全であるために、多くの利用者がやりたいと考えるすべての仕事を扱えるべきです。

カーネルはオペレーティング・システムのプログラムの一つです。マシンのリソースを実行するプログラムに割り当てるプログラムです。カーネルはまた、ほかのプログラムの実行を開始したり、止めたりすることを取り扱います。

問題を複雑にするのは、「オペレーティング・システム」の用語を「カーネル」を意味して使う人々がいることです。この用語の使い方の両方とも何年も前に遡ります。「オペレーティング・システム」を「カーネル」を意味するものとして使うのは、80年代のシステム設計の数多くの教科書に見られます。同じく、80年代、「Unixオペレーティング・システム」はシステムのプログラム全体を含むものとして理解されていて、バークレイ版Unixはゲームでさえも含んでいました。わたしたちはGNUをUnixライクなオペレーティング・システムにすると意図していました。そして、「オペレーティング・システム」という用語を(Unixと)同じように使っています。

人々が「Linuxオペレーティング・システム」について話すほとんどの場合、「オペレーティング・システム」をわたしたちと同じ意味で使っています。つまり、プログラムのコレクション全体を意味しているのです。もし、それがあなたが意味するものならば、“GNU/Linux”と呼んでください。カーネルだけを意味する場合、“Linux”は正しい名前ですが、「カーネル」とも言ってソフトウェアのどれを意味しているか曖昧さを回避するようにしてください。

プログラムのコレクション全体を示すのに、「オペレーティング・システム」の代わりにたとえば「システム・ディストリビューション」といった、ほかの用語を用いることを好むのであれば、それは構いません。その場合、GNU/Linuxシステム・ディストリビューションについて語ることになるでしょう。

システムのカーネルは家の基礎のようなものです。家の基礎がないのに、家がほとんど完成するなんてことがあるでしょうか?(#house)
カーネルは家の基礎には似ていません。なぜならオペレーティング・システムの構築は家の構築には似ていないからです。

家はたくさんの小さな一般的部品から構築され、切断され本来あるところへと組み込まれます。下から上へと組み込まれていかなければなりません。ですから、基礎が構築されてなければ、本質的な部分は構築されることができず、地面の穴だけしかできません。

対して、オペレーティング・システムは複雑なコンポーネントからなり、どの順番でも開発することが可能です。ほとんどのコンポーネントを開発したとき、ほとんどの仕事はなされたと言えるでしょう。これは、家というよりは国際宇宙ステーションに似ています。宇宙ステーションのモジュールのほとんどが軌道に乗り、ほかの重要なモジュールを待っているとき、1992年のGNUシステムのようだと言えるでしょう。

カーネルはシステムの頭脳というべきものではないですか(#brain)
コンピュータ・システムは人体とは似ても似つきませんし、人体の頭脳のように働く部分はどこにもありません。
カーネルを書くということがオペレーティングシステムの仕事の中のほとんどではないでしょうか? (#kernelmost)
いいえ、たくさんのコンポーネント(を書くこと)が多くの仕事になります。
なにか“GNU”と呼ばれるものを得てインストールできない場合、GNUがいったいオペレーティング・システムになり得るのでしょうか? (#notinstallable)
たくさんのパッケージされてインストール可能なGNUのバージョンが利用可能です。そのどれもが単に“GNU”と呼ばれることはありませんが、それらは基本的にGNUです。

GNUシステムをインストールのためにパッケージしてリリースしようと期待していましたが、その計画はある出来事によって追い越されました: 1992年、Linuxを含むGNUの一種が、ほかの人々によって、既にパッケージされたのです。1993年に開始し、Debian GNU/Linuxと呼ばれる、より良く、より自由なGNU/Linuxディストリビューションを作る努力をわたしたちはスポンサーしました。Debianの創始者はすでにその名前を選択していたのです。わたしたちはかれにそれを単に“GNU”と呼ぶことを要請しませんでした。なぜなら、それは、GNU Hurdカーネル(まだできていなかった)のシステムの版の名前のためだったからです。

GNU Hurdカーネルは、充分に完成しませんでした。わたしたちは、それで作業するのに感心がある人々にだけそれを推奨します。ですから、わたしたちは、GNU HurdカーネルでGNUをパッケージしたことは決してありません。ですが、Debianはこの組み合わせをDebian GNU/Hurd としてパッケージしてます。

わたしたちは今、先進的なSchemeベースのパッケージマネージャGUIXを開発しています。そして、これにはGNUシステムの主要な部分を再パッケージすることが含まれます。

わたしたちは“GNU”の名の元に“GNU”をパッケージする最終ステップを踏み出していません。しかし、これがGNUはどういった種類のものかを変えることはありません。GNUはオペレーティング・システムの一つです。

わたしたちは、カーネルから全体のシステムをLinuxと呼びます。カーネルからオペレーティング・システムの名前をつけることは普通ではないですか? (#afterkernel)
その慣習はとても希少です。“Linux”の名前の間違った使い方のほかに例を見つけることができません。通常、オペレーティング・システムは単一の統合されたプロジェクトとして開発されます。そして開発者はそのシステム全体に名前を選びます。カーネルは通常、それ自身の名前を持たず、人々は「なんとかのカーネル」、あるいは「なんとかカーネル」と言うように言います。

この二つの言い方は同じように使われるので、「Linuxカーネル」という表現は「Linuxのカーネル」という意味に簡単に誤解されてしまい、あたかもLinuxがカーネル以上のものに違いないと言外の意味を表現してしまいます。この誤解の可能性を回避するためには「そのカーネルLinux」あるいは「Linux、そのカーネル」というように言ったり書いたりすることがよいでしょう。

