English [en]   العربية [ar]   català [ca]   Deutsch [de]   español [es]   français [fr]   italiano [it]   日本語 [ja]   Nederlands [nl]   polski [pl]   română [ro]   русский [ru]   Shqip [sq]   українська [uk]   繁體中文 [zh-tw]  

原文は英語で、これはその翻訳です。

www.gnu.orgサイトマップ

[top-level directories: accessibility award bulletins contact copyleft distros doc education encyclopedia events fun gnu graphics help licenses links manual music people philosophy prep press server software testimonials thankgnus usenet]

keepingup.html
GNUとFSFとの関係を続ける

accessibility
GNUアクセスビリティ・ステートメント

award
以前の年の自由ソフトウェア・アワード
award-1998.html
1998年自由ソフトウェア・アワード
award-1999.html
1999年自由ソフトウェア・アワード
award/1998
finalists.html
1998年自由ソフトウェア・アワードのファイナリスト
nominees.html
1998年自由ソフトウェア・アワードのノミネートされた人々
award/1999
1999年自由ソフトウェア・アワード
award/2000
2000年自由ソフトウェア・アワード
award/2001
2001年自由ソフトウェア・アワード
award/2002
2002年自由ソフトウェア・アワード
award/2003
2003年自由ソフトウェア・アワード
2003-call.html
2003年自由ソフトウェア・アワード

bulletins
GNU会報
bull10.html
GNU会報、第一巻 第10号、1991年1月
bull11.html
GNU会報、第一巻 第11号、1991年6月
bull12.html
GNU会報、第一巻 第12号、1992年1月
bull13.html
GNU会報、第一巻 第13号、1992年6月
bull14.html
GNU会報、第一巻 第14号、1993年1月
bull15.html
GNU会報、第一巻 第15号、1993年6月
bull16.html
GNU会報、第一巻 第16号、1994年1月
bull17.html
GNU会報、第一巻 第17号、1994年6月
bull18.html
GNU会報、第一巻 第18号、1995年1月
bull19.html
GNU会報、第一巻 第19号、1995年6月
bull20.html
GNU会報、第一巻 第20号、1996年1月
bull21.html
GNU会報、第一巻 第21号、1996年7月
bull22.html
GNU会報、第一巻 第22号、1997年1月
bull23.html
GNU会報、第一巻 第23号、1997年7月
bull24.html
GNU会報、第一巻 第24号、1998年3月
bull3.html
GNU会報、第一巻 第3号、1987年6月
bull4.html
GNU会報、第一巻 第4号、1988年2月
bull5.html
GNU会報、第一巻 第5号、1988年6月
bull6.html
GNU会報、第一巻 第6号、1989年1月
bull7.html
GNU会報、第一巻 第7号、1989年6月
bull8.html
GNU会報、第一巻 第8号、1990年1月
bull9.html
GNU会報、第一巻 第9号、1990年6月
bulletin-001.html
FSF会報- 第1号 - 2002年11月
bulletin-002.html
FSF会報- 第2号 - 2003年6月
gnustatus-2011-01.html
GNU ステイタス・レポート: 2011年1月
gnustatus-2011-10.html
GNU ステイタス・レポート: 2011年10月
thankgnus-index.html
GNU会報のThank GNUの一覧

contact
GNUプロジェクトへの連絡
gnu-advisory.html
GNU諮問委員会

copyleft
コピーレフトって何?

distros
GNU/Linux ディストロ
common-distros.html
他のシステムを推奨しない理由を説明する
free-distros.html
自由なGNU/Linuxディストリビューション
free-non-gnu-distros.html
自由なGNUでないディストリビューション
free-system-distribution-guidelines.html
自由なシステム・ディストリビューションのガイドライン
optionally-free-not-enough.html
オプションとして自由、は十分ではない
screenshot.html
自由なディストロのスクリーンショット

doc
GNUプロジェクトの文書
other-free-books.html
ほかの出版社の自由な書籍

education
自由ソフトウェアと教育
edu-cases-argentina-ecen.html
Escuela Cristiana Evangélica de Neuquén (ECEN)
edu-cases-argentina.html
アルゼンチンの事例
edu-cases-india-ambedkar.html
Ambedkar Community Computing Center (AC3)
edu-cases-india-irimpanam.html
Vocational Higher Secondary School Irimpanam
edu-cases-india.html
インドの事例
edu-cases.html
ケーススタディ
edu-contents.html
自由ソフトウェアと教育 - 目次
edu-faq.html
自由ソフトウェアと教育に関するよくある質問
edu-projects.html
他の教育グループとプロジェクト
edu-resources.html
自由な学習リソース
edu-schools.html
なぜ学校で自由ソフトウェアだけを使うべきか
edu-software-gcompris.html
GCompris
edu-software-gimp.html
GIMP
edu-software-tuxpaint.html
Tux Paint
edu-software.html
教育向け自由ソフトウェア
edu-system-india.html
インドの教育システム
edu-team.html
教育チーム
edu-why.html
なぜ教育機関は自由ソフトウエアを使って教えるべきか
education/misc
edu-misc.html
教育に関するそのほかの資料

encyclopedia
自由な百科事典プロジェクト
free-encyclopedia.html
自由で普遍的な百科事典と学習のリソース

events
過去のFSFとGNUのイベントの記録
dinner-20030807.html
FSF資金調達夕食会
first-assoc-members-meeting.html
最初のFSF賛助会員ミーティング
nyc-2004-01.html
2004年1月ニューヨークでのイベント
porto-tech-city-2001.html
ポルト、技術の街
rms-nyu-2001-transcript.html
自由ソフトウェア:自由と協力
sco_without_fear.html
恐れなきSCO
usenix-2001-lifetime-achievement.html
2001年Usenixの写真

