English [en]   čeština [cs]   Deutsch [de]   ελληνικά [el]   español [es]   français [fr]   hrvatski [hr]   italiano [it]   日本語 [ja]   lietuvių [lt]   Nederlands [nl]   português do Brasil [pt-br]   русский [ru]   українська [uk]  

Associate members power up the Free Software Foundation. Help smash our goal of 700 new members or donate by December 31st!

Join

$75,004
$450,000

教育詳細 → なぜ教育機関は自由ソフトウェアを使って教えるべきか

この翻訳は、 2017-07-20 以降に行われた 英語のオリジナル版の変更を反映できていません。 確認するには、 こちらの変更をご覧ください。 わたしたちのウェブページの翻訳の保守の情報については、翻訳 READMEをご覧ください。

なぜ教育機関は自由ソフトウエアを使って教えるべきか

"学校は、強く、有能で自立した自由な社会の一員となるよう、学生を教育すべきです。"

大学やすべての課程の学校で自由ソフトウェアだけを使うべき主な理由がいくつかあります。

共有

学校は例示によって共有の価値を教えるべきです。自由ソフトウェアは知識とツールの共有を許容することにより教育を支援します:

社会的責任

コンピューティングは日常生活に不可欠なものとなりました。ディジタル技術が急速に社会を転換するなかで、学校もまた社会の未来に対して影響を持っています。学校の責務は、自身の暮らしをコントロールする技能を学生に教えることによって、学生が自由なディジタル社会へ参加できるようにすることにあります。ソフトウェアは、ほかの誰もが改変してはならないと一方的に決めてしまうようないかなる開発者の力にも支配されるべきではありません。教育機関は、プロプライエタリなソフトウェア企業が社会やその未来に対して力を押し付けることを許してはならないのです。

自立

学校には、強さを教えること、また特定の製品や特定の強大な企業への依存を教えない、といった倫理的責任があります。さらに、自由ソフトウェアの使用を選択することで、学校自身もいかなる商売の利益からも独立し、ベンダーによるロックインを避けることができるのです。

学習

どこで学ぶかを決めるにあって、大学が自由ソフトウェアを使ってコンピュータ科学やソフトウェア開発を教えているかどうかを考慮する学生は増えてきています。自由なソフトウェアとは、プログラム動作の仕組みを学んだり必要に応じて修正の仕方を学んだりといったことを学生が自由に行えること、を意味します。自由ソフトウェアについて学ぶことはまたソフトウェア開発における倫理や実務を学習するのに役立ちます。

節約

この点は、即座に多くの学校担当者の興味をそそる明らかな利点ですが、それほど重要ではない利点です。重要な点は、プログラムのコピーを少額ないしは無償で配布することが認められれば、経済的問題に直面している家庭を学校が実際に支援することができる、ということです。これにより、学生に対して公正で平等な学習の機会を推進することになるのです。

品質

安定で安全で簡単にインストールできる自由ソフトウェア・ソリューションはすでに教育向けに利用可能です。どんな場合でも、パフォーマンスの優位は二次的なものです。究極の目標は、コンピュータのユーザの自由なのです。

先頭へ戻る


[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

The Free Software Foundation is the principal organizational sponsor of the GNU Operating System. Support GNU and the FSF by buying manuals and gear, joining the FSF as an associate member, or making a donation, either directly to the FSF or via Flattr.