別のシステムが“Linuxの感触”を持つことがありうるでしょうか?(#force)
“Linuxの感触”というようなものはありません。なぜなら、Linuxはユーザインタフェースをなにも持たないからです。どんなモダンなカーネルとも同じく、Linuxはプログラムを実行するための基礎です。ユーザインタフェースはシステムの別のところに属します。GNU/Linuxと人間のインタラクションは、いつでも別のプログラムを通して行われます。そして、「感触」はそこから発します。
“GNU/Linux”の問題は、長すぎることです。もっと短い名前を推奨できませんか? (#long)
いっとき、わたしたちは“GNU”と“Linux”“の組み合わせのLiGNUx”という名前を試しました。反応はとても悪いものでした。人々は“GNU/Linux”の方をより認めました。

このシステムの最短の正しい名前は“GNU”ですが、下記に示す理由により、わたしたちは“GNU/Linux”と呼びます。

“GNU/Linux”の問題は、長すぎることです。“GNU”とわざわざ言うべきでしょうか? (#long2)

“GNU”と言ったりタイプするにはたった一秒しかかかりません。わたしたちが開発したシステムに感謝するなら、わたしたちの仕事を認めるのに一秒かけてもらえないでしょうか?

Linuxは二次的な貢献なのだから、単に“GNU”と呼ぶことは間違いではないですよね?(#justgnu)
事実に対しては間違いではないでしょうが、最良の方法ではありません。わたしたちが、システムの版を単に“GNU”ではなく“GNU/Linux”と呼ぶ理由は下記のとおりです:
  • それはGNUそのものではなく違うカーネル(すなわちLinux)を有します。GNUとGNU/Linuxを区別することは有用です。
  • リーナス・トーバルズへの謝意を示すことを止めることを人々に要求するのは非紳士的でしょう。かれはシステムの重要なコンポーネントを書きました。わたしたちはシステムの開発を開始して継続させてきたことに対して謝意を示してもらいたいと考えます。しかし、システムを“Linux”と呼ぶ人々がわたしたちに対するのと同じようにわたしたちがリーナスを扱うべきであることを意味しません。わたしたちはかれの政治的見解に強く反対しますが、見解の相違を立派にかつ、公然と扱います。システムに対するかれの貢献の謝辞から外すようにするのではなく。
  • たくさんの人々がそのシステムを“Linux”として知っていますから、“GNU”とわたしたちが言ったとき、わたしたちが同じシステムについて語っているとは人々はすぐには認識できないでしょう。もし、“GNU/Linux”と言うと、人々は、聞いたことがあるものとつなげることができます。

“Linux”を製品の名前に使うのに使用料を払わなければならないかもしれません。“GNU/Linux”と言うときにもこれは適用されるかもしれません。使用料を免れるのに“Linux”なしに“GNU”と言うのは間違いですか? (#trademarkfee)
システムを“GNU”と呼ぶことは、なにも間違っていません。基本的にそれはそうしたものです。リーナス・トーバルズに謝意の共有を同様に与えることは良いことです。しかし、あなたはそうすることの優先権のために支払う義務はありません。

ですから、“Linux”と呼ぶことの使用料を支払うのを避けるために、システムを単に“GNU”として参照したい場合、わたしたちはあなたを批判しないでしょう。

たくさんのほかのプロジェクトが今日のシステムに貢献しました。TeX, X11, Apache, Perl, そしてたくさんのプログラムです。あなたの議論は、これらに対する謝意も示すべきことを意味しますか? (しかし、これは名前をとても長くしてしまい馬鹿げています。) (#many)
わたしたちが言いたいのは、システムの主要な開発者に謝意を表するべきだということです。GNUプロジェクトが主要な開発者、システムは基本的にGNUなのです。

謝意を示すことにより強く感じるのであれば、システムの名前のなかで、二次的な貢献者について示すことを必要だと感じるかもしれません。もしそうであれば、わたしたちはそれに反論するべくもありません。X11がシステムの名前に値すると感じて、GNU/X11/Linuxと呼びたいのであれば、そうしてください。Perlについてもっと主張すべきだと感じて、GNU/Linux/Perlと書きたいのであれば、そうしてください。

GNU/X11/Apache/Linux/TeX/Perl/Python/FreeCivのような長い名前は馬鹿げたものになりますから、どこかの点で、しきい値を設定し、たくさんのほかの二次的な貢献については省略せざるをえないでしょう。しきい値の設定について明確な正しい点はありませんから、どこに設定しても、わたしたちはそれに反論しません。

異なるしきい値のレベルは、システムについての名前について異なる選択を導き出すでしょう。しかし、ありうるどのしきい値のレベルでも、公正さの懸念と謝意を示す結果とならない一つの名前が、“Linux”です。主要な貢献(GNU)を省略して、ひとつの二次的な貢献(Linux)にすべての謝意を示すというのは公正とはなりえません。

たくさんのほかのプロジェクトが今日のシステムに貢献しました。しかし、かれらはそれをXYZ/Linuxと呼ぶように主張しません。なぜ、わたしたちはGNUを特別に扱うべきなのでしょうか? (#others)
今日のGNU/Linuxには何千ものプロジェクトが開発したプログラムが共通して含まれています。そのすべてがその貢献について謝意を受けるに値します。しかし、全体のシステムの主要な開発者ではありませんから、そのように謝意を受けるようには要求しません。