fun
GNUと笑おう
fun/jokes
10-kinds-of-people.html
世界の10種類の人々
anagrams.html
アナグラム
any-key.html
any-keyはどこにある???
brainfuck.html
BrainFuck
bug.war.html
バグどもと戦争だ!
c+-.html
Cおおかれすくなかれ
clinton.tree.html
もしもクリントンが木だったら!
courtroom.quips.html
おかしな裁判所判決
deadbeef.html
デッド・ビーフ?
declarations.html
おかしなC/C++の宣言!
dna.html
Cのコードで表現する人間のDNA!
doctor.manifesto.html
Dr. EmacsとGNU宣言
echo-msg.html
GNU Echo?
ed-msg.html
Ed, man! !man ed
ed.html
edのソースコード(?)
errno.2.html
題名: errno(2)コード
error-haiku.html
エラーメッセージを俳句で?
eternal-flame.html
永遠なる炎 (歌のパロディ)
evilmalware.html
Charlie Harvey: GNU/Linuxのウィルスが非常にまれな理由
filks.html
民謡
foreign-signs.html
外国の掲示
freesoftware.html
自由ソフトウェア
fsf-in-german.html
FSFをドイツ語で
fundefinitions1.html
おもしろ定義1
fundefinitions2.html
おもしろ定義2
gcc.html
提案された将来のGCCのオプション
gcc_audio.html
蚊(Gnats)の大群
gingrinch.html
議会を盗んだギングリッチ氏
gnu-overflow.html
GNUオーバーフロー
gnu-song.html
GNUの歌
gnu.jive.html
GNU Jive
gnuemacs.acro.exp.html
Emacsアクロニムの展開
gnuemacs.html
GNU Emacsユーモア
gospel.html
預言者AntonyのゴスペルによるEMACS協会の「戒律、罪、美徳、神と」
gullibility.virus.html
オヒトヨシウイルス
hackersong.html
もしもビートルズがハッカーだったら…
hackforfreedom.html
自由へのハックの歌
hakawatha.html
HAKAWATHA
hap-bash.html
幸福はbashプロンプトにあり
happy-new-year.html
新年おめでとうを4つの言語で
hello_world_patent.html
YAASファウンデーション特許訴訟
helloworld.html
Hello World!
know.your.sysadmin.html
あなたのシステム管理者を知ろう
last.bug.html
最後のバグ
lawyers.html
弁護士
linus-islam.html
リーナス、イスラムに転向
long-options.html
長いオプション?
look-and-feel.html
ルックアンドフィール
luser-vs-rms.html
ルーザ対RMS
merry-xmas.html
メリー・クリスマスを4つの言語で
microsoft-church.html
マイクロソフトと教会
midnight.dreary.html
深夜の憂鬱
musical-pickup.html
音楽の言葉ピックアップ
networkologist.html
ネットワーク屋のクリスマス (v3.1)
nobody-owns.html
この歌は誰のものでもない
only-gnu.html
オンリーG.N.U. (そして G.N.U. だけ)
p5.delay.html
IntelのP5の発表が遅れた最大の理由10
paging.game.html
ページング・ゲーム
panama.html
パナマ
pasta.code.html
スパゲッティコード
phone.features.html
電話の諸機能
physics.html
物理学のお店
power.users.html
パワーユーザのガイド
purchase.agreement.html
免責事項!
quayle.html
ダン・クエール
quotations.html
引用
rectium.html
Rectium?
santa_comes_to_town.html
サンタが街にやってくる
science.facts.html
ある科学的事実
smileys.html
スマイリーマーク
software.terms.html
ソフトウェア用語
spilling-checker.html
漏洩チェッカー
top-10-election-2000-bumper-stickers.html
2000年大統領選バンパーステッカーベストテン
typoglycemia.html
低血糖誤字脱字
ubuntu.html
Ubuntuユーモア
unix-hoax.html
Unixはでっち上げ?
unix.errors.html
Unixのエラーメッセージ
unreliable.net.html
信頼できないネットワーク、ベストテン
users-lightbulb.html
電球を変えるのに何人のGNU/Linuxユーザが必要か?
vaxorcist.html
VAXソシスト
vi.song.html
viに夢中
vim-songs.html
VIMの歌 . . .
virus-warning.html
ウィルスの警告
welcome-to-gnu-emacs.html
GNU Emacsの歌
wolf-logo.html
狼のロゴ
wonderful-code.html
素晴らしきかな、コード
xmodmap.html
物理Xmodmapもしくはドボラック・タイプライタ・ハック
fun/spam
darkprofits.html
darkprofits.net
sheep.html
羊ふうせん
warpgenerator.html
次元ワープ発生装置求む

gnu
GNUオペレーティング・システム
about-gnu.html
GNUオペレーティング・システムについて
byte-interview.html
リチャード・ストールマン、BYTEインタビュー
gnu-history.html
GNU プロジェクトの概要
gnu-linux-faq.html
リチャード・ストールマンのGNU/Linux FAQ
gnu-users-never-heard-of-gnu.html
GNUについてまったく聞いたことのないGNUユーザ
initial-announcement.html
最初のアナウンス
linux-and-gnu.html
LinuxとGNUシステム
manifesto.html
GNU宣言
pronunciation.html
GNUの発音の仕方
rms-lisp.html
わたしのLispの経験とGNU Emacsの開発
thegnuproject.html
GNUプロジェクト
why-gnu-linux.html
名前が何であろうか?

