English [en]   català [ca]   Česky [cs]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   polski [pl]   português do Brasil [pt-br]   русский [ru]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

さまざまなライセンスとそれらについての解説

もくじ

はじめに

わたしたちは、ライセンスをいくつかの重要なポイントによって分類します。

よく出くわす自由ソフトウェアライセンスをほとんどこのページに挙げられるよう努力しますが、すべてを挙げることはできません。わたしたちはできるだけ、自由ソフトウェアライセンスがここに挙げられているかどうか、質問に答えるよう努力します。それぞれのセクションにおいて多かれ少なかれアルファベット順で並んでいます。

なお、わたしたちFSFのライセンスのどれかに違反する事例を発見したと思われる場合には、ぜひライセンス違反のページを参照ください。

新しいプロジェクトを開始してどのライセンスを使うかはっきりしない場合、「あなたの作品にどのようにしてライセンス選択するか」が、容易に学べるガイドとして、わたしたちの推奨を詳細に説明しています。

自由ソフトウェアライセンスについて質問がある場合、<licensing@fsf.org>まで、メールしてください。わたしたちのリソースは限られているので、プロプライエタリソフトウェアの開発や配布に関して助けとなるような質問には答えません。また、ここやわたしたちのFAQでまだ扱われていない特定の質問をする方が早く回答を得られるでしょう。わたしたちは、ライセンシングの質問に回答する手助けをしてくれる、知識の豊富なボランティアを歓迎します。

もし、新しいライセンスを書くつもりならば、ぜひ、<licensing@fsf.org>宛に、わたしたちまで一報ください。異なる自由ソフトウェアライセンスの氾濫は、自由ソフトウェアのコミュニティにとって重大な問題で、ユーザおよび開発者の両方の問題です。わたしたちはできるだけのことして、あなたの必要を満たす既存の自由ソフトウェアライセンスを探す支援をするでしょう。

ある特定のソフトウェアパッケージが使っているライセンスが何であるか疑問であれば、自由ソフトウェア・ディレクトリをご覧ください。自由ソフトウェア・ディレクトリは6000以上の自由ソフトウェアパッケージとそのライセンシング情報を扱っています。

ソフトウェアのライセンス

GPLと両立する自由ソフトウェアライセンス (#GPLCompatibleLicenses)

以下に挙げるのは、自由ソフトウェアのライセンスと認められ、GNU GPLと両立するライセンスです。

GNU一般公衆ライセンス (GPL) バージョン3 (#GNUGPL) (#GNUGPLv3)

これは最新バージョンのGNU GPLです。これは自由ソフトウェアライセンスであり、コピーレフトのライセンスです。わたしたちは、ほとんどのソフトウェアパッケージにはこのライセンスを推奨しています。

GPLv3は、それ自身、GPLv2とは両立しないことに注意してください。それでも、GPLv2でリリースされているほとんどのソフトウェアは、以降のバージョンのGPLの条項を使うこともまた許しています。この場合、望みの組み合わせを作成するために、そのコードをGPLv3で使うことができます。GNUライセンス間の両立性の問題についてもっと知るには、わたしたちのFAQをご覧ください

GNU一般公衆ライセンス (GPL) バージョン2 (#GPLv2)

これは以前のバージョンのGNU GPLです。これは自由ソフトウェアライセンスであり、コピーレフトのライセンスです。わたしたちは、最新バージョンをほとんどのソフトウェアに推奨しています。

GPLv2は、それ自身では、GPLv3とは両立しないことに注意してください。それでも、GPLv2でリリースされているほとんどのソフトウェアは、以降のバージョンのGPLの条項を使うこともまた許しています。この場合、望みの組み合わせを作成するために、そのコードをGPLv3で使うことができます。GNUライセンス間の両立性の問題についてもっと知るには、わたしたちのFAQをご覧ください

GNU劣等一般公衆ライセンス (LGPL) バージョン3 (#LGPL) (#LGPLv3)

これは最新バージョンのLGPLです。自由ソフトウェアライセンスですが、強力なコピーレフトのライセンスではありません。それは、不自由なモジュールとのリンクを許可しているからです。GPLv3と両立します。わたしたちは、これを特殊な状況でのみ推奨します。

LGPLv3は、それ自身、GPLv2とは両立しないことに注意してください。それでも、GPLv2でリリースされているほとんどのソフトウェアは、以降のバージョンのGPLの条項を使うこともまた許しています。この場合、望みの組み合わせを作成するために、そのコードをGPLv3で使うことができます。GNUライセンス間の両立性の問題についてもっと知るには、わたしたちのFAQをご覧ください

GNU劣等一般公衆ライセンス (LGPL) バージョン2.1 (#LGPLv2.1)

これは以前のバージョンのLGPLです。自由ソフトウェアライセンスですが、強力なコピーレフトのライセンスではありません。それは、不自由なモジュールとのリンクを許可しているからです。このライセンスは、GPLv2とGPLv3と両立します。わたしたちは一般に最新バージョンのLGPLを、特殊な状況でのみ推奨します。LGPLv2.1がほかのGNUライセンスとどのように両立するかについてもっと知るには、わたしたちのFAQをご覧ください

GNUアフェロ一般公衆ライセンス (AGPL) バージョン3 (#AGPL) (#AGPLv3.0)

これは自由ソフトウェアのコピーレフトのライセンスです。その条項は実効的にGPLv3の条項からなり、第13節に追加のパラグラフが加えられ、ライセンスされたソフトウェアとネットワークを通じてやりとりするユーザがそのプログラムのソースを受け取ることを認めます。ネットワークを通じて通常実行されるどのソフトウェアに対しても、GNU AGPLを使うことを検討するよう、わたしたちは開発者に推奨します。

GNU AGPLは、GPLv2とは両立しないことに注意してください。また、厳しく言うと、技術的にGPLv3とも両立しません。GNU AGPLでリリースされたコードを取り出して、GPLv3の条項で運搬もしくは改変することはできませんし、その逆(GPLv3 のコードをAGPLで)もできません。しかし、ある単一のプロジェクトで、この両方のライセンスでリリースされた別個のモジュールやソースファイルを組み合わせることは認められています。それは、多くの開発者がプログラムを作成するために必要なすべての許可を与えるでしょう。詳しくは、両方のライセンスの第13節をご覧ください。

GNU全面的に寛容なライセンス (#GNUAllPermissive)

これはゆるい寛容な自由ソフトウェアライセンスであり、GNU GPLと両立します。わたしたちは、このライセンスをGNUパッケージがREADMEやほかの小さいサポート・ファイルに使うことを推奨します。すべての開発者は、同様の状況で憂慮をせずにこのライセンスを使えます。

古いバージョンのこのライセンスは第二の文章に明示的な保証の否認がありませんでした。両方のバージョンにこの同様の分析が適用できます。

Apache ソフトウェアライセンス、バージョン 2.0 (#apache2)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、GPL バージョン3と両立します。

このライセンスはGPLバージョン2と両立しないことに注意してください。なぜなら、これは、そのGPLのバージョンにはない要求を有するからです。それらには、ある特許の終了と保障の規程を含みます。特許の終了の規程は良いもので、これがわたしたちがApache 2.0ライセンスを、ほかのゆるい寛容なライセンスよりも実のあるプログラムに使うことを推奨する理由です。

Artisticライセンス2.0 (#ArtisticLicense2)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、第4(c)(ii)項の再ライセンスのオプションによってGPLとは両立するようになっています。

明瞭化されたArtisticライセンス

このライセンスは自由ソフトウェアライセンスであり、GPLと両立します。これは、Artisticライセンス1.0の曖昧さを修正するのに必要な最小限の改変を行ったものです。

Berkeley Databaseライセンス (別名Sleepycatソフトウェア製品ライセンス) (#BerkeleyDB)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、GNU GPLと両立します。

Boostソフトウェアライセンス (#boost)

これは、ゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。

修正BSDライセンス (#ModifiedBSD)

これはオリジナルのBSDライセンスに宣伝条項を削除するという修正が加えられています。ゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスであり、GNU GPLと両立します。

このライセンスは、時に3項BSDライセンスと呼ばれます。

ゆるい寛容なライセンスを使いたいならば、修正BSDライセンスは悪くはありません。Apache 2.0ライセンスの方が望ましいですが。しかし、ちいさいプログラムのような特別の場合にでさえ「BSDライセンス」の使用を推奨するのは危険が伴います。欠陥のあるオリジナルのBSDライセンスとの混同が生じやすく、その利用につながりやすいからです。この危険を避けるために、代わりに「X11ライセンス」の使用を提案することができます。X11ライセンスとこの修正BSDライセンスは多かれ少なかれ同等です。

しかし、実のあるプログラムに対しては、Apache 2.0ライセンスの方が良いでしょう。それは特許による裏切りを妨げるからです。

CC0 (#CC0)

CC0はクリエイティブ・コモンズのパブリック・ドメインの献呈です。CC0でリリースされた作品は、法律で認められる可能な限り最大限のパブリック・ドメインの献呈です。なにかの理由でこれができない場合、CC0はゆるい寛容なライセンスも予備として容易しています。パブリック・ドメインの作品とCC0によるゆるいライセンスは両方ともGNU GPLと両立します。