GNUが異なるのは、単なる貢献するプログラム以上、単なる貢献するプログラムのコレクション以上のものだということです。GNUはシステムが作られたフレームワークなのです。

GNUは近頃ではシステムの小さい割合に過ぎません。なぜ、これに触れる必要があるでしょうか?(#allsmall)
2008年において、GNUのパッケージはgNewSense GNU/Linuxディストリビューションの“main”リポジトリにおいて、15%を占めていました。Linuxは1.5%でした。ですから、同じ議論を適用すると、“Linux”と呼ぶことについて、もっと強く言えることになるでしょうか。

今日ではGNUはシステムの一部に過ぎませんし、Linuxはそれよりもさらに小さい部分です。しかし、それらはシステムの中心部分をなします。システムはそれらを組み合わせて作られるのです。ですから“GNU/Linux”の名前は、今もなお、適切です。

たくさんの会社が今日のシステムに貢献しました。それは、わたしたちがこれをGNU/Red Hat/Novell/Linuxと呼ぶべきことを意味するでしょうか? (#manycompanies)

GNUは、Red Hat やNovellと同列ではありません。それは会社や組織ではなく、活動でもありません。GNUはオペレーティング・システムです。(わたしたちがGNUプロジェクトについて話すとき、GNUシステムを開発するプロジェクトを参照しています。) GNU/LinuxシステムはGNUをもとにしたものですから、その名前にGNUがあって然るべきです。

そういった会社の多くのGNU/Linuxシステムに対する貢献は、GCCやGNOMEを含む、さまざまなGNUパッケージにのコードに対して行われています。GNU/Linuxと言うことは、そういった会社と同様にほかのGNU開発者に謝意を示すことになります。

なぜ、“GNU/Linux”と書くのでしょう、“GNU Linux”ではなくて?(#whyslash)
英語のルールにしたがうと、“GNU Linux”の構文では“GNU”が“Linux”を修飾します。これは、「GNU版Linux」あるいは「GNUパッケージのLinux」を意味するでしょう。このどちらの意味も手元の状況に適合しません。

LinuxはGNUのパッケージではありません。すなわち、それはGNUプロジェクトの保護の元開発されたものではなく、あるいはGNUプロジェクトのために特に貢献されたものでもありません。リーナス・トーバルズはLinuxを自分自身のプロジェクトとして独立して書きました。ですから、「GNUパッケージのLinux」は意味として正しくありません。

わたしたちはカーネルLinuxのGNUの固有の版について話しているのではありません。「標準」版は不自由なファームウェア「ブロブ」を含むため、自由なGNU/LinuxディストロはLinuxの別の版を有します。これがGNUプロジェクトの一部であれば、それは“GNU Linux”と考えられるでしょうが、それではあまりにも複雑ですから、わたしたちはそのように呼ぼうとはしません。

わたしたちが話しているのはGNUの版です。Linuxをカーネルとして持つことにより区別される、オペレーティング・システムです。スラッシュはこの状況に適合します。なぜなら、それは、「組み合わせ」を意味するからです。(「入力/出力」を考えてみてください。) このシステムはGNUとLinuxの組み合わせであり、“GNU/Linux”なのです。

「組み合わせ」を表現するにはほかの方法もあります。プラスの記号がより明確だと考えるならば、それを使ってください。フランス語ではハイフンで“GNU-Linux”とするのが明解でしょう。スペイン語では、わたしたちは時々“GNU con Linux”と言います。

なぜ“GNU/Linux”なんでしょう、“Linux/GNU”ではなくて? (#whyorder)
主要な貢献について第一に触れるのは正しく適切なことです。システムに対するGNUの貢献は単にLinuxよりも大きく先んじたというだけでなく、実に全体の活動をわたしたちが開始したのです。

しかしながら、あなたがシステムを“Linux/GNU”と呼びたいのであれば、通常人々が行う、GNUにまったく触れずにあたかも全体のシステムがLinuxであるかのように扱う方法よりもだいぶ良いでしょう。

わたしのディストロは“Foobar Linux”と呼ばれますが、これは本当はLinuxと見せていませんか? (#distronames)

それは“Foobar Linux”ディストロを作った人々がよくある間違いを繰り替えしたことを意味しています。わたしたちは、Debian、Dragora、Musix、Trisquel、そしてVenenuxがGNU/Linuxをその公式名称の一部として採用したことを高く評価し、もしあなたが異なるディストリビューションに関係しているならば、あなたが同じようにすることを推奨するよう希望します。

わたしのディストロの公式名称は“Foobar Linux”です。このディストロを“Linux”以外で呼ぶのは間違いではないですか? (#distronames1)

もし、かれらが“GNU”を“Foobar Linux”と変えることが許されるならば、それを“Foobar GNU/Linux”と(再度)呼び変えることも許されるでしょう。これが為すべきことです。そうしなければ、かれらの間違いと不公正を広めてしまうからです。

個々人に求めるのではなく、むしろMandrake やRed Hat、IBMなどの会社に対してそのディストリビューションを“GNU/Linux”と呼ぶように求める方がより効果的ではないでしょうか? (#companies)
これは、一方を選ぶという選択ではありません。わたしたちは会社、組織、そして個々人にこれについて言葉を触れ回る手助けをお願いしています。実際のところ、上記三つの会社に、わたしたちはお願いしています。MandrakeはGNU/Linuxの用語をいつか使いたいと言いましたが、IBMとRed Hatは協力したくないそうです。あるエグゼクティブは「これは純粋に商売上の決定です。‘Linux’と呼んだ方が多くの金を期待できます。」と言いました。別の言葉で言うと、その会社はなにが正しいかは気にしないということです。