graphics
GNUアート・ギャラリー
3dbabygnutux.html
Nicolas Rougierの3DのベイビーGNUとベイビーTuxとポスター
3dgnuhead.html
Dale Mellor の3DのGNUの頭
agnubody.html
GNU全身
agnuhead.html
GNUの頭
agnuheadterm.html
端末でGNUの頭
ahurdlogo.html
Hurdのロゴ
alternative-ascii.html
もうひとつのASCII Gnu
anfsflogo.html
FSFのロゴ
anlpflogo.html
LPFのロゴ
anothertypinggnu.html
もうひとつのタイプするGNUハッカー
atypinggnu.html
タイプしているGNUハッカー
avatars.html
GNUアバター
babygnu.html
ベイビーGNU
bokma-gnu.html
John BokmaのGNUロゴ
BVBN.html
Vladimir TsarkovのGNUアート
bwcartoon.html
Dynamic Duo: 空飛ぶGnuとペンギン
copyleft-sticker.html
“Copyleft (L)”ステッカー
digital-restrictions-management.html
GNU Art - デジタル制限管理
distros-dragora.html
Dragoraのロゴ
emacs-ref.html
GNU Emacs リファレンス・カード
freedom.html
自由の意味するところ
french-motto.html
フランス語の標語のバッジ
fromagnulinux.html
Denis TrimailleによるFromagnulinux
fsf-logo.html
フリーソフトウェアファウンデーションのロゴ
FSFS-logo.html
自由ソフトウェアと自由な社会のタイトル・ロゴ
gleesons.html
GleesonのGNUアート
gNewSense.html
gNewSense
gnu-alternative.html
別のGNU
gnu-ascii-liberty.html
GNUは自由だ
gnu-ascii.html
ASCII Gnu
gnu-ascii2.html
ASCII Gnuもうひとつ
gnu-head-luk.html
Luk's GNU head
gnu-head-shadow.html
影付きGNUの頭
gnu-inside.html
GNU Inside
gnu-jacket.html
ジャケットを着たGnu
gnu-slash-linux.html
Rui DamasのGNU/Linuxアート
gnubanner.html
GNUバナー
gnuhornedlogo.html
角のGNUロゴ
gnulove.html
GNU Love
gnuolantern.html
GNU・オ・ランタン
gnupascal.html
GNUとブレイズ・パスカル
gnupumpkin.html
GNUかぼちゃ
gnusvgart.html
SVGフォーマットのGNUアート
groff-head.html
印刷機とGNUの頭
heckert_gnu.html
強調された(ボールド)GNUの頭
historic-gnu-press.html
GNU出版の歴史的なもの
hitflip-gnu.html
GNUコインと群れ
httptunnel-logo.html
httptunnelのロゴ
hurd_mf.html
MetafontでのHurdのロゴ
jesus-cartoon.html
キリストのマンガ
kafa.html
抽象GNUアート
license-logos.html
GNUライセンス・ロゴ
listen.html
Nevrax Designチームの「聴くGnu」
lovchik-gnu.html
Lisa J. LovchikのGNUアート、色付きGNUの頭
meditate.html
Nevrax Designチームの「空中浮揚し、瞑想し、フルートを演奏するGnu」
nandakumar-gnu.html
NandakumarのGNUポスター
navaneeth-gnu.html
NavaneethのGNUポスター
package-logos.html
GNUパッケージのロゴ
philosophicalgnu.html
達観したGNU
philosoputer.html
Philosoputer
reiss-gnuhead.html
色のついたGnuの頭
runfreegnu.html
GNUバナー: run free run GNU
scowcroft.html
GNUキャラクタ
slickgnu.html
Brian Bushによる如才のないGNUロゴ
social.html
GNU social
spiritoffreedom.html
Denís Fernández Cabreraの自由の精神
stark-gnuherd.html
Jochen Stärk Herdのバナー
supergnu-ascii.html
ASCII Super Gnu
Trisquel.html
Trisquel
usegnu.html
Use 'GNU
wallpapers.html
壁紙
whatsgnu.html
What's GNU
winkler-gnu.html
Kyleによる別のGNUのロゴ
graphics/adrienne
Adrienne ThompsonのGNUアート
graphics/bahlon
Georg Bahlonの3D GNUの頭
graphics/behroze
Behroze NejaatiのGNUアート
graphics/fsfsociety
GNUパーティ
graphics/gnu-post
GNU Postの画像
graphics/umsa
“Núcleo GNU/Linux” by UMSA

help
GNUプロジェクトと自由ソフトウェア運動に協力する
evaluation.html
GNUソフトウェア評価
gethelp.html
GNUソフトウェアについて助けを得る
gnu-bucks-recipients.html
GNU Bucksを受け取った人
gnu-bucks.html
GNU Bucks
help-hardware.html
GNUプロジェクトを手伝う: ハードウェア
linking-gnu.html
GNUプロジェクトにリンクする