あなたの作品をパブリック・ドメインとしてリリースしたい場合、わたしたちはCC0を使うことを推奨します。

CeCILLバージョン2 (#CeCILL)

CeCILLは自由ソフトウェアライセンスであり、明示的にGNU GPLと両立します。

CeCILLの文章は、避けるべき偏向した用語をいくつも使っています: 「知的財産」「保護」。この判断は不幸です。なぜならこのライセンスを読むことはこれらの用語の仮定を広めがちだからです。しかし、CeCILLでリリースされたプログラムにある特定の問題を生じることはありません。

CeCILLの第9.4節は、だれかが特許でそのプログラムを攻撃した場合、プログラムの開発者にユーザとが、ある種の協力体制を作ることを約束させています。その開発者にとって問題だと思うかもしれませんが、どちらにせよそのような形でユーザと協力したいと確実ならば、これは問題ではありません。

明瞭BSDライセンス (#clearbsd)

これは自由ソフトウェアライセンスで、GPLv2とGPLv3の両方と両立します。修正BSDライセンスをベースとして、いかなる特許のライセンスも与えないことを明確に述べる条項を加えています。このため、わたしたちはこのライセンスのソフトウェアを使うことについて注意するよう促します。ライセンサが特許侵害であなたを訴えようとすることがないかまず考えるべきです。その開発者が罠を仕掛けるためにユーザへの特許ライセンスを拒絶する場合、そのプログラムを避ける方が賢明でしょう。

Cryptix一般ライセンス (#CryptixGeneralLicense)

これは、ゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。X11 ライセンスと非常に良く似ています。

LaTeXのためのec fontsのライセンス (#ecfonts)

このライセンスはLaTeXで普通に使われるEuropean Computer Modern FontとText Companion Fontをカバーします。どのように使われるかによって、自由かそうでないかあり得ます。パッケージで、パッケージのあるフォントが改変できないと述べられている場合、そのパッケージは不自由です。そうでなければ自由です。オリジナルのフォントは改変の制限はないので、それらは自由です。

LaTeX プロジェクト・パブリック・ライセンス1.2とだいたい同じように、このライセンスは作品の改変バージョンに以前のバージョンと異なる名前を使うことを要求します。この要求は、作品をLaTeXで使うことを意味する場合、受け入れられるものです。なぜならば、TeXはプログラムのファイル名のマッピングを作ることを許すからです。しかし、そのほかの文脈では、とても迷惑で、大いに苦痛となり得ます。

eCosライセンス バージョン2.0 (#eCos2.0)

eCosライセンス バージョン2.0はGPLと両立する自由ソフトウェアライセンスです。このライセンスはGPLと、GPLでないソフトウェアとのリンクを許可する例外とで構成されています。このライセンスには、LGPLと同様の損失があります。

教育コミュニティ・ライセンス2.0 (#ECL2.0)

これは自由ソフトウェアライセンスでGPLv3と両立します。Apacheライセンス2.0をもとにしています。特許ライセンスの範囲が変更され、組織の被雇用者があるプロジェクトに参加して仕事をしたとき、その組織がそのすべての特許を受け取り手にライセンスする必要がないようになっています。第9節のこの特許ライセンスと免責の条項はこのライセンスとGPLv2を両立しないものとしています。

Eiffel フォーラムライセンス、バージョン2 (#Eiffel)

このライセンスは自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。以前のリリースのEiffelライセンスはGPLと両立しません。

EU DataGrid ソフトウェア・ライセンス (#EUDataGrid)

これは、ゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。

Expatライセンス (#Expat)

これは、ゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。このライセンスは曖昧にMITライセンスと呼ばれることがあります。

実のあるプログラムに対しては、Apache 2.0ライセンスを使う方がよいでしょう。それは特許による裏切りをブロックするからです。

FreeBSDライセンス (#FreeBSD)

これはオリジナルのBSDライセンスに宣伝条項ともう一つの条項を削除するという修正が加えられています。(時に、2項BSDライセンスと呼ばれます。)ゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスであり、GNU GPLと両立します。

わたしたちの修正BSDライセンスについてのコメントがこのライセンスにも適用されます。

Freetypeプロジェクト・ライセンス (#freetype)

これは自由ソフトウェアライセンスで、GPLv3と両立します。帰属に関するいくつかの要求を有し、これによってGPLv2と両立しなくなっています。

iMatix標準関数ライブラリのライセンス (#iMatix)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、GPLと両立します。

imlib2のライセンス (#imlib)

これは自由ソフトウェアライセンスで、GPLと両立します。このソースを提供するGPLのオプションは、かれらの言い方でソースを"made available publicly" (公共に利用可能とする)ことを意味していると、この作者はわたしたちに説明しました。

独立JPEGグループ・ライセンス (#ijg)

これは自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。GPLが要求する変更に関する文書を書いた開発者も、また、このライセンスの同様の要求を満たす、とこの著者はわたしたちに請け合いました。

形式ばらないライセンス (#informal)

「形式ばらないライセンス」は、「お好きになんでもどうぞ」や「このコードを再配布、変更加納です」のような文章を意味します。

合衆国では、これらのライセンスは、著者が意図するであろうことに基づいて解釈されると考えられます。ですから、それは、おそらく、意味するとみられることを意味するでしょう。それは、コピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスとし、GNU GPLと両立するものとするでしょう。しかし、言い回しの不幸な選択は、異なる意味を与えてしまうかもしれません。

しかし、ほかの多くの国々では、著作権のライセンスに対し、より厳格なアプローチをします。そういった国々の法廷で、形式ばらない文章が意味するところをどう決するかはまったく分かりません。法廷は、それがまったくライセンスではない、と決するかもしれません。

コードを自由としたい場合、ユーザにいわれのないトラブルを引き寄せないでください。確立された自由ソフトウェアライセンスを選択して適用しましょう。推奨するものがあります。

Intelオープンソースライセンス (#intel)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、GNU GPLと両立します。

ISCライセンス (#ISC)

このライセンスは時にOpenBSDライセンスとしても知られています。これはゆるい寛容な自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。

このライセンスは、不幸な言葉遣いの選択をしています: このライセンスは受け取った人に"Permission to use, copy, modify, and/or distribute this software…" (このソフトウェアを使用、コピー、改変、そして/または、配布する許可…)を提供しています。これはPineのライセンスの言い方とだいたい同じものですが、ワシントン大学は、その後、このソフトウェアの改変バージョンの配布を人々に禁止すると主張しています。

ISCは、わたしたちに対して、ワシントン大学の解釈を共有していない、と述べました。そして、わたしたちはかれらを信用するすべての理由があります。ですから、このライセンスでリリースされたソフトウェアを避ける理由はなにもありません。しかし、この言い方が将来的になにも問題を引き起こすことができないよう確実にするために、わたしたちは開発者にかれらの作品とは異なるライセンスを使うことを推奨します。ExpatライセンスFreeBSDライセンスは同様な寛容な簡潔なライセンスです。

Mozillaパブリック・ライセンス (MPL) バージョン2.0 (#MPL-2.0)

これは自由ソフトウェアライセンスです。第3.3節は、GNU GPLバージョン2.0、GNU LGPLバージョン2.1、GNU AGPLバージョン3.0、および、それ以降のすべてのバージョンのこれらのライセンスとの両立性を間接的に提供しています。MPL 2.0で作品を受け取った場合、その作品とGNUライセンスの作品を組み合わせて、“Larger Work” (大きな作品)を作ることができます。そうしたとき、第3.3節はMPLの及ぶ作品を同一のGNUライセンスの条項で配布することを一つの条件付きで認めます: オリジナルでMPLのファイルは、MPLの条項でも利用できることを確実にしなければならない、です。別の言葉では、このような組み合わせをしたとき、オリジナルでMPLのファイルはMPLとGNUライセンスの双方でライセンスされたものとなるということです。この組み合わせを受け取った人々は、オリジナルでMPLでカバーされていたファイルをそのライセンス条項で使うか、もしくは、全体として大きな作品またはその一部をGNUライセンスの条項でさらなる制限なしで使うか、オプションを有することになります。

MPLの条項でファイルを配布する条件は、最初に大きな作品を作成し、配布したものだけに適用されることを理解することが重要です。もし、それを受け取ったものに適用される場合、GPLとAGPLに関してさらなる制限となり、両立性がないものとなるかもしれません。そうは言っても、あなたが既存のプロジェクトに貢献したとき、わたしたちは通常、そうすることを特に要求されないとしても、あなたの変更を同一のライセンスのままとすることを推奨します。いくつかのファイルがMPLでもある作品をGNUライセンスで受け取ったとき、それを正当化する強い理由がある時にだけ、それらのファイルからMPLを除くことをすべきです。

大きな作品をこの様な形で作る前に、MPLの及ぶソフトウェアのライセンス告知を確認してください。オリジナルの作品をMPL 2.0でリリースしたものは、「二次ライセンスと両立しない」作品であるとライセンス告知で述べる文章を含めることで、この両立性を選択しないことができます。このようなライセンス告知を含むソフトウェアはGPLやAGPLと両立しません