わたしたちはかれらを正しいことを行うようにさせることはできませんが、わたしたちは、道が容易ならざるからといって、すぐにあきらめるような類の輩ではありません。IBMやRed Hatのように、あなた自身の処置は影響力が大きくないかもしれませんが、あなたはそれでも役立つことができます。わたしたちは一緒に状況を変え、会社がシステムを“GNU/Linux”と呼んでより多くの利益をあげるようにできるのです。

“GNU/Linux”の名前は純粋に自由ソフトウェアのディストリビューションのためにとっておいた方がいいのではないでしょうか? 結局、それがGNUの理想なのですから。(#reserve)
GNU/Linuxシステムに不自由なソフトウェアを加える広く行われている慣習は、わたしたちのコミュニティの重要な問題です。それは、不自由なソフトウェアは問題ではなく、それを使うことは“Linux”の精神の一部であると教えています。たくさんの“Linux”ユーザ・グループは、不自由なアドオンを使う手助けをすることをそのミッションの一部としています。そして、(不自由なソフトウェアの)販売のための営業マンを招待して販売促進活動をさせさえもします。GNU/Linuxの「利用者を手助けする」(不自由なアプリケーションやドライバを使うことを手助けすることも含めて)といった目標、あるいは、自由が失われようともシステムを人気のあるものとするといった目標を掲げています。

問題は、どのようにしてこれを変えようとするかなのです。

LinuxとともにGNUを使っているほとんどのコミュニティがシステムが何であるかを理解していないという状況で、これらは実のところGNUではないと言って、混ぜ物をした版を自分のものでないとすることは、利用者に自由により価値を置くことをなんら教えることがないでしょう。かれらは意図されたメッセージを受けとることがないでしょう。かれらは、単に、そのシステムがGNUであると最初から考えていない、と反応するだけでしょう。

こういった利用者を、自由との関連を知るように導く方法は、実に逆のものです。それらのシステムの版はGNUの版であり、利用者の自由のためにまさに存在するシステムをもとにしているのです。この理解によって、不自由なソフトウェアを含めたディストリビューションを、邪道なもの、混ぜ物をしたGNUの版と認識することができるのです。正しく適切な「Linuxの版」と考えるのではなくて。

GNU/Linuxユーザ・グループを始めることはとても役立ちます。システムをGNU/Linuxと呼び、GNUプロジェクトの理想を活動の基礎として掲げるのです。あなたの地域のLinuxユーザ・グループに上記の問題がある場合、そのグループの方向性(と名前)を変えるよう運動するか、新しいグループを作ることをわたしたちは提案します。より表層的な目標に焦点を当てる人々は、その見解に関して権利を有しますが、かれらがあなたを引きずるようにさせないで!

Linux(ママ)のGNUディストリビューションを作ってGNU/Linuxと呼べばいいじゃないですか?(#gnudist)
すべての“Linux”ディストリビューションは実際、Linuxをカーネルとして用いるGNUシステムの版です。“GNU/Linux”という用語の目的はこの点を論じるためのものです。新しいディストリビューションを作って、これだけを“GNU/Linux”と呼ぶことはこのわたしたちが明確にしたい点を不明瞭にします。

GNU/Linuxのディストリビューションを開発することについて言えば、Debian GNU/Linuxの初期の開発に資金を投入し、わたしたちは既に一度実施しています。今、再度することは、あまり有用と思えません。それはたくさんの仕事で、新しいディストリビューションが、ほかのディストリビューションよりも本質的な実際の優位性がない限り、どの目的にも適合しないでしょう。

代わりに、わたしたちはgNewSenseやUtutoのような100%自由なGNU/Linuxディストリビューションの開発を手助けしています。

単に「LinuxはGNUカーネルだ」と言ってすでにあるどれかのGNU/Linuxを“GNU”の名前でリリースしては?(#linuxgnu)
1992年の時点でLinuxをGNUカーネルとして採用するのは良い考えであったかもしれません。もし、GNU Hurdが動かすまでどれくらいの時間がかかるかをその時に分かっていたら、わたしたちはそうしたでしょう。(ああ、これはあと知恵です。)

もし、すでに存在するGNU/Linuxの版を“GNU”として再ラベルするのであれば、それは、GNUシステムの版を“Linux”とラベルすることに似たこととなってしまいます。これは正しいことではありませんから、そのように行動することはしたくありません。

GNUプロジェクトは、初期にLinuxの利用について不適だとして反対していたのではないですか? (#condemn)
わたしたちは、わたしたちのカーネルとしてLinuxを採用しませんでした。しかし、わたしたちはそれを非難し、反対することはありませんでした。1993年にDebian GNU/Linuxの開発を後援する打ち合わせを、わたしたちは始めました。Linuxとともに使うためにあるGNUパッケージを変更していた人々と協力するよう努めもしました。Linuxとの組み合わせでGNUパッケージが「箱から出してすぐに」動くように、かれらの変更を標準リリースに取り込みたかったのです。しかし、変更はしばしばアドホックで移植性が良くないものでした。取り込むためには、それらは整理する必要がありました。

こういった変更を行った人々は、わたしたちと協力することについて関心を持ちませんでした。そのうちのひとりは、かれは「Linuxユーザ」なので、GNUプロジェクトと仕事をすることに感心がないと実際言いました。これはショックでした。GNUパッケージをほかのシステムに移植した人々は通常、かれらの変更が取り込まれるようにわたしたちと仕事をしたいと考えたからです。しかしながら、そうした人々、主にGNUをもととしたシステムを開発していた人々は、わたしたちと仕事をしたくないという最初の(で、現在も実際には唯一の)グループでした。