licenses
ライセンス
200104_seminar.html
FSFセミナー: GPLとLGPLの詳細の研究と分析
210104_seminar.html
FSFセミナー: 法的倫理のケーススタディ
agpl-3.0-standalone.html
GNUアフェロ・一般公衆ライセンス
agpl-3.0.html
GNUアフェロ・一般公衆ライセンス
autoconf-exception-3.0.html
Autoconf Configure Script の例外
dsl.html
Design Science License
ecos-license.html
eCosライセンスバージョン2.0
eiffel-forum-license-2.html
Eiffelフォーラム・ライセンス、バージョン2
exceptions.html
GNUライセンスに対する例外
fdl-1.3-faq.html
GFDL v1.3 FAQ (よくある質問とその答え)
fdl-1.3-standalone.html
GNU自由文書ライセンスv1.3
fdl-1.3.html
GNU自由文書ライセンス
fdl-howto-opt.html
GFDLのオプション機能の使い方
fdl-howto.html
GNU自由文書ライセンスを適用する上でのヒント
gcc-exception-3.0.html
GCCランタイム・ライブラリの例外 3.0
gcc-exception-3.1-faq.html
GCC 実行時ライブラリ例外の論拠とよくある質問とその答え(FAQ)
gcc-exception-3.1.html
GCCランタイム・ライブラリの例外
gpl-3.0-standalone.html
GNU一般公衆ライセンスv3.0
gpl-3.0.html
GNU一般公衆ライセンス
gpl-faq.html
GNUライセンスに関して良く聞かれる質問
gpl-howto.html
どのようにGNUライセンスをあなた自身のソフトウェアに用いるか
gpl-violation.html
GNUライセンスに対する違反
gplv3-the-program.html
GPLv3で"the Program"はなにを意味するか?
hessla.html
HESSLAライセンスの問題
javascript-labels-rationale.html
JavaScriptライセンスWebラベル: 背景と説明
javascript-labels.html
JavaScriptライセンスWebラベル
lgpl-3.0-standalone.html
GNU劣等一般公衆ライセンスv3.0
lgpl-3.0.html
GNU劣等一般公衆ライセンス
lgpl-java.html
LGPLとJava
license-list.html
いろいろなソフトウェアのライセンスとコメントの一覧
license-recommendations.html
どのようにあなた自身の作品のライセンスを選択するか
NYC_Seminars_Jan2004.html
2004のFSFセミナー
quick-guide-gplv3.html
A GPLv3クイック・ガイド
recommended-copylefts.html
推奨されるコピーレフトのライセンス
rms-why-gplv3.html
GPLv3にアップグレードする理由
translations.html
非公式な翻訳
why-affero-gpl.html
GNUアフェロGPLの理由
why-assign.html
なぜFSFは貢献者に著作権の移譲をお願いしているのか
why-gfdl.html
なぜ出版社はGNU FDLを使うべきなのか
why-not-lgpl.html
あなたの次のライブラリには劣等GPLを使うべきでない理由
licenses/old-licenses
古いライセンス
fdl-1.1-standalone.html
GNU自由文書ライセンスv1.1
fdl-1.1-translations.html
非公式GNU FDL v1.1の翻訳
fdl-1.1.html
GNU自由文書ライセンス, バージョン1.1
fdl-1.2-standalone.html
GNU自由文書ライセンスv1.2
fdl-1.2-translations.html
非公式GNU FDL v1.2の翻訳
fdl-1.2.html
GNU自由文書ライセンス 1.2
gcc-exception-translations.html
GCCランタイム・ライブラリの例外の非公式翻訳
gpl-1.0-standalone.html
GNU一般公衆ライセンス, バージョン1
gpl-1.0.html
GNU一般公衆ライセンス, バージョン1
gpl-2.0-faq.html
GNU GPLバージョン2に関して良く聞かれる質問
gpl-2.0-standalone.html
GNU一般公衆ライセンス v2.0
gpl-2.0-translations.html
非公式なGNU GPL v2.0の翻訳
gpl-2.0.html
GNU一般公衆ライセンス, バージョン2
lgpl-2.0-standalone.html
GNUライブラリ一般公衆ライセンスv2.0
lgpl-2.0.html
GNUライブラリ一般公衆ライセンス, バージョン2
lgpl-2.1-standalone.html
GNU劣等一般公衆ライセンスv2.1
lgpl-2.1-translations.html
非公式なLGPL v2.1の翻訳
lgpl-2.1.html
GNU劣等一般公衆ライセンス, バージョン2.1


manual
オンラインGNUマニュアル
blurbs.html
GNUパッケージの推薦広告

music
GNU音楽と歌
blues-song.html
プログラマのブルース
emacsvsvi.html
Emacs 対 VI
free-birthday-song.html
自由な誕生日の歌
free-software-song.html
自由ソフトウェアの歌
gdb-song.html
GDBの歌
till_there_was_gnu.html
GNUがあるようになるまで
writing-fs-song.html
自由ソフトウェアの歌を書く

people
GNUの人々(GNU's Who)
past-webmasters.html
GNUのウェブマスタ、過去と現在
rms.html
リチャード・ストールマンの個人のホームページ ...
speakers.html
GNUと自由ソフトウェアの演説家
webmeisters.html
わたしたちがGNUウェブマスタです!