以前のバージョンのMPLのソフトウェアはバージョン2.0にアップグレードできますが、挙げられたGNUライセンスの一つとして利用可能ではないソフトウェアは、二次ライセンスと両立しないと印付けされねばなりません。これは、以前のバージョンのMPLとしてだけ利用可能なソフトウェアは、GPLやAGPLと両立性がない、ということを意味します。

NCSA/イリノイ大学オープンソースライセンス (#NCSA)

このライセンスはExpat修正BSDライセンスの条項をもとにしています。これはゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。

Netscape Javascriptのライセンス (#NetscapeJavaScript)

これは、NetscapeパブリックライセンスGNU GPLのどちらかの択一です。このため、これは自由ソフトウェアライセンスであり、GNU GPLとも両立しますが、強いコピーレフトではありません。

OpenLDAPライセンス、バージョン2.7 (#newOpenLDAP)

これは寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。

Perlの(バージョン)5以下のライセンス (#PerlLicense)

このライセンスは、ArtisticライセンスGNU GPLのどちらかの択一です。言い換えれば、あなたはこれらの二つのライセンスのどちらかを選べるということです。自由ソフトウェアライセンスに要求される条件は満たしますが、本物のコピーレフトとは言えないかも知れません。選択肢の一つとして GNU GPLがありますので、GNU GPLと両立します。

Perl 4やPerl 5用のパッケージを書く場合には、Perlプログラミングにおける一貫性と均一性を促進するために、このライセンスを使うことをお勧めします。Perl以外の分野では、このライセンスを使わないよう強くお勧めします。単にGNU GPLを使う方が良いですから。

パブリック・ドメイン (#PublicDomain)

「パブリック・ドメインにある」というのはライセンスではありません。むしろ、対象物に著作権が主張されていないので、そもそもライセンスが必要ないということを意味します。しかし、現実には、ある著作物がパブリック・ドメインにあるならば、全面的に寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスがあるのと同じとみなせます。パブリック・ドメインの対象物はGNU GPLと両立します。

パブリック・ドメインに作品をリリースしたい場合、そうするのに形式的なツールを使うことをわたしたちは推奨します。GNUに小さい貢献をする人々にわたしたちは否認フォームに署名することをお願いしています。これは一つの解でしょう。このような形式的貢献ポリシーを有しないプロジェクトに対して作業している場合、CC0は誰もが利用することができるよいツールです。これは形式的にあなたの作品をパブリック・ドメインに献呈し、それが法律的に不可能の場合、代替のライセンスを提供します。

Python 2.0.1、2.1.1かそれ以降のバージョンのライセンス (#Python)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、GNU GPLと両立します。しかし、(1.6b1 および 2.0 から 2.1 までの)途中のバージョンのPythonは異なるライセンスを使っていることに注意してください(下記参照)。

Python 1.6a2かそれ以前のバージョンのライセンス (#Python1.6a2)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、GNU GPLと両立します。しかし、より新しいバージョンのPythonは、ほかのライセンスが使われていることに注意してください(上記と下記参照)。

Rubyのライセンス (#Ruby)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、明示的なデュアルライセンシング条項によってGPLとは両立するようになっています。

SGI自由ソフトウェアライセンスB、バージョン 2.0 (#SGIFreeB)

SGI自由ソフトウェアライセンスB、バージョン 2.0は自由ソフトウェアライセンスです。本質的にX11ライセンスと同一で、ライセンス告知の提供についてオプションの代替方法がついています。

以前のバージョンのSGI自由ソフトウェアライセンスBは、名前に反して自由ソフトウェアライセンスではありませんでした。しかし、そのすべてに、このライセンスの新しいバージョンへの更新を認める条項が含まれているので、そうすることを選択することができます。結果として、あるソフトウェアの部分がSGI自由ソフトウェアライセンスBのいずれのバージョンでリリースされていても、この自由なバージョンの条項で使用することができます。

Standard ML of New Jersey 著作権ライセンス (#StandardMLofNJ)

これは、ゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。

データファイルとソフトウェアのためのUnicode, Inc.のライセンス同意 (#Unicode)

このライセンスはUnicode, Inc. がUnicode Character Databaseに適用したものです。このデータベースは、Unicode標準を開発者が自身のプログラムに実装する際に助けとなるように使える、さまざまなデータファイルです。これはゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、すべてのバージョンのGNU GPLと両立します。

このライセンス同意が及ぶファイルをあなた自身のソフトウェアに使いたい場合、なんの問題もあるべきではないでしょうが、わたしたちはこの文章の全体のコピーを含めることを推奨します。いくつかのファイルは不自由な別のライセンス条項を持っているか、ライセンシングの情報が全くないかです。ですから、このライセンス同意のコピーを含めることが、ほかの人があなたのソフトウェアを配布する際に混乱を避けるでしょう。もちろん、あなたも、ファイルの配布に関して、このライセンス同意の条件に従う必要がありますが、それはとてもわかりやすいものです。

あなたが使うファイルにこのライセンス同意が及ぶことを確実にするよう注意してください。Unicode, Inc. から発表されたほかのファイルには、Unicode使用条項が及びます。これは同じページに現れるのに、異なるファイルをカバーする、異なった、不自由なライセンスです。このライセンス同意の最初の短い説明が、どのファイルがカバーされるか述べています。

このライセンス同意をあなた自身のソフトウェアに使わないでください。あなたのプロジェクトにゆるい寛容なライセンスを使うことが必要な場合、小さいプログラムには、Expatライセンス、実のあるプログラムにはApache 2.0ライセンスを使ってください。それらはより一般的で自由ソフトウェアコミュニティに広く認識されています。

Unlicense (#Unlicense)

Unlicenseはパブリック・ドメインの献呈です。Unlicenseでリリースされた作品は、法律の許す範囲で最大限、パブリック・ドメインに献呈され、この献呈が不十分な場合にカバーされる追加のゆるいライセンスも付いています。パブリック・ドメインの作品とUnlicenseによるゆるいライセンスは両方ともGNU GPLと両立します。

パブリック・ドメインに作品をリリースしたい場合、わたしたちは、CC0を使うことを推奨します。CC0も、代替のライセンスが付いた、パブリック・ドメインの献呈を提供し、Unlicenseよりも、より徹底し、熟慮されたものとなっています。

Vimバージョン 6.1かそれ以降のライセンス (#Vim)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、部分的にはコピーレフトですが完全なものとは言えません。明示的な転換条項によってGPLとは両立するようになっています。

W3Cのソフトウェア告示とライセンス (#W3C)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、GPLと両立します。

WebMのライセンス (#WebM)

GoogleのWebM実装には修正BSDライセンスが及びます。Googleは、また、WebMの実装によって侵害される必要のある、Googleが保持しコントロールする特許に対し、別の特許ライセンスも提供します(紛らわしいことに、“Additional IP Rights Grant”と呼ばれます)。GPLのおよびソフトウェアはこのライセンスの条項に準拠して配布することが可能です。これは、その条件をすべて満たしつつ、GPLによって認められたすべての権利の行使を配布者に認めます。ですからWebMのライセンスのすべては自由でGPLと両立します。

WTFPL バージョン2 (#WTFPL)

これはゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。

わたしたちはこのライセンスを推奨しません。ゆるい寛容なライセンスを小さなプログラムのために使いたい場合、わたしたちはX11ライセンスを推奨します。より大きなプログラムは通常はコピーレフトとすべきです。しかし、ゆるい寛容なライセンスを使うことにこだわるのならば、わたしたちはApache 2.0ライセンスを推奨します。それはユーザを特許による裏切りから守るからです。

WxWidgetsライセンス(#Wx)

WxWidgetsライセンスはGPLと両立する自由ソフトウェアライセンスです。LGPL 2.0あるいは以降のバージョンと、バイナリ配布を配布者の選択の条項(プロプライエタリを含む)でライセンスすることを許す追加の許可、で構成されます。LGPLのように、これは弱いコピーレフトのライセンスです。ですから、わたしたちはこれを特別の状況でだけ推奨します。

X11ライセンス (#X11License)

これはゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。古いバージョンのXFree86は、同じライセンスが使われていて、現在でもXFree86のいくつかの派生版は同じライセンスを使っています。XFree86の以降のバージョンは、XFree86 1.1ライセンスで配布されています。

このライセンスはMITライセンスと呼ばれることがありますが、MITは今までたくさんのソフトウェア向けライセンスを使ってきましたので、この用語は誤解を招きます。

これは小さなプログラムには良いライセンスです。より大きなプログラムは通常はコピーレフトとすべきです。しかし、ゆるい寛容なライセンスにこだわるならば、わたしたちはApache 2.0ライセンスを推奨します。それはユーザを特許による裏切りから守るからです。

XFree86 1.1ライセンス (#XFree861.1License)

これは、ゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLバージョン3と両立します。

これは、GNU GPLバージョン2と両立しないことに注意してください。配布物に含まれる全ての文書に謝辞を載せなければならないという要求を含んでいるからです。

現在、いくつかのXFree86の変種が存在しますが、そのうちのいくつかだけがこのライセンスを使っています。残りはX11ライセンスを使い続けています。

ZLibのライセンス (#ZLib)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、GPLと両立します。

Zope パブリック・ライセンス、バージョン2.0と2.1 (#Zope2.0)

これはゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立します。


GPLと両立しない自由ソフトウェアライセンス (#GPLIncompatibleLicenses)

以下に挙げるのは、自由ソフトウェアライセンスと認められるが、 GNU GPL両立しないライセンスです。

アフェロ一般公衆ライセンス バージョン1 (#AGPLv1.0)

アフェロ一般公衆ライセンスは自由ソフトウェアライセンスで、コピーレフトで、GNU GPLと両立しません。このライセンスはGNU GPLバージョン2と、AfferoがFSFの承認を得て追加した、一つの付加した節から構成されています。新しい節、2(d)では、ウェブサービスやコンピュータネットワークを介したアプリケーションプログラムの配布をカバーしています。

このライセンスはGNUアフェロ一般公衆ライセンス バージョン3によって継承されました。そちらを代わりに使ってください。

アカデミック自由ライセンス、3.0まですべてのバージョン (#AcademicFreeLicense)

アカデミック自由ライセンスは自由ソフトウェアライセンスで、コピーレフトではなく、GNU GPLと両立しません。最近のバージョンはオープンソフトウェアライセンスと同じような契約条項を含み、同じ理由で避けるべきです。

Apacheライセンス、バージョン1.1 (#apache1.1)

これは寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスです。Apache関連の名前の使用の強い禁止など、いくつかの要求があり、GNU GPLと両立しないようになっています。

Apacheライセンス、バージョン1.0 (#apache1)

これはゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、宣伝条項があります。オリジナルのBSDライセンスのそれと似たような現実的問題が生じ、GNU GPLと両立しません。

Appleパブリックソースライセンス(APSL)、バージョン 2 (#apsl2)

これは自由ソフトウェアライセンスです、GNU GPLと両立しません。わたしたちは、あなたが新たにお書きになるソフトウェアには、このライセンスを使わないことをお勧めいたしますが、このライセンスでリリースされたソフトウェアを使用し、改良することに問題はありません。さらなる説明があります。

BitTorrentオープンソースライセンス (#bittorrent)

このライセンスは自由ソフトウェアライセンスですが、Jabberオープンソースライセンスと同じ理由で、GPLと両立しません。

オリジナルの BSD ライセンス (#OriginalBSD)

このライセンスは、時に「4項BSDライセンス」と呼ばれます。

これはゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、重大な欠陥があります: 「不快なBSD宣伝条項」です。この欠陥は致命的というほどのものではなく、ソフトウェアを不自由にしてしまうわけではありません。しかし、現実的問題が生じ、GNU GPLと両立しません。

わたしたちは、皆さんがお書きになるソフトウェアにはオリジナルのBSDライセンスを使わないよう強くお勧めします。ゆるい寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスを求める場合、修正BSDライセンス、X11ライセンス、もしくはExpatライセンスを使うほうがはるかに良いです。さらに良いのは、実のあるプログラムには、Apache 2.0ライセンスを使うことです。それには特許による裏切りに対する措置が講じられているからです。

しかしながら、オリジナルBSDライセンスでリリースされたプログラムを使わない理由は何もありません。

共通開発および配布ライセンス (CDDL)、バージョン1.0 (#CDDL)

これは自由ソフトウェアライセンスです。Mozilla パブリック・ライセンスのなかのものと同様なスコープのコピーレフトがあり、それゆえGNU GPLとは両立しません。これは、GPLの及ぶモジュールとCDDLの及ぶモジュールは合法的に一緒にリンクすることができないことを意味します。このため、CDDLは使わないよう強くお勧めします。

CDDLに関してもう一つ不幸なことは、それが「知的財産」という言葉を使っているということです。

共通公衆帰属ライセンス1.0 (CPAL) (#CPAL)

これは自由ソフトウェアライセンスです。Mozillaパブリック・ライセンスバージョン1 にもとづいており、同じ理由でGPLと両立しません。GPLにはないいくつかの要求事項が改変バージョンに必要とされます。また、ほかの人にその利用を認める場合、そのプログラムのソースを公開する必要もあります。

共通公衆ライセンス バージョン1.0 (#CommonPublicLicense10)

これは自由ソフトウェアライセンスです。残念ながら、その弱いコピーレフトとその法律の条項の選択のため、GNU GPLと両立しません。

Condorパブリック・ライセンス (#Condor)

最近のバージョンのCondor(6.9.5以降)はApacheライセンス2.0でリリースされています。古いバージョンのCondorだけがこのライセンスを使っています。

Condorパブリック・ライセンスは自由ソフトウェアライセンスです。Condorに関連した名前の使用の強い制限が含まるなど、GNU GPLと両立しないいくつかの要求を有しています。また、再配布者に合衆国輸出制限法の遵守を「表明し保証する」ことを求めています。(もし、この遵守をライセンスの実際の条件としていれば、このライセンスは、自由ソフトウェアのライセンスではないでしょう。

Eclipseパブリックライセンス バージョン1.0 (#EPL)

Eclipseパブリックライセンスは共通公衆ライセンスと似ており、CPLへのわたしたちのコメントは同様にEPLにも当てはまります。唯一の違いは、EPLのプログラムへの貢献者を特に狙った特許侵害訴訟に対する、より幅広い特許報復の言明がEPLからは除去されている点です。

EUパブリック・ライセンス(EUPL) version 1.1 (#EUPL)

これは自由ソフトウェアライセンスです。それ自身、GPLと同様なコピーレフトで、GPLとは両立しません。しかし、これは受け取った人に作品を別の選択のライセンス条項で再ライセンスすることを認めています。そのうちのいくつか、特に、Eclipseパブリック・ライセンス共通公衆ライセンスは、弱いコピーレフトしか提供しません。ですから、開発者は強いコピーレフトを提供するためにこのライセンスに依拠することはできません。

EUPLはGPLv2への再ライセンシングを認めています。それは、ユーザが変更できる代替ライセンスの一つに挙げられているからです。また、間接的に、GPLバージョン3への再ライセンシングも認めています。なぜならば、CeCILL v2に再ライセンスする方法があり、CeCILL v2はどのバージョンのGNU GPLにも再ライセンスする方法を認めているからです。

この2段階の再ライセンスを為すには、コードのある部分をまず書いてCeCILL v2でライセンスし、もしくは、そういう形で既に利用可能な適当なモジュールを見つけ、そのプログラムに加えます。そのコードをEUPLの及ぶプログラムに加えることは、それをCeCILL v2に再ライセンスする正当な理由となります。そして、もう一つのコード部分を書いてGPLv3+でライセンスし、もしくは、そういう形の既に利用可能な適当なモジュールを見つけ、プログラムに加えます。そのコードをCeCILLの及ぶプログラムに加えることは、GPLv3+に再ライセンスする正当な理由となります。

Gnuplotのライセンス (#gnuplot)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、GNU GPLと両立しません。

IBMパブリック・ライセンス、バージョン1.0 (#IBMPL)

これは自由ソフトウェアライセンスです。残念ながら、その法律の条項の選択のため、GNU GPLと両立しません。

Jabberオープンソースライセンス、バージョン1.0 (#josl)

このライセンスは自由ソフトウェアライセンスで、GPLとは両立しません。このライセンスではJabberライセンスの全ての要求を含む、あるクラスのライセンスでの再ライセンシングを認めています。GPLはこのクラスの一員ではなく、よって、JabberライセンスはGPLでの再ライセンシングを認めません。ですから、二者は両立しません。

LaTeXプロジェクト・パブリック・ライセンス1.3a (#LPPL-1.3a)

わたしたちはこのライセンスのすべての解析をまだ書き終えていません。しかし、これは自由ソフトウェアライセンスで、LPPL 1.2 (次項で述べます)よりも、配布について厳重な要求をしないものです。これは、GPLとは依然として両立しません。なぜなら、ある改変バージョンは改変されていないバージョンのコピーを含めるか、それへのポインタを持たせるかのどちらかをしなければいけないからです。

LaTeXプロジェクト・パブリック・ライセンス1.2 (#LPPL-1.2)

このライセンスはLaTeXの配布条件についての不完全な声明です。それなりに自由ソフトウェアライセンスですが、GPLにはない多くの要求があるためGPLとは両立しません。

このライセンスは、改変されたバージョンをどう公表するかについて、複雑でうっとうしい制限をいくつも含んでいます。それらの中には、好意的に解釈するならば、自由ソフトウェアとして受け入れられる限度内にかろうじて収まるという程度の微妙な条件も含まれます。その条件とは、「ファイルを改変したら新しい名前を付けなければならない」というものです。

LaTeXの場合この条件が許容範囲内なのは、TeXにファイル名を「マップ」する機能があり、「ファイルfooが要求されたら代わりにファイルbarを使え」という指定ができるからです。マップ機能を使えば、この制限は単にうっとうしいものですみますが、この機能がなければこの制限は重大な障害となり、わたしたちはそのプログラムは自由でないと結論付けざるを得なくなるでしょう。

この条件は大きな改変に対して問題を引き起こす可能性があります。たてえば、LPPLの及ぶ作品を同様な再マップ機能のない別のシステムに移植して、しかし、なお、ユーザが名前でこのファイルを要求することを必要とする場合、このソフトウェアを自由のままとするために、再マップ機能も実装する必要があるでしょう。これはやっかいでしょうが、とても異なる文脈に移植する場合にあるライセンスがコードを不自由にするという事実は、オリジナルの文脈においては、それを不自由とはしません。