これが、わたしたちが最初に、GNUシステムの版を“Linux”と人々が呼ぶのを見た経験です。そしてこの混乱はわたしたちの仕事を妨害するものでした。システムを“GNU/Linux”と呼ぶようにお願いするのは、この問題と、“Linux”という誤称によって引き起こされるほかの問題へのわたしたちの対応です。

人々にGNU/Linuxの名前を使うように求めるのにそんなにも長く待ったのはなぜですか?(#wait)

実際はわたしたちはそうしてません。わたしたちは開発者とディストリビュータに1994年にプライベートにこの話を始めました。そして、1996年に公開のキャンペーンとしました。それが必要な限りわたしたちは続けます。

GNU/[name]の慣例はGPLのすべてのプログラムに適用されるべきですか?(#allgpled)
“GNU/name”の形で個々のプログラムを参照することは決してありません。あるプログラムがGNUパッケージの時、わたしたちはそれを“GNU name”と呼びます。

GNU、オペレーティング・システム、はたくさんの異なるプログラムから構成されます。GNUのうちのプログラムのいくつかは、GNUプロジェクトの一部として書かれたり、プロジェクトへの貢献されたものです。これらはGNUパッケージで、“GNU”をしばしばその名前に用います。

GNUプロジェクトに貢献し、GNUパッケージにしたいと決定するのはプログラムの開発者です。あなたがプログラムを開発し、GNUパッケージとしたいのであれば、<gnu@gnu.org>まで連絡ください。わたしたちはそれを評価し、わたしたちにとって必要かどうか決定します。

GPLのもとリリースされる個々のプログラムのすべてにGNUの名前をつけることは公正とは言えないでしょう。あなたがプログラムを書いてGPLのもとリリースする場合、それは、GNUプロジェクトがそのプログラムを書いたり、あなたがわたしたちのために書いたことを意味しません。たとえば、カーネルLinuxはGNU GPLのもとリリースされていますが、リーナスはGNUプロジェクトの一部としてそれを書いたわけではありません。かれはその仕事を独立して実行しました。GNUパッケージでないならば、GNUプロジェクトはその謝意を受けることはできませんし、“GNU”をその名前につけることは適切ではないでしょう。

対して、わたしたちは、それぞれのプログラム、システムに含まれるすべてのプログラムとしてではなく、GNUオペレーティング・システム全体として、全体の謝意を受ける資格があります。このシステムがシステムとして存在するのは、わたしたちの決意と根気ゆえなのです。それは1984年に開始されました。Linuxが始まる何年も前です。

Linuxが人気を得ることになったオペレーティング・システムは、基本的にGNUオペレーティング・システムでした。それはカーネルが異なるので完全に同一ではありませんが、ほとんど同一のシステムでした。それはGNUの一種です。GNU/Linuxシステムでした。

Linuxはそのシステムの派生に主に用いられ続けています。今日のGNU/Linuxシステムの版にです。これらのシステムにアイデンティティを与えるのは、その中心であるGNUとLinuxであり、Linuxそれだけではないのです。

GNUの多くはUnix から来ているのですから、GNUはUnixに謝意を表して名前に“Unix”を使うべきではないですか?(#unix)
実のところ、UnixからはなにもGNUに来ていません。Unixはプロプライエタリなソフトウェアでした(現在もそうです)し、GNUにそのコードを使うことは侵害だったでしょう。これは偶然ではありません。これがわたしたちがGNUを開発した理由だったからです。Unixを使用する自由がなかったので、あるいは当時のどのほかのオペレーティング・システムにも自由がなかったので、わたしたちはそれを置き換える自由なシステムを必要としたのです。わたしたちはUnixからプログラムもしくはその一部でさえもコピーすることはできませんでした。すべては新規に書き直されなければならなかったのです。

GNUのコードはまったくUnixからは来ていませんが、GNUはUnix互換のシステムです。ですからGNUのアイデアと仕様の多くはUnixから来ています。“GNU”の名前、「GNUはUnixではない(“GNU's Not Unix”)」は、このUnixへの謝意を示すおもしろい方法で、70年代に始まった再帰頭辞語のハッカーの伝統にしたがっています。

そうした再帰頭辞語の最初は、TINT (“TINT Is Not TECO”)でした。TINTの作者は、TECOの別の実装を書き(既に様々なシステムに多くの実装がありました)、「なにかほかのTECO」というようなつまらない名前で呼ぶのではなく、かっこいいおもしろい名前を考えたのです。(これがハッキングが意味するところ、すなわち、おちゃめな機巧です。)

ほかのハッカーがその名前をとても楽しみ、この方法を真似しました。すでに存在するプログラム(たとえばその名前を“Klever”としましょう)と同じようなプログラムを一から書いたとき、再帰頭辞語をその名前とする、たとえば“MINK”(“MINK Is Not Klever”)とするのが、伝統となりました。これと同様の精神で、わたしたちはUnixのわたしたちの代替を“GNU's Not Unix”と呼んだのです。

歴史的に、Unixを開発したAT&Tは、同様なシステムの名前に“Unix”を使って謝意を示すことを誰にも欲しませんでした。Unixから99%コピーされたシステムにもです。AT&Tは、実際、AT&Tへの謝意をこの方法で示す人は誰でも訴えると脅しました。すべてのさまざまなUnixの変更版(Unixと同様、すべてプロプライエタリです)が完全に異なった名前で“Unix”を含まないのはこのためです。