philosophy
GNUプロジェクトの理念
15-years-of-free-software.html
自由ソフトウェアの15年
amazon-nat.html
Natからのアマゾンに関する手紙
amazon-rms-tim.html
RMSからTim O'Reillyへのアマゾンに関する手紙
amazon.html
(かつて) Amazonをボイコットしよう!
amazonpatent.html
合衆国特許: 5,960,411
android-and-users-freedom.html
アンドロイドと利用者の自由
anonymous-response.html
ワード添付への返信
apsl.html
Appleパブリック・ソース・ライセンス(ASPL) 2.0へのFSFの意見
assigning-copyright.html
会社があなたの著作権を求めるとき
basic-freedoms.html
インターネットにおける言論、報道、団結の自由
bdk.html
デニス・カルジャーラのバラード
boldrin-levine.html
Review: BoldrinとLevineの「知的財産反対論」
bsd.html
BSDライセンスの問題
bug-nobody-allowed-to-understand.html
理解することを誰にも許さないバグ
can-you-trust.html
あなたのコンピュータを信じられますか?
categories.html
自由および不自由のソフトウェアの分類
censoring-emacs.html
自分のソフトウェアを検閲する
compromise.html
破滅的な折衷案を避ける
computing-progress.html
コンピューティングの「進歩」: よくもわるくも
copyright-and-globalization.html
コンピュータネットワーク時代の著作権とグローバリゼーション
copyright-versus-community-2000.html
コンピュータネットワーク時代における著作権対コミュニティ (2000)
copyright-versus-community.html
コンピュータネットワーク時代における著作権対コミュニティ
correcting-france-mistake.html
フランスの法律についてのわたしの間違いを修正する
danger-of-software-patents.html
ソフトウェア特許の危険
dat.html
DATへの正しい課税のやり方
digital-inclusion-in-freedom.html
デジタル・インクルージョンは良いことか? どうやったら確かに良いこととできるか?
dmarti-patent.html
今、特許法改正だ! 2001年4月12日以前にUSPTOに郵送しよう!
drdobbs-letter.html
Dr. Dobb's Journalの編集者への手紙
ebooks-must-increase-freedom.html
E-books はわたしたちの自由を増やすべきであり、減じるべきではない
ebooks.html
Ebooks: 自由か著作権か
eldred-amicus.html
FSFのEldred対Ashcroft裁判における助言要約
enforcing-gpl.html
GNU GPLの権利行使
essays-and-articles.html
小論と論説
europes-unitary-patent.html
Europeの “unitary patent” は制限のないソフトウェア特許となりうるか
fighting-software-patents.html
ソフトウェア特許と闘う - 単独で、そしてみなで力を合わせて
fire.html
火にも著作権を!
floss-and-foss.html
FLOSSとFOSS
free-digital-society.html
自由なデジタル社会 - なにがデジタル・インクルージョンを良く/悪くするか?
free-doc.html
自由ソフトウェアが自由な文書を必要とする理由
free-open-overlap.html
自由ソフトウェアとオープンソースはプログラムのカテゴリとしてどう関係するか
free-software-even-more-important.html
自由ソフトウェアは、いまや、さらに重要です
free-software-for-freedom.html
「自由ソフトウェア」が「オープンソースソフトウェア」よりよい理由
free-software-intro.html
自由ソフトウェアと運動
free-sw.html
自由ソフトウェアとは?
free-world-notes.html
自由社会の追記
free-world.html
自由な世界のみがマイクロソフトに対抗できる
freedom-or-copyright-old.html
自由 — それとも著作権? (古いバージョン)
freedom-or-copyright.html
自由 — それとも著作権?
freedom-or-power.html
自由か権力か?
fs-motives.html
自由ソフトウェアを書く動機
fs-translations.html
“free software”という用語の各言語訳
funding-art-vs-funding-software.html
芸術に資金援助する vs ソフトウェアに資金援助する
gates.html
それは門(ゲイツ)ではなく侵入を防ぐ横木(バー)だ
gif.html
GNUのウェブページにGIFファイルが一つも無い理由
gnutella.html
Gnutella に関して
google-engineering-talk.html
GNU & フリーソフトウェアファウンデーション
グーグルでの技術講話
government-free-software.html
政府が自由ソフトウェアを奨励するために使える方策
gpl-american-dream.html
GNU GPLとアメリカンドリーム
gpl-american-way.html
GNU GPLとアメリカンウェイ
greve-clown.html
Georg C. F. Greveの講演、ドイツ Paderborn, CLOWN, 98年12月5日。
guardian-article.html
ヨーロッパソフトウェア特許指令に反対
hague.html
ハーグからの害悪
historical-apsl.html
Appleライセンス(APSL)の古い版の問題
ICT-for-prosperity.html
全世界的繁栄のための協同 ICT 開発およびイニシアチブの形成
imperfection-isnt-oppression.html
不完全は抑圧と同じではありません
ipjustice.html
IP執行法案却下
is-ever-good-use-nonfree-program.html
不自由なプログラムを使うのは良いことでしょうか?
java-trap.html
自由だが、がんじがらめ - Javaの罠
javascript-trap.html
Javascriptの罠
judge-internet-usage.html
賢明な利用者は一つ一つのインターネットの利用のシナリオを注意深く判断する
keep-control-of-your-computing.html
あなたのコンピューティングを制御せよ、それによって支配されないように!
kevin-cole-response.html
ワード添付への返信
kragen-software.html
人間、場所、物事、そして考え
latest-articles.html
GNUプロジェクトの理念 — 最新の論説
lessig-fsfs-intro.html
自由ソフトウェア、自由な社会: リチャード・M・ストールマンの論説選集のイントロダクション
lest-codeplex-perplex.html
CodePlexに困惑されることなく
limit-patent-effect.html
特許からソフトウェア分野を保護する
linux-gnu-freedom.html
Linux、GNU、および自由
luispo-rms-interview.html
インタビュー: リチャード・M・ストールマン
mcvoy.html
ありがとう、Larry McVoy
microsoft-antitrust.html
マイクロソフトの反トラスト裁判と自由ソフトウェア
microsoft-new-monopoly.html
monopoly.html マイクロソフトの新たな独占
microsoft-old.html
マイクロソフトは大魔王なのだろうか? (古いバージョン)
microsoft-verdict.html
マイクロソフト裁判の評決について
microsoft.html
マイクロソフトは大魔王なのだろうか?
misinterpreting-copyright.html
著作権の誤解 — 誤解の連鎖
moglen-harvard-speech-2004.html
エバン・モグレンの講演 ハーバード大学 法と技術
motif.html
新しいMotifライセンス
motivation.html
研究は報酬はしばしば動機とならないことを明らかにします
ms-doj-tunney.html
マイクロソフト対合衆国裁判において提示された改訂版確定判決に対するFSFの声明
my_doom.html
MyDoomとわたし
netscape-npl-old.html
Netscapeパブリック・ライセンスについて (オリジナル・バージョン)
netscape-npl.html
Netscapeパブリック・ライセンスについて
netscape.html