LPPLは、ある特定のLaTeXのバージョンにおいては、いくつかのファイルに、追加的な制限がありうるとしており、不自由となってしまう可能性があります。この理由により、自由ソフトウェアのバージョンのLaTeXを作成する場合には、注意深くライセンスをチェックすることが必要になるでしょう。

LPPLでは、少数の他人もログインできそれらのファイルにアクセスできる、というようなマシンにファイルを置くというだけのことも「配布」とみなすという物議をかもす主張をしています。わたしたちには、裁判所がこの主張を支持するとは考えませんが、しかしこういった主張を始めるというのは人々にとって良いことではありません。

そのほかのどんなプロジェクトでも、どうかこのライセンスは使わないでください。

注意: 以上のコメントはLPPLバージョン1.2 (1999年9月3日)になされたものです。

Lucentパブリック・ライセンス、バージョン1.02 (Plan 9ライセンス) (#lucent102)

これは自由ソフトウェアライセンスですが、その法律の条項の選択により、GNU GPLとは両立しません。わたしたちは、あなたが新たにお書きになるソフトウェアにはこのライセンスを適用しないよう推奨しますが、このライセンスでPlan 9を利用し改良することは問題ありません。

Microsoftパブリック・ライセンス(Ms-PL) (#ms-pl)

これは自由ソフトウェアライセンスです。強くないコピーレフトがありますが、GNU GPLと両立しません。このため、わたしたちはMs-PLを使わないことを強く勧めます。

Microsoft互恵ライセンス (Ms-RL) (#ms-rl)

これは自由ソフトウェアライセンスです。Microsoftパブリック・ライセンスにもとづき、一つの追加条項を有し、そのコピーレフトを少々強くしています。これもGNU GPLと両立しません。このため、Ms-RLを使わないことをわたしたちは強く推奨します。

Mozillaパブリック・ライセンス (MPL) バージョン1.1 (#MPL)

これは自由ソフトウェアライセンスで、強いコピーレフトではありません。X11ライセンスと違い、いくつかの複雑な制限があり、そのためにGNU GPLと両立しません。よって、GPLの及ぶモジュールとMPLの及ぶモジュールは合法的に一緒にリンクすることができません。このため、わたしたちはMPLを使わないよう、強くお勧めします。

しかしながら、MPL 1.1にはある規程(第13項)があり、プログラム(またはその一部)がほかのライセンスの選択肢を提供してもよいとしています。もしプログラムの一部がGNU GPL、あるいは何かほかのGPLと両立するライセンスを別の選択肢として認めているならば、プログラムのその部分はGPLと両立するライセンスを有することになります。

MPLバージョン2.0にはいくつもの改善があり、デフォルトでのGPLとの両立性が含まれています。詳細はこちらのエントリをご覧ください。

Netizenオープンソースライセンス (NOSL)、バージョン1.0 (#NOSL)

これは自由ソフトウェアライセンスであり、本質的にMozillaパブリックライセンス(バージョン 1.1)と同じものです。MPL同様、NOSLもGNU GPLと両立しない、いくつかの複雑な制限があります。ですから、GPLのおよぶモジュールとNOSLの及ぶモジュールを合法的に一緒にリンクすることはできません。このため、NOSLは使わないよう、わたしたちは強くお勧めします。

Netscapeパブリック・ライセンス(NPL)、バージョン1.0と1.1 (#NPL)

これは自由ソフトウェアライセンスで、強いコピーレフトではなく、GNU GPLと両立しません。Mozillaパブリックライセンス、バージョン1.1と、Netscape社があなたの追加したコードをかれらのプロプライエタリなバージョンのプログラムにおいても使うことを許可する追加条項から構成されています。もちろん、あなたが同様にかれらのコードを使うことは許可していません。NPLを使わないよう、わたしたちは強くお勧めします。

Nokiaオープンソースライセンス (#Nokia)

これは Mozillaパブリックライセンス、バージョン1に似ています。自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立しません。

古いOpenLDAPライセンス、バージョン2.3 (#oldOpenLDAP)

これは寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、(第4節と第5節に)いくつかの要求があり、GNU GPLと両立しないようになっています。最新バージョンのOpenLDAPは異なるライセンスがあり、GNU GPLと両立することに注意してください。

わたしたちは、古いOpenLDAPライセンスを皆さんがお書きになるソフトウェアに使わないよう、強くお勧めします。しかしながら、このライセンスのでリリースされたプログラムを実行することを避ける理由は何もありません。

オープンソフトウェアライセンス、3.0までのすべてのバージョン (#OSL)

オープンソフトウェアライセンスは自由ソフトウェアライセンスです。GNU GPLといくつかの点で両立しません。

最近のバージョンのオープンソフトウェアライセンスは、ディストリビュータにライセンスに対する明示的同意を得ようと要求する条項を有します。これは、OSLソフトウェアを通常のFTPサイトで配布すること、通常のメーリングリストでパッチを送ること、もしくは、通常のバージョンコントロールシステムにそのソフトウェアを置くことが、おそらくライセンス違反となり、ライセンスの終了となり得ることを意味します。ですから、オープンソフトウェアライセンスは、自由ソフトウェア開発の通常のツールでソフトウェアを開発することをとても難しくしています。この理由から、そして、GPLと両立しないことから、わたしたちはOSLのどのバージョンもいかなるソフトウェアに対しても推奨しません。

わたしたちは、オープンソフトウェアライセンスをあなたが書いたソフトウェアに使わないよう強くお勧めします。しかしながら、このライセンスでリリースされたプログラムを実行することを避ける理由は何もありません。

OpenSSLライセンス (#OpenSSL)

OpenSSLのライセンスは2種類のライセンスが連結されたものです。そのうち一つはSSLeayのライセンスです。あなたは両方に従わなければなりません。この二者の結合は、コピーレフトの自由ソフトウェアライセンスとなっており、これはGNU GPLと両立しません。また、このライセンスは オリジナルBSDライセンスApache 1ライセンスのような宣伝条項を有しています。

わたしたちは、皆さんがお書きになるソフトウェアではOpenSSLの代わりにGNUTLSを使うことをお勧めします。しかしながら、OpenSSLやOpenSSLと共に動作するアプリケーションを使わないという理由は何もありません。

Phorumライセンス、バージョン2.0 (#Phorum)

これは自由ソフトウェアライセンスですが、GPLと両立しません。第5節で規定された条件はGPLと両立しません。

PHPライセンス、バージョン3.01 (#PHP-3.01)

このライセンスはPHP4のほとんどに使われています。コピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスです。派生製品の名前について“PHP”の使用に強い制限があるので、GNU GPLと両立しません。

わたしたちは、PHPのアドオン以外でこのライセンスを使わないようお勧めします。

Python 1.6b1から2.0、そして2.1のライセンス (#PythonOld)

これは自由ソフトウェアライセンスですが、GNU GPLと両立しません。根本的な非両立点は、この Python ライセンスの解釈にはアメリカ合衆国ヴァージニア州の州法が適用されるとしていることです。GPLはこれを許していません。

Qパブリックライセンス (QPL)、バージョン 1.0 (#QPL)

これはコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLと両立しません。また、このライセンスは実際上重大な不便を引き起こします。というのも、改変されたソースはパッチとしてしか配布できないからです。

わたしたちは、皆さんがお書きになったものには QPLを使わないようお勧めします。また、どうしても必要な時に限ってQPLが及ぶソフトウェアパッケージをお使いになることを推奨します。しかしながら、この忌避はもはやQt自身にはあてはまりません。Qtは現在GNU GPLでも公開されているからです。

QPLはGNU GPLと両立しないので、あなたはGPLの及ぶプログラムとQPLの及ぶプログラムを持ってきて、手段はどうあれ、一緒にリンクすることはできません。

しかし、もし皆さんがQPLの及ぶライブラリ(ここではFOO)を使うプログラムを書き、そのプログラムをGNU GPLでリリースしたいならば、それは簡単です。あなたのプログラムに関する衝突を、以下のような告知を加えることで解決できます。

  As a special exception, you have permission to link this program
  with the FOO library and distribute executables, as long as you
  follow the requirements of the GNU GPL in regard to all of the
  software in the executable aside from FOO.
日本語訳:
  特別な例外として、実行形式に含まれるFOOライブラリ以外の全てのソ
  フトウェアに関してGNU GPLの要求に従う限り、このプログラムをFOO
  ライブラリとリンクし実行形式を配布する許可を与えます。

そのプログラムの著作権者があなたの場合、あなたはこれを合法的に行うことができます。そのプログラムがGNU GPLによってカバーされていると述べた告示の後に、この告知をソースファイルに加えてください。

RealNetworks パブリック・ソース・ライセンス (RPSL)、バージョン1.0 (#RPSL)

RPSLは自由ソフトウェアライセンスで、いくつもの理由でGPLと両立しません。派生作品がRPSLでライセンスされることを要求し、いかなる訴訟もワシントン州シアトルで起こすことを必須としています。

Sun業界標準ソースライセンス1.0 (#SISSL)