同じく“GNU/BSD”と言うべきですか? (#bsd)
わたしたちはBSDシステム(FreeBSD、そのほか)を“GNU/BSD”システムとは呼びません。なぜなら、その用語はBSDシステムの歴史に適合しないからです。

BSDシステムはUCバークレイで80年代に不自由なソフトウェアとして開発されました。そして90年代初め自由になりました。自由なオペレーティングシステムとして今日存在するものは、ほとんどの場合、GNUシステムの一種か、BSDシステムの一種のどちらかです。

人々は時々、BSDもGNU/LinuxのようにGNUの一種ですかと質問します。BSDはGNUではありません。BSDの開発者は、GNUプロジェクトの例により、コードを自由ソフトウェアとすることに啓発されたでしょう。また、GNU活動家からの明確なアピールが、かれらが(システムを自由ソフトウェアとすることを)始めるべく説得するのに役立ったでしょう。しかし、コードはGNUと重なるところはほとんどありません。

今日のBSDシステムはいくつかのGNUパッケージを含みます。GNUシステムとその種が、いくつかのBSDプログラムを含むのと同じようにです。しかし、全体として見ると、それらは二つの異なるシステムで別々に発達してきたものです。BSD開発者はカーネルを書いてGNUシステムに加えたのではありませんから、GNU/BSDといった名前は状況に適さないでしょう。

GNU/LinuxとGNUのつながりはもっと近く、これが“GNU/Linux”の名前が適切である理由です。

NetBSDからのカーネルを利用したGNUの版があります。その開発者は、それを“Debian GNU/NetBSD”と呼んでいますが、“GNU/kernelofNetBSD”のほうがより正確でしょう。なぜなら、NetBSDは全体のシステムで、カーネルだけではないからです。ほとんどのシステムがGNU/Linuxと同じですから、これはBSDシステムではありません。

ウィンドウズにGNUツールをインストールする場合、GNU/Windowsシステムを走らしていることになりますか?(#othersys)
“GNU/Linux”で意味するところと同じ意味ではありません。GNUのツールは単にGNUソフトウェアの一部で、GNUシステムの一部に過ぎません。そして、その下には、GNUとなんらコードを共有しないもう一つ別の完全なオペレーティング・システムがあるのです。全体から見て、GNU/Linuxとはまったく異なった状況です。
LinuxはGNUなしで使えないのですか? (#justlinux)
ある応用機器には、Linuxはそれ自身で、あるいはほかの小さいプログラムと一緒に使えます。そういった小さいソフトウェアシステムは、GNU/Linuxシステムと呼ぶには程遠いものです。利用者はそういったシステムをPCにはインストールしませんし、たとえば、インストールしても失望するようなものでしょう。そういう応用機器がLinuxだけを走らせていると言って、GNU/Linuxとそういう小さいプラットフォームがどのように異なるかを示すことは有用でしょう。
GNUなしの完全なLinuxシステム[ママ]はありますか? (#linuxsyswithoutgnu)
Linuxを含みGNUではない完全なシステムはあります。アンドロイドが一つの例です。しかし、これを“Linux”システムと呼ぶことは間違いで、ちょうどGNUを“Linux”システムと呼ぶのと同じ間違いです。

アンドロイドはGNU/Linuxシステムととても異なります。二つの間には共通のコードは少ししかありません。実際、共通にあるのはLinuxだけです。

全体のGNU/Linuxシステムを“Linux”と呼ぶ場合、「アンドロイドはLinuxを含むがLinuxではない、なぜなら通常のLinux[ママ]のライブラリとユーティリティ(GNUシステムを意味する)を有しないからだ」と言う必要があることを発見するでしょう。

アンドロイドは、GNU/Linuxがそうであるように、Linuxよりもたくさんのものを含みます。ないのはGNUシステムです。アンドロイドはそれをだいぶ異なるように動くGoogleのソフトウェアで代替します。アンドロイドをGNU/Linuxと変えているのはGNUの欠如ゆえです。

どっちにしろシステムを“Linux”と呼んで、わたしたちのコミュニティのためにリーナス・トーバルズの広告塔としての役割を強化すれば良いのでは?(#helplinus)
リーナス・トーバルズはかれの目標の「広告塔」(ほかの人々の言い方でわたしたち自身の選択ではありません)であり、わたしたちの目標のそれではありません。かれの目標はシステムをより人気のあるものとすることで、社会に対するその価値は単に実際的な優位性(パワー、信頼性、容易な入手性)にあると考えています。かれが協力する自由を倫理的な原則として擁護したことは一度としてありません。これが、公衆が“Linux”の名前をその原則と結びつけることがない理由です。

リーナスは自由ソフトウェア運動の理想について公式にかれの見解の相違を表明しています。かれは不自由なソフトウェアを仕事として何年も開発し(“Linux”Worldショーで多くの聴衆に向かってそう言いました)、かれとともに仕事をするために不自由なソフトウェアを使うようにLinuxカーネルの仲間の開発者を公式に招きました。かれはもっと先に行って、技術者と科学者は技術的な仕事の社会的な結果について考慮すべきだという人々を非難しました。原子爆弾の開発から社会が学んだ教訓を拒否したわけです。

自由なプログラムを、学ぶためや楽しみのためを動機として書くことは、なにも間違っていません。そういった理由のためにリーナスの書いたカーネルは、わたしたちのコミュニティへの重要な貢献でした。しかし、こういった動機は完全に自由なシステムであるGNU/Linuxが存在する理由ではなく、将来に渡ってわたしたちの自由を保証してくれるものではありません。リーナスはかれ自身の見解を啓発する権利があるでしょう、しかし、人々は問題のオペレーティング・システムが自由の理想に由来するものであり、かれの見解に由来するものではないと知るべきです。