ネットスケープと自由ソフトウェア
network-services-arent-free-or-nonfree.html
ネットワーク・サービスは自由か不自由か; それらには別の課題がある
new-monopoly.html
合衆国議会は新しい種類の独占を設立しようと脅す
nit-india.html
2004年2月17日、インド、Trichy、国立工科大学でのストールマンの講演
no-ip-ethos.html
「知的財産」によって精神を混乱させられないように
no-word-attachments.html
ワード文書の添付を止めさせることは可能だ
nonfree-games.html
GNU/Linuxの不自由なDRM化されたゲーム: 良しや否や?
nonsoftware-copyleft.html
コピーレフトを非ソフトウェアな情報に適用する
not-ipr.html
「知的財産」ですって? それは魅惑的な蜃気楼です
open-source-misses-the-point.html
なぜ、オープンソースは自由ソフトウェアの的を外すのか
opposing-drm.html
デジタル制限管理に反対する
ough-interview.html
OUGH!のインタビュー
patent-practice-panel.html
特許の慣習における新たな進展: ポートフォリオ・ライセンシングと停滞のリスクとコストを評価する
patent-reform-is-not-enough.html
特許法改正は十分ではない
pirate-party.html
いかにスウェーデンのバイレーツ党の綱領は自由ソフトウェアに悪影響を及ぼすか
plan-nine.html
Plan 9ライセンスの問題
practical.html
自由ソフトウェアの優位性
pragmatic.html
コピーレフト: 実際的な理想主義
privacyaction.html
郵便のプライバシを守ろう
programs-must-not-limit-freedom-to-run.html
なぜプログラムはそれを実行する自由を制限してはならないのか
protecting.html
ソフトウェアを書く権利(自由/自由でないソフトウェア両方)を保護しよう
public-domain-manifesto.html
パブリック・ドメイン宣言に署名しない理由
push-copyright-aside.html
科学は「著作権を排除」すべきだ
reevaluating-copyright.html
著作権再考: みんなで声を上げよう
rieti.html
自由なソフトウェアの未来
right-to-read.html
読む権利
rms-aj.html
アレックス・ジョーンズ・ショーに出演したRMS
rms-comment-longs-article.html
Roderick Longの論説に対する批評
rms-hack.html
ハッカー・コミュニティと倫理: リチャード・M・ストールマンとのインタビュー、2002年
rms-interview-edinburgh.html
リチャード・ストールマンとのインタビュー、エディンバラ大学、2004年
rms-kol.html
リチャード・ストールマンのコルカタ(カルカッタ)での講演、2006年8月
rms-on-radio-nz.html
RMSラジオ・ニュージーランドに出演 - 2009年10月
rtlinux-patent.html
作品におけるGPL遵守版のRTLinuxオープン・パテント・ライセンス
savingeurope.html
ソフトウェア特許からヨーロッパを救おう
second-sight.html
自由ソフトウェアと(電子)政府
self-interest.html
私的財産
selling-exceptions.html
例外を販売する
selling.html
自由ソフトウェアの販売
shouldbefree.html
なぜソフトウェアは自由であるべきなのか
social-inertia.html
社会的慣性を克服する
software-libre-commercial-viability.html
ソフトウェアの自由と商業的可能性
software-literary-patents.html
ソフトウェア特許と文芸特許
software-patents.html
ソフトウェア特許 — ソフトウェア特許の障害
speeches-and-interview.html
講演とインタビュー(新しいもの順)
stallman-kth.html
スェーデンKTHでの講演, 1986年10月30日
stallman-mec-india.html
ソフトウェア特許の危険 (2001)
stallmans-law.html
ストールマンの法則
stophr3028.html
法案H.R. 3028を止めよう - ネットを守ろう - 商標の独占を止めよう
sun-in-night-time.html
興味深い事件、夜半の太陽(サン)
surveillance-vs-democracy.html
民主主義はどれくらい監視に耐え得るか?
the-danger-of-ebooks.html
電子書籍の危険
the-law-of-success-2.html
成功の法則2.0: リチャード・ストールマン、インタビュー
the-root-of-this-problem.html
開発者によるソフトウェアの支配が問題なのだ
third-party-ideas.html
第三者の考え
trivial-patent.html
とるにたらない特許の解剖
ubuntu-spyware.html
Ubuntu Spyware: どうすればよいか?
ucita.html
わたしたちがUCITAと闘わねばならない理由
udi.html
自由ソフトウェア運動とUDI
university.html
大学で働いている場合に、自由ソフトウェアを公開するには
uruguay.html
ウルグアイからの教訓
use-free-software.html
20年経って自由ソフトウェア・コミュニティは:
大成功だが完全ではない、今、どうする?
using-gfdl.html
GNU FDLを使う
vaccination.html
ウィルスのコードとワクチン
w3c-patent.html
W3コンソーシアム“Royalty-Free”特許ポリシーに対するFSFの立場
wassenaar.html
ワッセナー・アレンジメント
whats-wrong-with-youtube.html
YouTubeの何が悪いか
when_free_software_isnt_practically_better.html
自由ソフトウェアが(現実的に)良いものではない時
who-does-that-server-really-serve.html
そのサーバはいったい誰にサーブするのか?
why-audio-format-matters.html
オーディオ・フォーマットがなぜ問題か
why-call-it-the-swindle.html
それをインチキンドルと呼ぶ理由
why-copyleft.html
なぜコピーレフト?
why-free.html
ソフトウェアに所有者がいてはならない理由
wipo-PublicAwarenessOfCopyright-2002.html
著作権について一般公衆の知るところ、WIPO、2002年6月
words-to-avoid.html
避けるべき言葉 (あるいは注意深く使う)、含みがあるか紛らわしいので
wsis-2003.html
WSISでのストールマンの講演、2003年7月16日
wsis.html
情報社会に関する世界サミット
x.html
Xウィンドウ・システムの罠
your-freedom-needs-free-software.html
あなたの自由は自由ソフトウェアを必要とする
philosophy/economics_frank
frank.html
経済学を学ぶと協力しなくなる?
philosophy/proprietary
プロプライエタリなソフトウェアはしばしばマルウェアだ
malware-apple.html
アップルのオペレーティング・システムはマルウェアだ
malware-kindle-swindle.html
キンドル、インチキンドルのマルウェア
malware-microsoft.html
マイクロソフトのソフトウェアはマルウェアだ
malware-mobiles.html
モバイル・デバイスのマルウェア
proprietary-back-doors.html
プロプライエタリのバックドア
proprietary-drm.html
プロプライエタリのDRM
proprietary-insecurity.html
プロプライエタリの危険性
proprietary-jails.html
プロプライエタリの牢獄
proprietary-sabotage.html
プロプライエタリの妨害
proprietary-surveillance.html
プロプライエタリの監視
proprietary-tyrants.html
プロプライエタリの暴君
philosophy/sco
SCOの自由ソフトウェアに対する攻撃に関するFSFの立場
questioning-sco.html
SCOに問う: 不明瞭な要求を詳しく検討する
sco-gnu-linux.html
SCO, GNU とLinux
sco-preemption.html
SCO は正気を失ったか、GPLの無効性を要求
sco-v-ibm.html
FSFの声明、SCO対IBM
sco-without-fear.html
SCO: 怖れることなく、調査もせず
subpoena.html
SCOのFSF召喚状

