English [en]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   hrvatski [hr]   italiano [it]   日本語 [ja]   українська [uk]  

ご協力に感謝します。2015年はFSF設立30周年です! 次の30年で、コンピュータユーザの権利を守るために、もっとたくさんのことをしたいと思います。この方向にさらに邁進するため、1月31日までに525,000ドルの資金調達をするという、これまで最高の目標を設定しました。もっと読む(英語)

$525K
30% (159K)
わたしも

教育 → 教育チーム

原文は英語で、これはその翻訳です。

教育チーム

教育チームは当初、とりわけ教育分野における自由ソフトウェア利用の重要性を呼びかけるための gnu.org ウェブサイト内セクションをもうけるためにつくられました。社会全体へ有益な影響を及ぼそうとするのであれば、教育におけるすべての分野へGNUプロジェクトの成果を生かすべきです。

チームは、教育機関で自由ソフトウェアを採用するための包括的アプローチへのニーズに応じることができます。適切で自由な教育向けのソフトウェアを技術サポートし利用可能にすることとおなじく、GNUの理念の基本を正しく理解することは、学校や大学が自由ソフトウェアの導入を検討する際の決断プロセスに時として非常に役立つものです。こうした理由から、自由ソフトウェアの倫理的原則の重要性を強くうったえます。なぜなら、この原則はすべての課程の教育機関における目的と合致するものだからです。このアプローチにより、やがて自由ソフトウェアへの移行をスムーズに成功させることができます。自由ソフトウェアの原則への関心を高めることが、われわれチームのおもな目標です。

政府や教育機関がプロプライエタリなソフトウェアや標準を授業で強制するような手法には抗議します。教師や生徒が授業に自由ソフトウェアを利用する権利を擁護します。

さらに、われわれの活動によって、自由ソフトウェアによってもたらされる自由が抽象的な理論の世界にあるのではなく、教育機関もふくめたすべてのユーザが現実に行使しうるものであることを示したいと考えています。大学や学校はそうした自由をよい方向へ実践できるでしょうし、またそうすべきです。そして、どのように実践するかを示すことが、われわれの目的なのです。

このような目的を念頭において、チームは以下のタスクを実践しようとしています。

わたしたちの活動に関心がありお手伝いいただける場合、ご質問やご提案がある場合、またGNUの理念にしたがって自由ソフトウェアをうまく実践できた教育機関の情報を知りたい場合には、<education@gnu.org>までご連絡ください。

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る