リーナス・トーバルズの仕事をGNUとしてラベルを張ることは間違いではないですか? (#claimlinux)
それはまちがいでしょう。ですからわたしたちはそうしていません。トーバルズの仕事はカーネルLinuxで、その仕事をGNUプロジェクトのものだとしたり、“GNU”としてラベルをはったりしないよう、わたしたちは注意しています。わたしたちが全体のシステムを語るとき、“GNU/Linux”の名前は、謝意をかれと共有するのです。
リーナス・トーバルズはLinuxが単にカーネルだということに同意していますか?(#linusagreed)

彼は最初からこれを認識していました。もっとも古いLinuxのリリースノートでこう言っています: 「linuxと一緒につかうほとんどのツールはGNUソフトウェアで、GNUコピーレフトの元です。これらのツールは配布には入っていませんので、より多くの情報は僕(あるいはGNU)に頼んでください。」

GNU Hurdカーネルを完成させてGNUシステムを全体としてリリースし、GNU/Linuxと呼ぶのはなにかの問題を忘れませんか? (#finishhurd)
どのカーネルが使われているにしろ、GNUオペレーティング・システムに対するシャイを示したいと考えます。

GNU HurdをLinuxと競争するに足るに充分に良くすることは大きな仕事で、明確に必要というわけではありません。カーネルとしてのLinuxで倫理上間違っているたった一つのことは、ファームウェア「ブロブ」の同梱だけであり、この問題に対する最適の修正は、そのブロブの自由な代替を開発することです。

この戦いはすでに負けです。社会はすでにそれを決定していてわたしたちはそれを変えることはできません。なのに、なぜさらにそれを考えるのですか? (#lost)
これは戦いではありません。教育の運動です。このシステムをどのように呼ぶかは「社会」がある時期に行う単一の決定ではなく、それぞれの人、それぞれの組織がどの名前を使うか決定できるのです。あなたはほかの人が“GNU/Linux”と言わせることはできないかもしれませんが、あなたは“GNU/Linux”とこのシステムを呼ぶことを自分自身で決定できます。そしてそうすることは、ほかの人々を教育する手助けとなるのです。
社会はすでにそれを決定していてわたしたちはそれを変えることはできません。“GNU/Linux”と言ってなにかいいことあるのでしょうか?(#whatgood)
これは、すべてか無かの状況ではありません。様々な人々によって多かれ少なかれ正しい絵や間違った絵が流布されています。システムを“GNU/Linux”と呼べば、システムの本当の歴史と由来と存在する理由について人々が学ぶ手助けをできるでしょう。あなた自身がすべての誤った呼び方を訂正することはできないでしょうし、わたしたちができることにも限界があります。しかし、あなたは手伝うことができるのです。数百人の人があなたが“GNU/Linux”という用語を使うのを見るだけでも、ほんのちょっとの努力で実にたくさんの人々を教育することができるのです。そのうちの何人かはほかの人々に訂正を広めるでしょう。
システムを“Linux”と呼び、人々にはその本当の出自を10分の説明で教える方が良いのではないでしょうか? (#explain)
あなたがほかの人にその方法で説明することによってわたしたちを手伝うならば、わたしたちはあなたの努力に感謝しますが、それは最善の方法ではありません。このシステムを“GNU/Linux”と呼ぶことと同じようには効果的ではなく、あなたの時間を不効率に費やしてしまうでしょう。

それはなかなか人々の意識に入っていかないので、効果的ではなく、確実に伝搬しないでしょう。あなたの説明を聞いた人々の何人かは注意を引かれ、システムの由来について正しい絵を学ぶでしょう。しかし、システムについてかれらが語るときにいつでもほかの人にその説明を繰り返すことは期待できません。単に“Linux”と呼ぶかもしれません。特に意図がない限り、かれらは間違った絵を広める手助けをしてしまうでしょう。

たくさんの時間を費やすのでそれは不効率です。“GNU/Linux”と言ったり書いたりするのは一日に数秒で、数分ではありません。ですから、もっとたくさんの人々にこのやり方で到達することができます。あなたが書いたり、話したりするときに、LinuxとGNU/Linuxの区別をすることは、GNUプロジェクトを効果的に手助けするもっとも簡単な方法です。

GNU/Linuxとシステムを呼ぶようにとあなたが要求するとき、ある人々はあなたを笑います。あなたがこのような扱いを受けるのはなぜでしょうか? (#treatment)
このシステムを“Linux”と呼ぶことは、人々にこのシステムの歴史と存在理由に関して間違った絵を与えてしまいがちです。わたしたちの要請を笑う人々はおそらく間違った絵を取り上げているのです。かれらはわたしたちの仕事がリーナスによって実現されたと考え、それにわたしたちが謝辞を要求するとき笑うのです。真実を知れば、おそらく笑わないでしょう。

なぜ、人々がわたしたちを笑いものにするような結果に時々導くようなお願いをするリスクをわたしたちは取るのでしょうか? それはGNUプロジェクトを助ける有用な結果をしばしばもたらすからです。わたしたちは、わたしたちの目標を達成するために不当な扱いのリスクを享受します。

皮肉にも不公正な状況が起こっているのを見た場合、だまって座っていないでください。お願いがなぜ正当とされるのかを人々が知るとき、見識のある人々は笑うのを止めるでしょう。