これは自由ソフトウェアライセンスで、強いコピーレフトではなく、主要なポリシーというよりは、詳細によるため、GNU GPLと両立しません。

Sunパブリック・ライセンス (#SPL)

これは本質的にMozillaパブリックライセンス、バージョン1と同じものです。自由ソフトウェアライセンスでGNU GPLと両立しません。このライセンスとSunコミュニティーソースライセンスを混同しないようにしてください。Sunコミュニティーソースライセンスは自由ソフトウェアのライセンスではありません。

xinetdのライセンス (#xinetd)

これはコピーレフトの自由ソフトウェアライセンスで、GPLと両立しません。改変されたバージョンの再配布に追加の制約を課し、GPLの再配布の要求と矛盾するからです。

Yahoo!パブリック・ライセンス1.1 (#Yahoo)

これは自由ソフトウェアライセンスです。Mozillaパブリック・ライセンスに見られるのと同じようなコピーレフトを有します。また、第7節で法律の選択の条項を有します。これらの機能により、このライセンスはGPLと両立しません。このライセンスは、また、不幸なことに「知的財産」という用語を使っています。

Zendライセンス、バージョン2.0 (#Zend)

このライセンスはPHP4の一つの部分に使われています。コピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、GNU GPLとは両立せず、オリジナルのBSDライセンスと同様の現実的問題があります。

わたしたちは、皆さんが書くものにはこのライセンスを使わないことをお勧めします。

Zimbraパブリック・ライセンス1.3 (#Zimbra)

このライセンスは、Yahoo!ではなく、VMWareによって提供されていることを除いて、Yahoo!パブリック・ライセンス1.1と同一です。わたしたちのコメントはここでも同じです。これはGPLと両立しない、部分的コピーレフトの自由ソフトウェアライセンスです。

Zopeパブリック・ライセンス バージョン 1 (#Zope)

これはゆるく、かなり寛容なコピーレフトでない自由ソフトウェアライセンスで、オリジナルのBSDライセンスのそれと同様の現実的問題を持ち、GNU GPLと両立しません。

わたしたちは、皆さんがお書きになるソフトウェアには ZPLバージョン1を使わないよう強くお勧めします。しかしながら、以前のバージョンのZopeなどこのライセンスでリリースされたプログラムの実行を避ける理由はなにもありません。

バージョン2.0のZopeパブリック・ライセンスはGPLと両立します。


不自由なソフトウェアライセンス (#NonFreeSoftwareLicenses)

以下に挙げるのは、自由ソフトウェアライセンスとは認められないライセンスです。不自由なライセンスは、自動的にGNU GPLと両立しません。

もちろん、わたしたちは皆さんが不自由なソフトウェアライセンスをお使いにならないよう強くお勧めします。また、不自由なソフトウェアを一般に避けるよう強くお勧めします。

結局のところ、すべてのプロプライエタリなソフトウェア企業はそれ自身の不自由なライセンスを用意しているので、知られている不自由なソフトウェアライセンスのすべてをここに列挙するのは不可能です。わたしたちは、しばしば自由ソフトウェアライセンスと勘違いされるが、実際は自由ソフトウェアライセンスではないものに焦点を絞ります。

わたしたちは、不自由なソフトウェアパッケージの利用を宣伝、奨励、促進するようなサイトへはリンクを張らないというポリシーを有しています。この一般ポリシーに違反せずにそうできるときは、これらのライセンスへのリンクを提供しています。一番やりたくないのは、不自由なプログラムに無料で宣伝の機会を与え、より多くの人々がそれを使うことを奨励してしまうということです。同じ理由から、わたしたちは、何か特別な理由でそれが逆効果にならないと考えられない限り、ライセンスが使われているプログラムの名前を挙げることを避けるようにしています。

ライセンスなし (#NoLicense)

もし、ソースコードがユーザに4つの重要な自由を与えるライセンスを運ばない場合、それは自由ソフトウェアではありません。

何人かの開発者は、ライセンスがないコードはパブリック・ドメインだと考えます。今日の著作権法では、それは事実ではありません。むしろ、指定がなければ、すべての著作物は不自由です。これにはプログラムも含まれます。ある国々では、ライセンスなしのコードをダウンロードしたユーザが、単にコンパイルあるいは実行しただけで著作権に違反することがありえます。

プログラムを自由とするためには、著作権者はユーザに対して明示的に、4つの重要な自由を与える必要があります。こうする文書は、自由ソフトウェアライセンスと呼ばれます。これが自由ソフトウェアライセンスの目的です。

ある国々では、著者がコードをパブリック・ドメインにすることを認めますが、明示的な行為を必要とします。そうしたい場合、推奨する方法はCC0を使うことです。これは、多かれ少なかれパブリック・ドメインと同等のライセンスを置くことで、ほかの国々でも効果を持ちます。しかし、ほとんどの場合、コピーレフトとする方が良いでしょう。それで、コードのすべてのユーザにその自由が届くことを保証できます。

Aladdin自由パブリック・ライセンス (#Aladdin)

その名前とは裏腹に、これは自由ソフトウェアライセンスではありません。配布において手数料を取るのを禁じており、単にこのライセンスが適用されたソフトウェアを何か料金が科せられるようなものと併せてパッケージにすることも大部分禁止しているからです。

Appleパブリック・ソース・ライセンス (APSL)、バージョン1.x (#apsl1)

バージョン1.0、1.1および1.2は自由ソフトウェアライセンスではありません。これらのライセンスは使わないようにしてください。また、これらのライセンスでリリースされた、いかなるソフトウェアも避けるよう強くお勧めします。バージョン2.0のAPSLは自由ソフトウェアライセンスです。

Artisticライセンス1.0 (#ArtisticLicense)

わたしたちは、これを自由ソフトウェアライセンスということはできません。なぜなら、あまりにも曖昧過ぎるからです。いくつかの文章はそれらに期待される目的には手が込みすぎ、意味は不明瞭です。わたしたちは、Perlの択一ライセンスの一部として使う場合を除き、このライセンスの使用を避けるよう強くお勧めします。

AT&Tパブリック・ライセンスe (#ATTPublicLicense)

AT&Tパブリック・ライセンスは不自由なライセンスです。このライセンスには、いくつかの重大な問題があります:

  1. たとえほんの少しでも関連したコードを改変してしまうと、特許ライセンスが無効とされる。
  2. ソースやパッチを配布するには、書面による同意を求めなければならない。
  3. パッチを配布する際には、AT&Tへの通知を要求している。
  4. セクション8/3により、あなたに何の過失がなくても、ライセンスが終了させられてしまう可能性がある。
  5. 輸出規制法へのコンプライアンスをライセンスの条件としている。
  6. このライセンスのいくつかのバージョンでは、サポートの提供をあなたに要求している。
  7. このライセンスのいくつかのバージョンでは、配布にかかる経費以上でソフトウェアの複製を販売することはできないと述べている。

また、このライセンスにはほかに二つの厄介な機能があります。

  1. 極めて幅広い逆のライセンスをAT&Tに認めており、あなたのコードを使うことから、大きく越えて、あなたの改変コードにさえ、(逆のライセンスを)認めさせている。
  2. AT&Tのウェブサイトにリンクを張るには、AT&Tから許諾を得る必要があると主張している。このライセンスですでにそのようなリンクを張ることを許可しているので、すぐに現実的問題にはなりません。(いずれにせよ、不自由なソフトウェアに関するサイトにリンクを張るべきではありません。) このような主張はなされるべきではなく、または、伝搬させるべきでもありません。

Codeプロジェクト・オープン・ライセンス、バージョン1.02 (#cpol)

Codeプロジェクト・オープン・ライセンスは自由ソフトウェアライセンスではありません。第5.6節は、その作品を利用できることを制限しています。第5.4節はそのソフトウェア自身の商用配布を妨げています。そして、第3.4節の読み方によっては、ソフトウェアそれ自身の配布の許可もまったくありません。

eCosパブリック・ライセンス、バージョン 1.1 (#eCos11)

これは昔のeCosのライセンスです。これは自由ソフトウェアライセンスではありません。改変されて公開されたすべてのバージョンを特定の初期開発者に送ることを要求しているからです。また、このライセンスにはいくつかの意味が明瞭でない言い回しがあり、これらも問題になるかもしれません。

現在、GNU GPLに不自由なプログラムとのリンクを認めた追加の許諾を加えたもので、eCosは利用可能となっています。

行政機関のコンピュータ・プログラムのGPL (#GPL-PA)

GPL-PA (ポルトガル語でのオリジナルの名前は“Licença Pública Geral para Administração Pública”)は以下のいくつかの理由で不自由です:

  • 「普通の状況」利用だけを認めている。
  • バイナリなしのソースコードの配布を認めていない。
  • 50年後にその許可は失効する。

Hacktivismo改良ソース・ソフトウェア・ライセンス同意書 (HESSLA) (#HESSLA)

これは自由ソフトウェアライセンスではありません。ソフトウェアを使用する作業を制限し、またプログラムの改変されたバージョンができる作業も本質的な方法で制限しているからです

Jahiaコミュニティソースライセンス (#Jahia)