prep
GNUプロジェクト情報
ftp.html
GNUミラーのリスト
prep/maintain
index.html
GNUソフトウェアのメンテナのための情報
maintain.html
GNUソフトウェアのメンテナのための情報
prep/standards
index.html
GNUコーディング規約
standards.html
GNUコーディング規約

press
FSF と GNU 報道関係情報
2001-05-04-GPL.html
GNU一般公衆ライセンスはソフトウェアの自由を守る
2001-05-25-NYU.html
リチャード・ストールマン、NYUで講演、Mundieの自由ソフトウェアへの攻撃に反論する
2001-06-18-GCC.html
GNUコンパイラコレクション3.0がリリース
2001-06-28-USENIX.html
GNU プロジェクトとKerberos開発者が名声高いUSENIX Achievement Awardsを受賞
2001-07-09-DotGNU-Mono.html
FSF、マイクロソフト.NETコンポーネントを代替する自由ソフトウェアプロジェクトを支持することを発表
2001-07-20-FSF-India.html
リチャード・ストールマン、フリーソフトウェアファウンデーション・インドを発足、アジアにおける 最初のフリーソフトウェアファウンデーションの関係団体
2001-09-18-RTLinux.html
FSFとFSMLabsはGPL遵守版のRTLinuxオープン・パテント・ライセンスの合意に至る
2001-09-24-CPI.html
リチャード・ストールマンとエバン・モグレン、GWUのサイバースペース・ポリシー・インスティテュートの自由ソフトウェアカンファレンスで講演
2001-10-12-bayonne.html
フリーソフトウェアファウンデーションGNU Bayonneの7回目のメジャーリリースを発表
2001-10-22-Emacs.html
FSF、GNU Emacs 編集環境のバージョン21を発表
2001-12-03-Takeda.html
リチャード・ストールマン、名声ある2001年武田賞を受賞
2002-01-29-MS-DOJ.html
FSF、Tunney法令におけるマイクロソフト判決について声明を提出
2002-02-16-FSF-Award.html
Guido van Rossum が自由ソフトウェアの進歩に関するフリーソフトウェアファウンデーション大賞を受賞
2002-02-26-MySQL.html
FSF弁護士と役員はGNU GPLに関する裁判に証人として出席
2002-03-01-pi-MySQL.html
Saris判事はMySQL対Progress Softwareの裁判においてGNU GPLの質問を延期
2002-03-05-DCL-GNUE.html
GNUエンタープライズとダブル・ショコ・ラテ・プロジェクト、自由ソフトウェアのエンタープライズアプリケーション提供をさらに加速させるために合併
2002-03-18-digitalspeech.html
Digital Speechプロジェクトにフリーソフトウェアファウンデーションがリソースを提供
2002-03-19-Affero.html
フリーソフトウェアファウンデーション、アフェロ一般公衆ライセンス、ウェブサービスのための最初のコピーレフト・ライセンスに対する支持を発表
2002-04-11-ms-patent.html
マイクロソフトは自由ソフトウェア開発者を新しいライセンスで攻撃する
2002-05-21-eldred-brief.html
フリーソフトウェアファウンデーション、Eldred対Aschroftの上級法廷裁判に法廷助言を提出
2002-08-01-sf-fundraiser.html
アフェロがホストした「ソフトウェアの自由に全速力で」、フリーソフトウェアファウンデーションのために、2002年8月14日(水)、サンフランシスコ
2002-08-26-freenode.html
GNU プロジェクトはFreenodeを公式IRCネットワークとして使います
2002-09-03-bayonne.html
GNU Bayonne 1.0リリース。GNU Telephony Serverはビジネス、大企業、商用電話キャリアにソフトウェアの自由を与える
2002-11-12-mysql.html
MySQL ABからの贈りものはフリーソフトウェアファウンデーションの一般公衆ライセンス・コンプライアンス・ラボを支持する
2003-02-08-award.html
ローレンス・レッシグ教授、2002年自由ソフトウェアの進歩に関するFSF大賞を受賞
2003-03-27-patron.html
FSF、企業による後援の仕組みを発表
2003-11-19-Microsoft-CA.html
FSFはカルフォルニア住民に、マイクロソフトのバウチャーでソフトウェアの自由を支持するよう奨励する
2004-01-02-nyc-seminars.html
FSF、自由ソフトウェア・ライセンシング・セミナーとSCO対IBMの議論をホストする、ニューヨーク
2004-01-14-record-straight.html
記録をまっすぐに: フリーソフトウェアファウンデーション、一般公衆ライセンス、そしてSCO対IBM
gnome-1.0.html
GNOME 1.0
mysql-affidavit.html
Eben Moglenの宣誓供述書: ソフトウェアの進歩対MySQL AB予備的差止め命令Hearing

