English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   Nederlands [nl]   polski [pl]   русский [ru]   繁體中文 [zh-tw]  

Associate members power up the Free Software Foundation. Help smash our goal of 700 new members or donate by December 31st!

Join

$81,973
$450,000

この翻訳は、 2017-02-22 以降に行われた 英語のオリジナル版の変更を反映できていません。 確認するには、 こちらの変更をご覧ください。 わたしたちのウェブページの翻訳の保守の情報については、翻訳 READMEをご覧ください。

プロプライエタリなソフトウェアはしばしばマルウェアである

プロプライエタリなソフトウェア(不自由なソフトウェアとも呼ばれます)は、ユーザの自由とコミュニティを尊重しないソフトウェアを意味します。プロプライエタリなプログラムは、その開発者か所有者にユーザに対して力を有する特権を持たせます。この力はそれ自身、不公正です。

このページのポイントは、プロプライエタリなソフトウェアの第一の不公正が、さらなる不公正である悪意の機能につながるということです。

力は堕落します。プロプライエタリのプログラムの開発者は、プログラムがそのユーザを虐待するように設計しがちです。(ユーザを虐待するように機能するソフトウェアはマルウェアと呼ばれます。) もちろん、開発者は通常は悪意でそうするのではなく、むしろ、ユーザの支払いでより利益をあげるためにそうするのです。だからと言って、たちの悪さが減ったり、より道理にかなっているとなるわけではありません。

こういった誘惑を生むのは、とても多くなってきています。今日では、もう、標準の慣習です。モダンなプロプライエタリなソフトウェアは、典型的な搾取の方法です。

2017年1月時点で、ここには、約260の異なる悪意のある機能の実例が掲載されていますが、確実にわたしたちが知らない何千もの例があるでしょう。

プロプライエタリのソフトウェアのユーザは、こういった形態の虐待に対して無防備です。自由(自由を尊重する)ソフトウェアを主張することによって、これを避ける道が開けます。自由ソフトウェアは、そのユーザによってコントロールされますから、悪辣なソフトウェアの機能に対して実に良い防衛となります。

先頭へ戻る


[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

The Free Software Foundation is the principal organizational sponsor of the GNU Operating System. Support GNU and the FSF by buying manuals and gear, joining the FSF as an associate member, or making a donation, either directly to the FSF or via Flattr.