Jahiaコミュニティソースライセンスは自由ソフトウェアライセンスではありません。ソースコードの利用が研究目的に限られています。

JSONライセンス (#JSON)

これはJSONデータ交換フォーマットのオリジナルの実装のライセンスです。このライセンスはExpatライセンスをその元として使い、一つの条項で、「このソフトウェアは善のために悪のためではなく使われる」ことを必須としています。これは利用の制限であり、そのため、第0の自由と衝突します。この制限は行使不可能でしょうが、わたしたちは、それを仮定することはできません。ですからこのライセンスは不自由です。

ksh93の古いライセンス (#ksh93)

ksh93は、かつて自由ソフトウェアライセンスではないオリジナルのライセンスとともに配布されていました。自由ではないという、一つの理由は、このライセンスがすべての改変点を開発者に送ることを義務づけているということでした。

ksh93は今、共通公衆ライセンスでリリースされています。

Lhaのライセンス (#Lha)

lhaのライセンスは不自由と考えざるを得ません。なぜなら、あまりにも曖昧で、どのような許可があるのか確とし得ないからです。

Microsoftの共有ソースCLI, C#, Jscript ライセンス (#Ms-SS)

このライセンスは商業的な配布を認めておらず、商業的な使用も特定の状況でしか認めていません。

マイクロソフトは、ldquo;Shared Source”と述べる、ほかのライセンスも有していて、そのうちのあるものは、別の制限を有します。

NASAオープンソース同意書 (#NASA)

NASAオープンソース同意、バージョン1.3は自由ソフトウェアライセンスではありません。なぜなら、変更に対して、あなたの「オリジナルの創造」であることを要求する規定があるからです。自由ソフトウェア開発は第三者からのコードの組み合わせに依存しますが、NASAのライセンスはこれを認めません。

わたしたちはこのライセンスを使わないことを強く推奨します。加えて、合衆国市民である場合、NASAに手紙を書いて、真の自由ソフトウェアライセンスを使うことを要求してください。

オープンパブリックライセンス (#OpenPublicL)

これは自由ソフトウェアライセンスではありません。すべての公開された改変バージョンを特定の初期開発者に送ることを要求しているからです。また、このライセンスにはいくつかの意味が明瞭でない言い回しがあり、これらも問題になるかもしれません。

PINEのライセンス (#PINE)

PINEのライセンスは自由ソフトウェアライセンスではありません。改変されたバージョンの配布をほとんど禁止しているからです。また、複製を販売する上で使用できるメディアも制限しています。

Pineの後継のAlpineは、Apacheライセンス、バージョン2.0でリリースされていることに注意してください。

古いPlan 9ライセンス (#Plan9)

これは自由ソフトウェアライセンスではありません。プライベートな変更を行なったり、使用したりする権利のような重要な自由が欠落しているからです。もちろん、あなたはこのライセンスを使うべきではありませんし、このライセンスでリリースされたいかなるソフトウェアも避けることを強くお勧めします。このライセンスに関する詳細な議論もお読みいただけます

2002年9月、Plan 9用の公開されたライセンスが改変されたことが観察されました。さらに制約が追加されているのですが、発表日時は依然として09/20/00のままになっています。しかしながら、2003年の更なるライセンス変更により、Plan 9は自由ソフトウェアとなりました

互恵パブリック・ライセンス (#RPL)

互恵パブリック・ライセンスには三つの問題があるので、不自由なライセンスです。 1. 最初の複製に課せる値段に限界を設定している。 2. 改変されたバージョンの公開に関して、オリジナル開発者に通知することを要求している。 3. 改変されたバージョンを何らかの組織が使用している場合、その公表を要求している。組織内に限定された利用であっても例外ではない。

Scilabライセンス (#Scilab)

これは自由ソフトウェアライセンスではありません。改変されたバージョンの商業的配布を許可していないからです。感謝することには、バージョン5.0.0から、ScilabソフトウェアはCeCILLでリリースされた自由ソフトウェアです。

シンプル・マシーン・ライセンス (#SML)

名前に反して、これは、ソフトウェアライセンスで、以下のいくつかの理由で不自由です:

  • ソフトウェアを配布する前にライセンサの許可を得る必要がある。
  • ソフトウェアの複製を販売できない
  • このライセンス条項に従わない誰かからソフトウェアを受け取った場合、あなたに対するライセンスが終了してしまうことがあり得ます。

古いSqueakライセンス (#Squeak)

オリジナルのSqueakライセンスは、ソフトウェアに適用されたとき、自由ソフトウェアライセンスではありません。いずれの国のユーザに対しても、合衆国の輸出規制法に従うことを要求しているからです。フォントへの適用されたときには、このライセンスは改変も認めていません。

加えて、このライセンスは何か事があった際ユーザが開発者に賠償することを要求しています。これだけでも、そもそもこれを使うこと自体多くのユーザに再考させるには十分でしょう。

最近のバージョンのSqueak (4.0以降)はExpat-スタイルのライセンスでリリースされてます。コードの一部はApacheライセンス2.0です。

Sunコミュニティ・ソース・ライセンス (#SunCommunitySourceLicense)

これは自由ソフトウェアライセンスではありません。改変されたバージョンの公開など、本質的な自由が欠けているからです。このライセンスは使わないようにしてください。また、このライセンスでリリースされた、いかなるソフトウェアも使わないよう強くお勧めします。

Sunソースコード (ファウンデーションリリース) ライセンス、バージョン1.1 (#SunSolarisSourceCode)

これは自由ソフトウェアライセンスではありません。このライセンスは再配布を禁止し、ソフトウェアの商用利用を禁止し、そして、取り消されることがありえます。

SybaseオープンWatcomパブリック・ライセンスversion 1.0 (#Watcom)

これは自由ソフトウェアライセンスではありません。このライセンスの及ぶソフトウェアを「デプロイ」した時はいつでも、あなたはそのソースコードを公表することを要求されます。そして、「デプロイ」には、たくさんの種類の私的利用を含むよう定義されています。

SystemC「オープンソース」ライセンス、バージョン3.0 (#SystemC-3.0)

このライセンスは、ライセンサのトレードマークの行使を予防的に助けるように、すべての受け取り手に要求します。これはユーザの権利に置く条件としては不条理で、したがってこのライセンスは不自由です。このライセンスにはそのほかの実務上の問題もあります: いくつかの要求事項が曖昧で、“intellectual property”という用語を使っています。

名前に反し、このライセンスが「オープンソース」として適格かどうかは明らかではありません。しかし、わたしたちの判断はそれにもとづいていません。

ユタ大学パブリック・ライセンス (#UtahPublicLicense)

ユタ大学のパブリックライセンスは、商業的な再配布を認めていないので不自由なライセンスです。また、このライセンスは対象ソフトウェアを商用目的で実行したり、商業的にソフトウェアに関するコンサルティングを行うことすらも制限しようと目論んでいます。こういった制限は合衆国の著作権法では、おそらく法的に強制できるものではありませんが、あるほかの国々では可能かもしれません。そもそも、そんなことを主張することは不埒なことです。

ユタ大学によるこのライセンスの利用は、知識を公衆に寄与するのではなく、大学において知識を制限しようとする危険な傾向の良い例証です。

もし大学がこのようなライセンスをあなたが書いているソフトウェアに課そうとしてきたら、あきらめてはなりません。根気強さと固い決意、そして若干の事前の用心があれば、金のことしか頭にない大学当局に打ち勝つことは可能です。

早く問題を提起するほうが、より良いでしょう。

YaSTライセンス (#YaST)

これは自由ソフトウェアライセンスではありません。このライセンスでは、料金を取った配布を禁止しており、このため適用されたソフトウェアを、企業や組織が販売している多くのCD-ROMの自由ソフトウェアコレクションに含めることができなくなっています。

また、第2a節にももう一つ問題がある可能性があり、どうやら一語抜けているようなので、元来どのような意味が意図されていたのか確とするには難しいものがあります。

(Yastソフトウェアそれ自身はもはや不自由のYaSTライセンスを使っていません。幸せなことに、それは今や自由ソフトウェアで、GNU GPLでリリースされています。)

文書向けライセンス

自由な文書ライセンス (#FreeDocumentationLicenses)

以下に挙げるのは、自由な文書ライセンスとして認められるライセンスです。

GNU自由文書ライセンス (#FDL)

これは、コピーレフトの自由な文書に使うことを目的としたライセンスです。わたしたちはこれを、すべてのGNUマニュアルに適用する予定です。また、このライセンスはその他の種類の実用的な著作物(たとえば教科書や辞書など)にも向いています。このライセンスの適用はテキスト作品(「書籍」)に限定されません。

Appleの共通文書ライセンス (Common Documentation License)、バージョン 1.0 (#ACDL)

これは自由文書ライセンスで、GNU FDL とは両立しません。第2(c)節で「あなたは本ライセンスにいかなる他の条件も制約も追加してはならない」とありますが、GNU FDLにはこの共通文書ライセンスでは考慮されていない追加的条項が含まれているからです。

FreeBSD文書ライセンス (#FreeBSDDL)

これは寛容なコピーレフトでない自由文書ライセンスで、GNU FDL と両立します。

オープンパブリケーションライセンス、バージョン1.0 (#OpenPublicationL)