あなたがシステムをGNU/Linuxと呼ぶよう要求するとき、ある人々はあなたを非難します。かれらと仲違いしては損失ではないですか? (#alienate)
そんなに多くの損失ではないでしょう。システムの開発におけるわたしたちの役割を評価しない人々が、わたしたちを手助けする重要な努力をするのはありそうにないことです。もし、かれらが、わたしたちの目標を先に勧める仕事、自由ソフトウェアをリリースするなど、をするならば、おそらくほかの関係しない理由からで、わたしたちがかれらにお願いしたからではないでしょう。その間、わたしたちの仕事をほかの誰かに帰するものだとほかの人々に教えることで、わたしたちのほかの人々の助力を要請する能力をかれらは削り取っているのです。

すでにほとんど非協力的な人々を遠ざけることについて心配することはありません。それを続ける人々に対してわたしたちが怒らず、大きな問題を訂正するのを阻止されるままでいるのは自滅です。ですから、わたしたちは誤称を訂正するよう続けるのです。

なににあなたが貢献したにしろ、オペレーティング・システムを改名することは正当でしょうか?(#rename)
わたしたちはなにも改名していません。わたしたちは、1983に発表以来、このシステムをずっと“GNU”と呼んで来ました。このシステムを“Linux”と改名しようとした人々は、そうするべきではなかったのです。
システムを“GNU/Linux”と呼ぶように人々に強制することは間違いではないでしょうか?(#force)
強制することは間違っているでしょうし、わたしたちはそうしようとはしません。わたしたちはシステムを“GNU/Linux”と呼び、あなたもそうしましょうとお願いします。
“Linux”と全体のシステムを呼ぶ人々を訴えてはどうでしょう? (#whynotsue)
そういった人々を訴える法律上の要因は何もありませんが、わたしたちは言論の自由を信じていますので、いずれにしろ訴えようとは思いません。それが正しいことなので、わたしたちは人々にシステムを“GNU/Linux”と呼ぶようにお願いします。
GNU GPLになにかを入れて、人々がシステムを“GNU”と呼ぶように要求するべきではないですか?(#require)
GNU GPLの目的は、自由ソフトウェアからプロプライエタリな版を作ろうとする人々から、利用者の自由を守ることです。システムを“Linux”と呼ぶ人々は、しばしば利用者の自由を制限するようなこと、不自由なソフトウェアをGNU/Linuxシステムにバンドルしたりあるいは(GNU/Linuxのための)不自由なソフトウェアを開発したりする、それは事実ですが、単にシステムを“Linux”と呼ぶこと、それ自身は、利用者の自由を否定するものではありません。GPLがそのシステムのために人々が使える名前を制限することは適切とは言い難いと思われます。
カリフォルニア大学への謝意を示す宣伝の要求があるオリジナルのBSDライセンスに、あなたは反対したのですから、GNUプロジェクトへの謝意を要求するのは偽善ではないでしょうか? (#BSDlicense)
GNU/Linuxの名前をライセンスの要求とすることは偽善でしょう。わたしたちはそうしていません。わたしたちは、わたしたちが受けるべき謝意を示すことをお願いしているだけです。

少なくとも二つの異なるBSDライセンスがあることに注意してください。明確にするために、どちらであるか指定せずに「BSDライセンス」という用語を使わないでください。

GNU GPLに人々にシステムを“GNU”と呼ぶようにと要求するなにかを入れることに失敗したのだから、起こったことを受け止めましょう。今、なぜ文句を言うのでしょうか?(#deserve)
この質問は、むしろ議論を呼ぶ一般的な倫理的論拠を前提としています。公正に扱うように人々があなたを強制しないならば、あなたはやりたいように人々を利用してよい、という考えです。別の言葉で言うと、それが正しいことになる、と仮定しています。

わたしたちがそうするようにあなたもその論拠に反対することを望みます。

こんなにも多くの人が信じていることを否定しないほうがよくないでしょうか?(#contradict)
たくさんの人が誤解しているからといって、わたしたちも一緒にそうするべきだとわたしたちは考えません。あなたも真実が重要だと決定するよう、わたしたちは望みます。

ほとんどの人が持っていた、プロプライエタリなソフトウェアは正当で容認できるという確信を、まず否定することなしには、わたしたちは自由のオペレーティング・システムを開発することができなかったでしょう。

多くの人がそれを“Linux”と言っています。それによって正しいということになりませんか? (#somanyright)
間違いの人口がそれを真実にする、というようにわたしたちは考えません。
ほとんどのユーザが既に知っている名前でそのシステムを呼ぶ方が良くないですか? (#somanyright)
ユーザは学習できないのではありません。“GNU/Linux”は“Linux”を含んでいますから、あなたの言っているところをユーザは認識するでしょう。時々、「(しばしば、誤って‘Linux’と参照されます)」と加えれば、ユーザはすべて理解するでしょう。
多くの人は、どれが便利か、あるいは、誰が勝っているかについては関心がありますが、正否の議論には関心がありません。別の方法でかれらの支持を得ようとは思いませんか?(#winning)
なにが便利で誰が勝っているかだけに関心を払うのは、人生において道徳を鑑みないやり方でしょう。不自由なソフトウェアはそのような道徳を鑑みないやり方の一例であり、それによって栄えました。ですから、長期的に考えると、そのやり方を採用するのはわたしたちにとっては自滅の道でしょう。わたしたちは、正否の観点で論議を続けます。

わたしたちは、あなたが正否を問題とする人であることを希望します。

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る