server
GNUサーバーについて
fsf-html-style-sheet.html
GNU/FSFウェブサイトのガイドライン
irc-rules.html
公式GNUおよびFSFのIRCチャンネルのルールとガイドライン
mirror.html
ミラーサイトの利用と運営
takeaction.html
行動しよう
tasks.html
www.gnu.org のタスク
trans-map.html
翻訳のリスト
server/source
ウェブサーバのユーティリティのソース
server/standards
boilerplate.html
一般的なGNUページのテンプレート
README.editors.html
www.gnu.orgのウェブページを作成するガイドライン
README.translations.html
www.gnu.orgのウェブページを翻訳するガイド
README.webmastering.html
ウェブマスタリング・ガイドライン
webmaster-quiz.html
ボランティア・ウェブマスタのクイズ
server/standards/translations
interpreters-guide.html
翻訳者ガイド
po-how-to.html
POファイルを使って翻訳をする方法
priorities.html
ウェブ翻訳の優先順位

software
GNUをダウンロード
devel.html
GNU開発リソース
for-windows.html
Windowsのための自由ソフトウェア
README.accounts.html
GNUマシンのアカウント
recent-releases.html
最近のソフトウェアのリリース
reliability.html
自由ソフトウェアはより信頼できる!
year2000-list.html
GNUソフトウェアと2000年問題のリスト
year2000.html
GNUソフトウェアの2000年問題

testimonials
GNU推薦文
reliable.html
自由ソフトウェアはより信頼できる
supported.html
自由ソフトウェアはサポートされている
testimonial_cadcam.html
GNU推薦文—CAD/CAM開発
testimonial_HIRLAM.html
GNU推薦文—HIRLAMコンソーシアム
testimonial_media.html
GNU推薦文—Alexander Ewering
testimonial_mondrup.html
GNU Testimonials - Christian Mondrup
testimonial_research_ships.html
GNU推薦文—Robert E. A. Harvey
useful.html
自由ソフトウェアは役立ちます

thankgnus
GNUより感謝を込めて
1997supporters.html
Thank GNUs, 1997
1998supporters.html
Thank GNUs, 1998
1999.html
1999年FSF支持者
1999supporters.html
Thank GNUs, 1999
2000supporters.html
Thank GNUs, 2000
2001supporters.html
Thank GNUs, 2001
2002supporters.html
Thank GNUs, 2002
2003supporters.html
Thank GNUs, 2003
2004supporters.html
Thank GNUs, 2004
2005supporters.html
Thank GNUs, 2005
2006supporters.html
Thank GNUs, 2006
2007supporters.html
Thank GNUs, 2007
2008supporters.html
Thank GNUs, 2008
2009supporters.html
Thank GNUs, 2009
2010supporters.html
Thank GNUs, 2010
2011supporters.html
Thank GNUs, 2011
2012supporters.html
Thank GNUs, 2012
2013supporters.html
Thank GNUs, 2013
2014supporters.html
Thank GNUs, 2014
thankgnus.old.html
Old Thanks GNUs

usenet
gnUSENET の gnu.* 階層

[top-level directories: accessibility award bulletins contact copyleft distros doc education encyclopedia events fun gnu graphics help licenses links manual music people philosophy prep press server software testimonials thankgnus usenet]

[FSFロゴ]「わたしたちのミッションは、コンピュータ・ソフトウェアを利用、研究、コピー、改変、再配布する自由を維持、保護、促進し、自由ソフトウェアの利用者の権利を擁護することです。」

フリーソフトウェアファウンデーションはGNUオペレーティング・システムの主な組織的スポンサーです。GNUとFSFを支持しよう: マニュアル、関連グッズを買う賛助会員となってFSFに参加する、もしくは寄付をする(直接FSFへまたはFlattrで)。

先頭へ戻る