このライセンスを、自由文書ライセンスとして使うことは可能です。著作権者がこのライセンスの第VI節で挙げられている「ライセンスのオプション」を行使しない限り、このライセンスはコピーレフトの自由文書ライセンスです。しかし、これらのオプションの内どれかが有効とされてしまえば、このライセンスは自由ではなくなってしまいます。いずれにしても、GNU FDLと両立しません。

このことから、本ライセンスを使用したり推奨したりするにあたって実際上の困難が生じます。もしあなたが、「オープンパブリケーションライセンス バージョン1.0を使ってください。ただしオプションを有効にしてはなりません」と言った場合、あなたの推薦のうしろ半分は簡単に忘れられてしまう可能性が高いのです。このライセンスをオプションを有効にして使い、マニュアルを不自由にして、それでもなお自分はあなたのアドバイスに従っていると思い込む人が現れるのは想像に難くありません。

同様に、あなた自身はご自分のマニュアルを自由とするためにこのライセンスをオプションを全く指定することなく使っているのに、誰か他の人があなたの真似をしようとしたものの、後にオプションが単なる詳細であると考えて、オプションを指定してしまうかもしれません。結果として彼あるいは彼女のマニュアルは自由ではなくなってしまいます。

そこで、確かにこのライセンスで発表されたマニュアルはどのオプションも行使されなければ自由な文書と認められるのですが、むしろGNU自由文書ライセンスを使ってて他の人を誤った方向へ導く危険を避けた方が良いということになります。

このライセンスはオープンコンテントライセンスと同じものではないことに注意してください。これら二つのライセンスは、オープンコンテントライセンスがしばしば“OPL”として言及されるためよく混同されます。両者の違いを明確にするため、どちらのライセンスに対しても“OPL”という略称を避けたほうが良いでしょう。あなたがどちらのライセンスに関して言及しているのか人々に確実に理解してもらうために、これらのライセンスの名称を省略せずに全部書くだけの価値はあります。


不自由な文書ライセンス (#NonFreeDocumentationLicenses)

以下に挙げるのは、自由な文書ライセンスとは認められないライセンスの一覧です。

オープンコンテントライセンス、バージョン1.0 (#OpenContentL)

このライセンスを自由とみなすことはできません。複写に対して課金することに制限があるからです。このライセンスは使わないことをお勧めします。

このライセンスはオープンパブリケーションライセンスと同じものではないことに注意してください。“Open Content License”を“OPL”と省略して表記しまう慣習が、これら二つの混同を引き起こしてしまいます。両者の違いを明確にするため、どちらのライセンスに対しても“OPL”という略語を避けたほうが良いでしょう。あなたがどちらのライセンスに関して言及しているのか人々に確実に理解してもらうために、これらのライセンスの名称を省略せずに全部書くだけの価値はあります。

ソフトウェアや文書以外の実用的な著作物向けライセンス (#OtherLicenses)

GNU 一般公衆ライセンス (#GPLOther)

GNU GPLをソフトウェアではない一般のデータに使うことは可能ですが、その場合適用する対象において「ソースコード」が何を指すのか定義する必要があります。また、DSL(下記参照)を使う場合でも、GPLとだいたい同じ定義を使って何が「ソースコード」なのかを自分で決める必要があります。

GNU自由文書ライセンス (#FDLOther)

GNU FDL はあらゆるトピックの教科書や教育用資料に推奨されています(「文書」は単にソフトウェアやその他の機材を使うための教科書やその他の教育用資料を意味します。) わたしたちは、GNU FDLを辞書や百科事典、そのほかの実用的な情報を提供する作品にも推奨しています。

Creative Commons Attribution 2.0 ライセンス (別名 CC BY) (#ccby)

これは、コピーレフトではない自由ライセンスで、芸術や娯楽作品、教育作品に良いでしょう。ソフトウェアや文書にこれを使わないでください。GNU GPLとGNU FDLとは両立しないからです。

(#which-cc)クリエイティブ・コモンズはとても違った多くのライセンスを発表しています。ですから、「クリエイティブ・コモンズのライセンスを使った」作品と言うことは、その作品のライセンシングに関する主要な質問に答えないままであることになります。ある作品でそのような主張を見つけたら、著者にどのクリエイティブ・コモンズのライセンスなのかはっきりと明らかに述べるように変更することをお願いしてください。そして、ある人が「クリエイティブ・コモンズのライセンスを使う」ことをある作品に提案する場合、物事を進める前に、「どのクリエイティブ・コモンズのライセンスか」を尋ねることが重要です。

Creative Commons Attribution-Sharealike 2.0ライセンス (別名 CC BY-SA) (#ccbysa)

これはコピーレフトの自由ライセンスで、芸術や娯楽作品、教育作品に良いでしょう。ソフトウェアや文書にこれを使わないでください。GNU GPLとGNU FDLとは両立しないからです。

どのクリエイティブ・コモンズのライセンスが使われるのか具体的にしてください。

デザイン・サイエンス・ライセンス (DSL) (#dsl)

これは自由かつコピーレフトのライセンスで、一般的なデータを想定しています。このライセンスはGNU GPLやGNU FDLと両立しないので、ソフトウェアや文書には使わないでください。しかし、その他の種類のデータに使うには結構です。

自由アートライセンス (#FreeArt)

これは自由かつコピーレフトのライセンスで、芸術作品を想定しています。いかなる自由ライセンスもそうでなければならないように、商業的な配布は許可しています。あなたが受け取った作品の一部を含む、より大きな作品は、全体として、同一のライセンスかもしくは、述べられている範疇にかなう同様のライセンスでリリースされなければならないので、コピーレフトのライセンスです。このライセンスはGNU GPLや GNU FDLと両立しないので、ソフトウェアや文書には使わないでください。

オープン・データベース・ライセンス (#ODbl)

これは自由かつコピーレフトのライセンスで、データを想定しています。GNU GPLと両立しません。GNU GPLやGNU FDLと両立しないので、ソフトウェアや文書にこれを使わないでください。これは、著作物として認められないデータにコピーレフトのような効果を作り出そうとする契約に署名するという不便な要求があります。ですから、わたしたちはこの使用を推奨しません。しかし、この方法でリリースされたデータの使用を避ける理由は何もありません。

フォントのライセンス (#Fonts)

以下のライセンスは、芸術のデザインではなく、コンピュータファイルでのデザインの具体化に適用されます。わたしたちの知る限り、デザインの実装では常に著作権が発生します。芸術デザインの法的な状況は複雑で管轄により変化します。

GNU一般公衆ライセンス (#GPLFonts)

GNU GPLをフォントに使うことは可能です。しかし、文書もGPLでライセンスされるのでない限り、フォントを文書に埋め込むことは許可しないことに注意ください。これを認めたい場合、フォント例外を使ってください。また、GPLフォント例外の説明記事もご覧ください。

Arphic パブリック・ライセンス (#Arphic)

これはコピーレフトの自由ソフトウェアライセンスで、GPLとは両立しません。このライセンスは通常フォントに適用されるので、そういった利用法においては、この非両立性は問題とはなりません。

SILオープン・フォント・ライセンス1.1 (#SILOFL)

オープン・フォント・ライセンスは(オリジナルのリリース、バージョン1.0も)、フォントのための自由なコピーレフトライセンスです。普通でない要求が一つだけあり、フォントは、単独ではなく、あるコンピュータプログラムと配布される必要があります。単純な Hello Worldプログラムでこの要求を満たすことができますから、これは無害です。わたしたちもSILもフォント以外のなにかにこのライセンスを使うことは推奨しません。

見解を示す作品のライセンス (例、意見や推薦文) (#OpinionLicenses)

誰かの意見を表明する作品(回顧録、論説、など)は、ソフトウェアや文書など実用の作品とは本質的に異なった目的に供します。このことから、わたしたちは受け取った人に異なった許可を与えることを期待します: 単にそのままの作品をコピーし配布することの許可です。リチャード・ストールマンのこれに関する議論はかれの講演によく出てきます。

この範疇にはたくさんのライセンスがありますから、そのすべてを挙げることはできません。しかしながら、あなた自身が使うものを探している場合、わたしたちが推奨するものは二つあります:

GNU そのままコピー(Verbatim Copying)ライセンス (#GNUVerbatim)

これは、GNUウェブサイトで何年もの間使われていたライセンスです。これはとても単純で書き物には特に適したものです。

Creative Commons Attribution-NoDerivs 3.0 ライセンス (別名 CC BY-ND) (#ccbynd)

これはFSFウェブサイトの至る所で使われているライセンスです。このライセンスはわたしたちのそのままコピーライセンスと同じ許可を与えますが、より詳細です。わたしたちは特に、意見の音声や映像の作品にこれを推奨します。どのクリエイティブ・コモンズのライセンスが使われるのか具体的にしてください。


ライセンスについてさらなる情報。

[FSF logo]“Our mission is to preserve, protect and promote the freedom to use, study, copy, modify, and redistribute computer software, and to defend the rights of Free Software users.”

The Free Software Foundation is the principal organizational sponsor of the GNU Operating System. Support GNU and the FSF by buying manuals and gear, joining the FSF as an associate member, or making a donation, either directly to the FSF or via Flattr.

先頭へ戻る