English [en]   Deutsch [de]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   русский [ru]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

プロプライエタリな監視

不自由な(プロプライエタリな)ソフトウェアは実に多くの場合マルウェアです(ユーザを虐待するように設計されます)。不自由なソフトウェアはその開発者によりコントロールされますが、これは開発者をユーザに対して力を有する地位に置くことになります。これは基本的な不正義です。開発者は、しばしばその力を行使し、サービスすべきユーザに対して損害を与えます。

この文書は、明確に確認されたプロプライエタリなソフトウェアがユーザをスパイしたり、追跡したりするケースを記録する試みです。

そのほかのプロプライエタリなマルウェアの例

はじめに

数十年にわたって、自由ソフトウェア運動は、プロプライエタリなソフトウェアの企業による乱用の監視機械を非難してきました。マイクロソフトAppleといった企業です。近年では、この人々を監視する傾向は産業に蔓延し、ソフトウェアのビジネスだけでなく、ハードウェアのビジネスにも広がって来ました。さらに、キーボードからドラマチックに広がって、モバイル・コンピューティングの産業、オフィス、家庭、交通システム、そして教室へと広がってきています。

最新の追加

最新の追加はそれぞれのカテゴリの上部にあります。

オペレーティング・システムにおけるスパイウェア

(#OSSpyware)

ウィンドウズのスパイウェア

(#SpywareInWindows)

マイクロソフトのユーザへの覗き見はウィンドウズ10で始まったわけではありません。もっとたくさんのマイクロソフトのマルウェアがあります。

MacOSのスパイウェア

(#SpywareInMacOS)

もっとたくさんのiThingのスパイウェアAppleのマルウェアがあります。

アンドロイドのスパイウェア

(#SpywareInAndroid)

モバイル機器のスパイウェア

(#SpywareOnMobiles)

iThingsのスパイウェア

(#SpywareIniThings)

電話のスパイウェア

(#SpywareInTelephones)

モバイル・アプリのスパイウェア

(#SpywareInMobileApps)

ゲームのスパイウェア

(#SpywareInGames)

おもちゃのスパイウェア

(#SpywareInToys)

下層レベルのスパイウェア

(#SpywareAtLowLevel)

BIOS内のスパイウェア

(#SpywareInBIOS)

仕事場でのスパイウェア

(#SpywareAtWork)

スカイプのスパイウェア

(#SpywareInSkype)

あちこちのスパイウェア

(#SpywareOnTheRoad)

カメラのスパイウェア

(#SpywareInCameras)

電子リーダのスパイウェア

(#SpywareInElectronicReaders)

乗り物のスパイウェア

(#SpywareInVehicles)

家庭のスパイウェア

(#SpywareAtHome)

テレビのスパイウェア

(#SpywareInTVSets)

エモ・フィリップスはジョークを作りました: ある日、女性が近づいてきて、「わたし、テレビであなたをみたかしら?」と聞くから僕は答えたよ、「わからないね。逆からはみれないから。」、と。明らかにこれはアマゾンの「スマート」TV以前の話です。

遊びでのスパイウェア

(#SpywareAtPlay)

ウェブのスパイウェア

(#SpywareOnTheWeb)

加えて、多くのウェブサイトは訪問者をスパイします。ウェブサイトはプログラムではありませんから、それを「自由」あるいは「プロプライエタリ」と呼ぶことには意味がありませんが、監視が乱用であると言うのはまったく同じです。

Chromeのスパイウェア

(#SpywareInChrome)

フラッシュのスパイウェア

(#SpywareInFlash)

Javascriptのコードはデバイスの「指紋」の別の方式です。

どこでもスパイウェア

(#SpywareEverywhere)

先頭へ戻る


[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。